ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ラスタンサーガII(PCE)


◆1990年度作品 ◆発売元 タイトー
◆ハード PCエンジン ◆ソフト HuCARD
◆ジャンル アクション

 魔族による地上支配を阻止しようと旅立つ者あり。
その名は「 ラスタン 」。
これは勇敢にも戦った一人の男の物語である。

アーケード版(ゲーセン)から移植作。
魔族の巣窟と化した神殿を舞台に
剣と盾を装備した筋肉ムキムキの若者ラスタンを操作して
敵を蹴散らす横スクロールアクションゲームです。

ゲームのタイトルに「 II 」とあるように
前作ラスタンサーガの続編的位置付けの作品と思われます。
II が出るって事は前作( I )が好評を博したゲームである証拠。
ゲーム好きなら泣けてきそうな美味しい話ではありませんか。
はてさて、ラスタンサーガIIの実力やいかに?!

 操作は2ボタンのみで、きわめて単純明快。
方向ボタンの組み合わせで
攻撃やジャンプが変化する平凡な仕様ですが
攻撃していない時は、盾でガード(敵の飛び道具のみ)可能です。
また、アイテムを取れば
武器の変更(3種類)や攻撃力アップ
ダメージの軽減、体力の回復などの効果を得られます。

なるほど、ガードしたりアイテムの助けを借りたりと
他社に負けないだけのゲームシステムを取り入れてるんですねぇ。
泣けてきそうな良い話ではありませんか。

 次はグラフィックを見てみましょう。

rastan-sagaII02.gif

彼こそが筋肉ムキムキの勇者ラスタン君です。
敵キャラのグラフィックも大きめで
当時としては、まぁまぁ良い出来栄えじゃないでしょうか。

ステージを見渡せばすぐに気がつくと思いますが
正方形のブロックが何の遠慮もなくと積み上げられております。
そうです、積み木です。

ちなみに積み木とは?
いろいろな形をした木片の玩具。
また、これを積んで家や動物などの形を作る遊び。
 ※ Yahoo!辞書より
想像力を育みながら自由な発想で遊べる
お子様用の玩具が積み木なのですが
ラスタンサーガII にも無造作に置かれています。

rastan-sagaII03.gif

ここも、やはり積み木の地形で
トラップも仕掛けられてます。

ブロック(積み木)といえば
スーパーマリオなどのファミコンゲームで
お馴染みの物ではありますが
まさか、PCエンジン(元のアーケード版も同様)でお目にかかろうとは
懐かしくて泣けてくる話ではありませんか。

 さて、お次は主人公のアクション(動作)について。
移動速度はゆっくりなので
場所によってはジャンプで移動させた方が速〜い。
せっかちなプレイヤー必修のテクニック?
本人の体重と比例してか、ことのほか重いようです。

今度は、前述の方向ボタンの組み合わせで可能なアクションを
おさらいの意味でどうぞ。

rastan-sagaII05.gif

それっ、上段ガード
   正面ガードだ(基本姿勢)
      立ち攻撃、えいっやぁ、突き〜っ
ジャンプからの下突き攻撃だ、どぉりゃ〜っ
   剣を突き上げる上段攻撃、フンガーーーーッ
      しゃがみ攻撃、ウホッ、ウホッ、ウッホッホ。

・・・・・・・人間 → 原始人 → 猿
だんだん人間をやめてる気がするラスタン君。
そうまでしないと魔族には太刀打ちできないのか〜!!

それはひとまず置いといて、これを 退化 と呼ぶことにします。

 そろそろ まとめデス。

少しもたついた動きで戦いに身を投じるラスタン君。
彼の操作性はお世辞にも良いとは言えないうえに
あまり耳に残らない控えめなBGMを聴いてると涙が出てきそう。
単調なゲーム展開で盛り上がらないんですよ〜。
いくら新品を大安売りで買ったとはいえ
泣けてくる話ではありませんか。

売った方の販売店も、きっと泣けてきたに違いありません。
みんなを泣かしてどうする? タイトーさん。

前作ラスタンサーガの勢いはどこにいった?
なぜ II は積み木になってしまったのか?
これではグラフィックが退化したも同然です。
いや、そもそも、なぜ 前作から移植しなかったのか?
普通 I から II と、順番に出すのがスジだと思うんですけどねぇ。
謎は尽きません。

進化とは逆に、退化の道をたどったラスタンサーガII。
爽快感に欠けるゲーム性で、開いた口がふさがらない状況下
最後までプレイせずに棄権した人も多かったのでは?
価格から判断して、だいたい予想通りの結末
大安売りの理由をしっかりと肌身で感じ取りましたぞ。

・・・という苦い経験を
「 涙 」と「 退化 」をキーワードに書いてみました。



この記事へのコメント
本当に泣けてくる話ではありませんか(笑
ファミコンでも頑張れば作れそうな感じ!?
Posted by ふじおか at 2008年05月13日 20:21
キャラを小さくすればノープロブレム。
ファミコンで発売していれば順当な評価を得られた可能性もあるのでは?!

Posted by 管理人 at 2008年05月14日 20:21
これが色々とうわさに聞くラスタン2ですかw
キャラでかいですね〜。
そういえば、PS2でも移植されたようですが、また泣かせた人を増やしたんでしょうかねw

Posted by 二条ジョウ at 2008年05月18日 01:43
PCEというハードはなぜだかよくわからないんですが、こんな感じの突発的異常事態が起きる率が高かったような気がします。
FCなら誰もが納得なんですが、
なぜかPCEなのでショックが大きかったのかもしれません。

一言で言うなら時代のあだ花?

Posted by そうてん at 2008年05月18日 17:53
二条ジョウさん
天下にその名を轟かせているラスタンIIがPS2にも移植されてますが
あちらはこれ以外のゲームもたくさん入っているから泣く人はそんなにいないと思いますよ。

そうてんさん
FCと共に同じ時代を生きたゲーム機だから、突発的に似たような事例が発生したのかな〜?
タイトーさん自身も泣きたくなったと推測される判断(企業戦略!?)ミスのような気がします。
Posted by 管理人 at 2008年05月18日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。