ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ワイルドトラックス(SFC)


◆1994年度作品 ◆発売元 任天堂
◆ハード スーパーファミコン ◆ジャンル レース

 スーファミ本体の画像処理能力をアップさせる秘密兵器?
「 スーパーFXチップ 」を搭載した3Dレースゲーム。

wildtrax01.gif

ヘッドライトが目玉になった可愛らしい車を運転するゲームです。
低年齢層のウケを狙ったのか・・・?
まぁ、そんなどうでもいいことは置いといて
大まかにゲーム内容を説明する事にしましょう。

 知らなきゃ損するボタン操作
A=ブレーキ&バック
B=アクセル
X=ジャンプ ジャンプして敵車の体当たりを避ける。
Y=ブースト 一時的にスピードアップ。(使用制限あり)
十字ボタン、左右=ハンドル(小)
L、R=ハンドル(大)十字ボタンの左右と組み合わせで大きくハンドルが切れる。
十字ボタン、上下=ジャンプ中の車を前後に傾ける。

ハンドル操作が2段になっているのが特徴です。
左右だけでは曲がりきらないコーナーでは
左コーナーならL、右コーナーならRも同時に押せば
車体の向きが大きく変わります。
同時に押し続けることでドリフト状態。(ドリフトと言うよりもパワースライド)
ここが本作ワイルドトラックスのクセ、ポイントの一つですね。

続きを読む




ワンダーボーイV モンスターワールドIII(MD)


◆1991年度作品 ◆発売元 セガ
◆ハード メガドライブ ◆ジャンル アクションロールプレイング

 勇者の子孫「 シオン 」が
モンスターワールドの平和を取り戻すため、冒険の旅に出るストーリーで
宿屋に泊まって体力回復!
モンスターを倒して得たお金で、武器や防具を買ってパワーアップ!!
ロールプレイングの要素を取り入れたアクションゲームの名作です。

 ワンダーボーイシリーズから派生した モンスターワールドシリーズ。
ワンダーボーイから5作目、モンスターワールドでは3作目という
なんだか よく分からない? どっちつかずのタイトルが??

元々 アーケード(ゲーセン)ゲームから始まったシリーズで
家庭用のメガドライブで、3作目(モンスターワールドで)です。
・・・と言うことなんですが?

考えれば考えるほど、混乱しそうなので、考えるの止めます。

 主人公のアクションですが
A 装備したアイテムや魔法を、方向ボタンで選んで使う
B 攻撃
C ジャンプ
うんうん、昔のゲームは 操作がシンプルでいいなぁ。

続きを読む




ワールドヒーローズ2(NG)


◆1993年度作品 ◆発売元 ADK
◆ハード ネオジオ ◆ROM容量 146メガ 
◆ジャンル 対戦格闘

 ある日、一人の科学者がタイムマシンを完成させた。
大の格闘好きの彼は、様々な時代から8人の英雄を集め
異種格闘技戦を開催したのであった。

格闘大会が好評だったので、調子こいた科学者は
さらに6人の英雄を集め、総勢14人からなる
第2回 格闘技戦を開催。
それが、本作 ワールドヒーローズ2であります。

とにもかくにも、多彩なキャラクターが魅力の
ネオジオ対戦格闘ゲームブーム時代のヒット作です。
キャラの動きは今一つ洗練されてない部分も
無きにしも非ずですが、グラフィックもキレイで ◎
管理人お気に入りの1本です。

続きを読む




ワルキューレの伝説(PCE)


1990年 発売 ナムコ

ファミコンで発売されていた、アクション・ロールプレイング
【ワルキューレの冒険】の続編。
アーケードで登場後、PCエンジンに移植された。
主人公「ワルキューレ」は女戦士で
剣と盾を装備し悪者どもを薙ぎ払う正義の味方である。
そして、この剣からは、何と! 弾が発射される。
この点を考えると、シューティング要素も入っていると言える。

可愛らしいキャラクターと、各ステージ間に挿入される
童話的な挿絵とストーリー、ほのぼのとした雰囲気の中ゲームは進んでいく。

続きを読む



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。