ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ナムコミュージアム アンコール(PS)


◆1997年度作品 ◆発売元 ナムコ
◆ハード プレイステーション ◆ジャンル アクションその他

 その昔、栄華を誇ったナムコのアーケードゲームを
プレイステーションで楽しんじゃおう〜ってな感じで
移植されたレトロゲームの詰め合わせシリーズも
いよいよ、今回で打ち止め。

ナムコミュージアムの最後を飾る
アンコールに収録されているのは
キング&バルーン、モトス、スカイキッド
ローリングサンダー、ワンダーモモ
ロンパーズ、ドラゴンセイバー
の計7作品。

有終の美を飾るバラエティに富んだラインナップではありませんか。

 ○ キング&バルーン 1980年

画面下を左右にウロチョロしている王様を
バルーンに捕まらないように守るのが目的のシューティングゲーム。
トリッキーな動きで急降下してくるバルーンを撃ち落すのですが
これがどうして、なかなか難しいです。

namco-museum-encore-01.gif

ギャラクシアンをベースにしているのが一目瞭然ですね。
自機は大砲を持った2人の人間の形をしており
弾も単発なのでよく狙って撃つ必要があります。
王様がバルーンに捕まった場合
画面上端に行く前に撃ち落せば取り返せますが
逃げられると1ミスになります。

namco-museum-encore-02.gif

左、捕まると「 HELP 」を連発する王様。
右、助けると「 THANK YOU 」と言って
   傘をさして降りてくる王様。
音声合成でしゃべるその声は、子供のように可愛らしい?!

自機はやられてもミスにはならずに
王様が全員(初期3人)連れ去られるとゲームオーバーになる
一風変わったシューティングゲームです。

 ○ モトス 1985年

自機で体当たりをして
敵をフィールドの外に突き落とすアクションゲーム。
体当たりをした反動で自機も跳ね返されるので
その分を計算に入れて行動しないと
自分が落ちてしまうので危険であります。

namco-museum-encore-03.gif

フィールド内に落ちているアイテムを取ると
次のステージ以降使用できます。

namco-museum-encore-04.gif

パワーアップさせたい項目を選べばOK。
パワーパーツで自機の重量をアップさせて体当たりの威力アップ。
ジャンプパーツでジャンプが可能です。

マジでシンプルなシステムのゲームで
まさにレトロな事この上ない作品。
これ以上、書く必要がないくらいです。

 ○ スカイキッド 1985年

 第1次世界大戦で活躍した複葉機が大空を舞う
横スクロールのシューティングゲーム。
スクロール方向が通常と逆になってるのがミソで
ファミコンでも発売されてました。
2人同時プレイも熱いですよ。

namco-museum-encore-05.gif

華麗な宙返りで敵の攻撃を回避しつつ
機関銃を撃ちまくって、空中の敵や地上の敵を撃破。

namco-museum-encore-06.gif

途中で爆弾を拾って爆撃目標に投下、破壊します。
また、敵に撃たれてキリモミしながら墜落しはじめても
ボタン連打で復活可能! 最後まで諦めるなかれ。
宙返りで隠れキャラを見つけるのも(一部で)流行ったんでしたっけ。
さぁ、あなたは幾つ発見できるかな?

 ○ ローリングサンダー 1986年

スパイ映画の雰囲気が漂うアクションシューティングゲーム。
世界征服を企む秘密組織の要塞を壊滅させるのだ。

デフォルメされていないちょっぴり大人の
7頭身キャラ、主人公アルバトロスを操作して
制限時間内にステージの最終地点に到達しよう。

namco-museum-encore-07.gif

ステージ途中の部屋に入り
弾薬の補給やマシンガンを入手しながら進みます。
ハイジャンプで上の階に移動も可能です。
弾切れになると連射できないので
闇雲に撃ちまくってはいけませんぞ。

キャラクターの動きもそこそこ滑らかなので
キャラのアクションも、チョコッとは楽しめそうです。

namco-museum-encore-09.gif

ジャンプしながら迫ってくる敵の戦闘員。
腕のポーズといい、上げた足の角度も絶妙です。
いったいどんな訓練を受けていたのでしょうか?

namco-museum-encore-08.gif

不敵な笑みを浮かべる敵の親玉。
どうしてもナメック星人に見えてしまうんですけど。
・・・・・それは置いといて
敵の出現位置や攻撃パターンを覚えてナンボのゲームですが
やりだすとけっこう止まらなくなりますよ〜。

 ○ ワンダーモモ 1987年

 舞台の上で演劇を演じているかのように
観客が見守る中、敵の怪人を倒していく
美少女が主人公のアクションゲーム。

namco-museum-encore-10.gif

移動に慣性が働いているので
操作に慣れるまではちょっと大変だけど
ギャルゲー、美少女、パンチラ等のキーワードに
思わずビビッと反応しちゃう人なら
1度はプレイしても損はない・・・はずです。

ザコを倒してワンダーメーターを溜め
つむじ風に入ってワンダーモモに変身しよう。
敵を倒すと時々出現するパワーアップアイテムも
ちゃんと取れるように気を配っておくべし。

namco-museum-encore-11.gif

必殺のワンダーリングが炸裂!!
ワンダーな舞台でワンダーな戦闘を見せつけられ
きっと観客も魅了されているに違いあるまい。
ただ、同じ観客でもカメラ小僧に写真を撮られると
一瞬 無防備になるため要注意です。

まぁ、とにかく美少女系アクションゲームの古参兵
ワンダーモモの実力やいかに?!

 ○ ロンパーズ 1989年

 ステージ内の鍵を全部取ればクリア!!
チョイと知的なアクションパズルゲーム。
さらわれたガールフレンドを助け出すんだ、行けチャップくん。

namco-museum-encore-15.gif

迷路状のステージ内を徘徊するモンスターは
石版を倒して押し潰すことでやっつけられます。
その隙に鍵を集めちゃいましょう。
ちなみに、モンスターも石版も一定時間で復活します。
アイテムが落ちていたら、もちろん拾って有効活用です。

namco-museum-encore-13.gif

知恵を絞ってモンスターの倒し方や鍵の取り方を工夫しよう。
程よく頭の体操にもなるんだけど
制限時間もあるから、チンタラとプレイしちゃいられない。
時間との勝負でもあります。

 ○ ドラゴンセイバー 1990年

 ドラゴンスピリットの続編で
2人同時プレイも可能となったシューティングゲーム。
対空用ファイアーと対地用ファイアーで敵を迎え撃て!!

namco-museum-encore-16.gif

ドラゴンの首は最大3本まで(ブルードラゴン時)
ファイアーは最高2段階までパワーアップできます。
また、対空ファイアーを撃たずに放っておくと強力な
エクスプロードショット(溜め撃ち)も撃てます。
前作と共通する部分もあるけど
やはり変更になった部分もあり評価の分かれるところかも。

namco-museum-encore-18.gif

続編ともなれば結局はドラゴンスピリットの2番煎じ。
新鮮さが薄れてしまうのは仕方ないのではないかな。
悪くはないんですよ〜、目新しさがないだけです。
でもシューティングゲーム好きだったら燃えるゲームでしょう。

 
 ナムコの名作アーケードゲームを当時の姿で再現した
プレステのナムコミュージアムシリーズもこれでおしまい。
全6枚のディスクとメモリーカードを収納できる
初回特典スペシャルBOX付きの限定版も発売され、これにて一段落。
(外側が紙製のBOXなので耐久性に不安が残りますが)

思えば、PCエンジンに移植されていたタイトルも多く
PS版と比べたりもしました。
移植度(完成度)ではPS版の勝ちは分かりきっていたけど
他の機種だって良く頑張って作られていたように思います。

最後にナムコミュージアムとは
ナムコの2Dゲーム黄金時代を代表するゲームの数々が
一堂に会したレトロゲームの定番と呼べる作品群でなのであります。



この記事へのコメント
しまった!
アンコールを忘れていた!!

それにしても、キング&バルーンとロンパーズは知りませんでした。
買ったら早速やってみたいですね。

次はコナミアンティークスですかね?
Posted by 二条ジョウ at 2008年06月09日 02:21
ローリングサンダーをまじめにプレイしていた昔が懐かしいです。

スカイキッドで墜落から立ち直ったは良いけど、ボタン連打で下向きに一回転して地面に直撃とかも(笑)

あの茶色い紙の箱は我が家にも当然のように鎮座していますよ。
Posted by そうてん at 2008年06月09日 10:42
二条ジョウさん
そうなんですよ、アンコールまであったのです。
ついでにアンティークスまで手を伸ばしてもよろしいのでは?
それにしても、コナミはレトロゲームのネタを豊富に持ってるな〜って感心します。

そうてんさん
ローリングサンダーみたいなゲームは好みのタイプですね。
それと連打は得意じゃないので低空で撃墜されないよう祈るばかりのスカイキッドでした。
当方の茶色い紙の箱は1度も使わないまま
押し入れの肥やしになってるんだけど・・・・・まぁ、いいか。


Posted by 管理人 at 2008年06月09日 23:05
いや〜ホントナムコって凄かったすね〜。
ローリングサンダーはファミコンのでもけっこうリアルでキモいと思ったもんですが、オリジナルはやっぱり数段キモいですね笑
オープニングで出る捕まってる女にドキドキしたもんですが笑
Posted by ふじおか at 2008年06月11日 21:02
数段キモいですか、これ(笑)
捕まってる仲間(女性)を助け出すってのもプレイ意欲を掻き立ててくれますよ〜。
こいつも含めて次から次へと傑作を出し続けたコナミの力量をうかがい知る事ができる気がします。
Posted by 管理人 at 2008年06月12日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。