ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











MD版ムーンウォーカーのルーツを探る


 今回は「 MD版ムーンウォーカーのルーツを探る 」と題して
ボソボソと独り言を書いてみたいと思います。

ちなみに、ここで言う「 MD 」とは
セガの16ビットゲーム機「 メガドライブ 」を
ムーンウォーカー 」は
1990年に発売されたメガドラ用のゲームソフトを指します。

正確には、「 マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー 」と
ちょっと長ったらしいタイトルのアクションゲームです。
主人公は、もちろん
あのキレの良い華麗?なダンスパフォーマンスで一世を風靡!
世界的に有名な「 マイケル・ジャクソン 」その人であります。
人々を熱狂させ楽しませるスキルに長けた
まさしくエンターテイナーと呼ぶに相応しい彼が主演しているとは
なんと贅沢なゲームではありませんか。

 操作方法とか、大まかなゲーム内容は
以前の記事に書いているので割愛しますが
ただ一言、付け加えるなら
マイケル・ジャクソンの持つ特異性が

ポ〜ゥ と

michael jackson

銀河の果てまで突き抜けちゃってるところがミソ。
とにもかくにも、これでもかってくらい
マイケルのダンスを取り入れた
サイドビューのアクションゲームに仕上がっております。

 ムーンウォークもバッチリの参考資料



マイケル・ジャクソンのダンスなんか知らない
または、よく覚えてないって人は後学のために
You Tube でも ちょっくら覗いてみてはいかがですかな。

 ゲームの題材、元ネタは
マイケル自身はショートフィルムと呼んでいた映像作品です。
ビデオクリップ もしくは
プロモーションビデオと呼んだほうがしっくりくるかな。

その中でMD版ムーンウォーカーの舞台や演出に大きく関わっているのが
ヒット曲「 スムーズ・クリミナル 」が収められているショートフィルム。
メガドラの画像も織り交ぜつつ紹介します。





実は、↑ この映像部分は
ショートフィルム全体では中間に位置する場面で
前後にもたっぷりと映像があるんですよ。
トータルで40分以上あって、まさに短編映画。
ストーリーはMD版のゲームにもしっかり受け継がれてます。

 あらすじ と絡めて見るMD版との比較

ある日、マイケルは子供3人と犬1匹を連れ立ってボール遊びに興じていた。
ボールをくわえて遠くに走り出した犬を追って
森の奥に分け入ったマイケルと少女は
偶然にも怪しい入り口を発見する。
無謀にもズカズカと入り込んだ2人が見たものは?

なんと、そこは子供たちまで麻薬漬けにしようと企んでいる
悪の組織の秘密基地だったのである。

moonwalker02.jpg

↑ 不覚にもボスのチョンマゲ男に発見されたマイケルは
マシンガンで武装した集団に追いかけまわされ
街中を逃げ惑い ついに袋小路に追い詰められ絶体絶命のピンチ。

この時 天の助けか
流れ星が頭上に流れるやいなや、マイケルは車に変身!!
敵を振り切って逃走、難を逃れる。

 ※ この後、クラブ30 で
    スムーズ・クリミナルを熱唱するシーンが流れる。

moonwalker03.jpg

dance attack.gif

メガドラだって負けてないですぞ〜。
マイケルの必殺技、ダンスアタックを見よ。

 攫われた少女を助けるため敵地に乗り込むマイケルだったが
チョンマゲ男の蹴りを食らい、為す術もなくうずくまってしまう。
マシンガンに取り囲まれ もう逃げ場はない。
今度こそ助からねーぞ これは、思った次の瞬間

 ☆〜〜〜 流れ星がキラーン。

今度はロボットに大変身である。

moonwalker06.jpg

このロボットが つえ〜のなんのって
敵の軍団は、あっという間にボロボロ。

moonwalker10.gif

↑ メガドラのゲームではこんな感じ。

一気に形勢逆転、旗色の悪くなったチョンマゲ男は
巨大なビーム兵器で反撃を試みるが
飛行機形態に変形したマイケルにトドメの一撃を食らって昇天。
子供たちも大事に至らず めでたしめでたし。

ゲームの元ネタ(ルーツ)は、大体こんな感じになっております。

 笑劇 衝撃のショートフィルムの中で
キーワードは「 流れ星 」でしょうか。
ゲーム中でも特定の子供を最初に助けると流れ星が出現して
取れば一定時間ロボットに変身できる裏技がありました。

他にもジュークボックスにコインを投げ入れるシーンや
ステージ1のクラブ30も、ショートフィルムを基にしてるし
攻撃や仕草もマイケル・ジャクソン本人の動きを
そっくり真似て作られてるんですよねぇ。

それはそれで、凄い事ですよ。
だって、世界のスーパースターをゲームにしちゃったんですから。

 でも結局は、子供を助けるために神が遣わした愛の使者
マイケルの抱腹絶倒のアクションゲーム。
最初に書いたとおり、特異性がポ〜ゥと突き抜けた
ある意味、快作 なんだけど
メガドラを代表する
超絶ウルトラバカゲーの一つに数えられる一面もあるかと。

ここらへんは、各人の感受性の違いとか
マイケル・ジャクソンを知ってるか、知らないかの違いなど
いくつかの因子が複雑に絡み合って判断される事でしょう。

 どちらにしろ、口ではなんだかんだ言ってもバカゲーは大好き。
バカゲー大好き人間にはヨダレもののゲームに成り得る
潜在能力の高さは、この私が保証します。(笑)

例えばこんなのとか

moonwalker08.gif

ハイ、決めポーズ。

女性に超モテモテのマイケル。

moonwalker07.gif

俺は女には興味はないぜ・・・そうなの?

 ゲームってものは、楽しいのが一番だから
そのゲームの世界観とか、グラフィック(キャラの動きなど)も
楽しめるものは遠慮なく楽しんだ方が勝ち。
気負わずにそれくらいの心構えで臨めば
プレイヤーを楽しませてくれること請け合い。
反面、気が合わなければバカバカしくてやる気がなくなる。
それが、マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー・・・・・かな。

moonwalker11.gif

そして次のステージもダンシング。
踊り続けるマイケルなのでした。



この記事へのコメント
MDのバカゲーといえばコレですよね!
…といって賛同してくれる人はどのくらいいるんでしょうか(笑)
実はイトコが持ってて借りたんですが、そのばかばかしさ(ほめ言葉)は最高でしたね!
原作があると言うのは聞いたことがありましたがまさかロボットまで再現されているとはさすがセガ!…誰も止める人はいなかったんでしょうか(笑)
Posted by gunchang at 2008年05月05日 01:49
確かにバカゲーですねw
色んな意味で凄まじいです。
それにしても女性に超モテモテでもマイケルは子供を助けるのが第一とは、一見カッコいいのですが、今にして思えばこれって伏線だったのでしょうかw
Posted by 二条ジョウ at 2008年05月05日 04:41
gunchangさん
怪しいゲームに事欠かないメガドラのソフトラインナップでトップクラスの一品でしょう。
このノリについていければ、もう恐いものなし!!
当時絶大な人気を誇ったマイケルを止められる者などいるはずもなく暴れ放題です。

二条ジョウさん
凄まじいパワーを秘めたゲームだけど、パワーの使い方のポイントがずれてる気がします。
でも、そこがバカゲー好きには面白くてたまりません。
それと、子供第一なのはやっぱり伏線に思えてなりませんよ〜。
Posted by 管理人 at 2008年05月05日 20:28
やばいス(喜)
ネット上ではチラホラ見たことはあったんですが、MDだったんですか〜。。。
バーチャルコンソールで出ないかな〜(笑
Posted by ふじおか at 2008年05月06日 15:47
MDだったんですよ〜。
フフフ、ネットでも活躍しているMD版マイケルも良いけど、本物のMD版にはかなうまい。(笑)
それと、バーチャルコンソールでご所望のようですが
任○堂がコレにGOサインを出す勇気があるかな〜?!
Posted by 管理人 at 2008年05月06日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95550614
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。