ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ナムコミュージアム VOL.5(PS)


◆1997年度作品 ◆発売元 ナムコ
◆ハード プレイステーション ◆ジャンル アクションその他

 往年のナムコ製アーケードゲームから厳選された
レトロチックなゲームを楽しめるシリーズ第5弾。

VOL.5に収録された栄えあるゲームは
メトロクロス、バラデューク、ドラゴンスピリット
パックマニア、ワルキューレの伝説
の計5作品。

おぉ〜! 今回も大好きなゲームが入ってる入ってる。

 ○ メトロクロス 1985年

なぜ、その男は走り続けるのか?
缶蹴りしたりスケボーに乗ったりしながら
何者かに取り憑かれたかのように
様々なトラップ(障害物)を飛び越え
制限時間内にゴールまで走り抜ければOK! のアクションゲーム。

ファミコンでも発売されていたから
こちらで遊んだ記憶のある人もいらっしゃるでしょう。

namco-museum5-01.gif

画面は横スクロール。
緑色のタイルの上に乗るとスピードダウンなので
これを避けて進む必要があります。

ゲームの操作は、方向ボタンで画面奥、手前への移動と
主人公のスピードアップ、スピードダウン。
それと、ジャンプだけ。

簡単に言えば、缶やスケボーのアイテムの助けを借り
ひたすら走り続ける障害物競走のようなゲームですね。
いかに時間内に走りきれるか!?
コースを覚えるのが手っ取り早いかと思います。

namco-museum5-02.gif

巨大な缶に敷かれた走る男。
ありがちな演出だけど、それもまた良し。

 ○ バラデューク 1985年

撃って撃って撃ちまくるシューティングゲームのお仲間で
SFホラーをイメージして製作された異色作。

namco-museum5-03.gif

方向ボタンで上下左右へ移動です。
下方向に重力が働いているせいか
徐々に高度が下がっていくところがこのゲームの特徴(クセ)の一つ。
戦闘機などを使ったシューティングゲームの機体の動きと
一般的なアクションゲームのジャンプしてから落下する動きを
足して2で割ったような動きをする主人公です。

そのおかげでバラデュークのジャンルは
アクションの要素を含んだシューティングゲーム
つまり、アクションシューティングに分類しても良いかと思います。
(正直、そこらへんの判断は難しいですが)

 攻撃はショットのみで左右方向にしか撃てません。
また、撃つと反動で少し後方に下がります。
敵を倒して出現したカプセルの中には
パワーアップアイテムだけでなく
モンスター入っている時もあり、取るときは要注意であります。

namco-museum5-04.gif

シールドがある分だけ敵の攻撃に耐えられるけど
先述の勝手に落下していく主人公の動きのクセもあり
敵弾を回避するコントロールは難しめ。
↑の画像のように3方向弾なんぞ撃たれたらキビシイなぁ。

本当に個性的なゲームですよ、これは。

 ○ ドラゴンスピリット 1987年

自機がドラゴンの縦スクロールシューティングゲーム。
ファンタジックなゲームの世界観がマッチした作品です。

空中の敵には対空用ファイヤーを
地上の敵には対地用ファイヤーで、といった具合に撃ち分け
アイテムも豊富で遊び応えもあります。
首が1本から2本、2本から3本と増え
口から火を吐くドラゴンの姿が当時は新鮮に思えたものでした。

namco-museum5-05.gif

首3本にパワーアップすると
体が大きくなりすぎて当たり判定も大きくなり
敵弾に当たりやすいとか
攻撃力を最強にあげると攻撃の隙も大きくなるなど
強くするのも考えもの、ほどほどが一番プレイしやすいゲームでしたっけ。

以前発売されていたPCエンジン版の「 ドラゴンスピリット 」を
しこたまやり込んだ経験があったので
自信満々でPS版にチャレンジしたら
あっけなく返り討ちにされた苦い思い出のあるゲームでもあります。
う〜ん、PS版の方が難易度が高いようです。

namco-museum5-06.gif

PCエンジン版は、2人同時プレイが出来ないとか
水中ステージがカットされてるとか
画面の比率が横長であるとかの違いがありました。
が、さらにゲームスピード(敵の動き)が少し遅いみたいで
その結果、難易度が少し下がったってことでしょう。

とにかく、PS版の方が本家本元に限りなく近い訳なので
やっぱりこちらがオススメ、というかこちらでキマリですね。

 ○ パックマニア 1987年

 あの大ヒット作「 パックマン 」がリニューアル新装オープン。
モンスターを避けながら
ステージ内のドットを全て食べればクリアって所は今までと同じですが
斜め上からの見下ろし(クォータービュー視点)で
立体的になりグラフィックも一新されました。

namco-museum5-07.gif

ステージも広くなり上下左右にスクロールします。
また、新たにパックマンがジャンプできるようになりました。
新アクションを引っさげて再登場を果たしたパックマンの実力やいかに。

namco-museum5-08.gif

あまり広い範囲は見渡せないから
スクロールした直後にモンスターが出現(見えた)した時なんか
あわてて引き返す事もしばしばデス。

モンスターの追撃を振り切りパワーエサを食べて
一発逆転、反撃開始。
パックマンの面白さの一つはそれなんですねぇ。
システム的には大きな変化はないけど
昔を知ってる人なら、逆に安心してプレイできるかも。

 ○ ワルキューレの伝説 1989年

RPG風アクションゲームの決定版!!
世界を救うべく地上に降り立った愛と勇気の戦士
ワルキューレとサンドラの2人は
そこで出会った人たちの協力も得ながら旅を続ける。

と いうことで、2人同時プレイも可能です。

namco-museum5-09.gif

剣なのに飛び道具の武器(使用回数に制限あり)と
ゲーム中にゲットできる魔法(MPの分だけ使える)
を頼りにアクションステージに挑戦!!
ライフ制で、狭い足場からジャンプするのも日常茶飯事です。

敵を倒してゲットしたお金で武器などを買い物。
各地の人たちから、武器や魔法も調達でき
これらのアイテムを有効活用しながら
宿敵カムーズを倒すのが最終目標になります。

namco-museum5-10.gif

↑ お金(コイン)が出ると、攻撃そっちのけで取りに行く。
これこそが人間のサガというもの。

 1Pキャラのワルキューレは女性であり半ギャルゲー?
キャラクターは親しみやすく、難易度も手ごろ。
基本はアクションゲームだけど、攻撃手段はシューティング。
ロールプレイングの要素も入り、ちょびっとゴチャ混ぜな感じ。

でも、本当に遊びやすく、それでいて すごく楽しいゲーム。
それがワルキューレの伝説なんですねぇ。
文句なしの名作でござりまする。

 ナムコミュージアム VOL.5は
ワルキューレの伝説が収録されているだけでも買いの一品でしょうか。
それくらいお気に入りのゲームなんですが
他には、シューティング好きならドラゴンスピリットも良いです。
それ以外は、適度に好みに合わせてプレイすれば十分かな。



この記事へのコメント
このゲームはドラスピですね!僕はドラスピやりたさに買いました!

画面が小さかったので苦労しましたが、あの名曲の数々をバックにプレイできた時に「PS買ってよかった…」と思ったものです。多分、普通の人はこのゲームでそうは思わないかもしれませんが(笑)
Posted by gunchang at 2008年04月16日 11:07
私はワルキューレ目的で買いましたね〜。
PCE版もそこまで不満は無い出来でしたが、分身の術なんかの再現は出来ていなかったですし、完全移植に大喜びした記憶があります。
Posted by そうてん at 2008年04月16日 13:40
gunchangさん
確かに画面が小さく感じるけど元のアーケード版を忠実に再現した結果なので
止むを得ないと思いますよ。
実際にBGMのレベルも高く、実は氷河のステージの曲がお気に入りです。
普通の人でもゲームをやりこめば面白さが伝わる(分かる)んじゃないかな〜。

そうてんさん
VOL.5ではドラスピとワルキューレの2つが飛び抜けて面白くオススメですね。
PS版にはかなわないけど、PCE版も良く出来ていたと思います。
両方共遊ばせてもらいましたが、どっちも好きだったりして・・・
とにかく、時間があったらもう一度最後までプレイしてみたいです。

Posted by 管理人 at 2008年04月16日 20:32
ワルキューレ最高!

ファミコンのはキツイっス笑
Posted by ふじおか at 2008年04月18日 20:56
ナムコミュージアム再び買いました。
持っていた物も帯がなかったので全部買いなおすことになりましたが、比較的安価ですみました。
(帯がないと気になるタイプだったりしますw)
vol.5ではやっぱワルキューレが個人的に好きですですね!
Posted by 二条ジョウ at 2008年04月19日 02:27
ふじおかさん
ワルキューレは今でもごっつう良かゲームですたい・・・・・訛ってる。
そういえばファミコンのはやったことないんですよ、どんなゲームですか?

二条ジョウさん
安価ですんだとはいえ帯のために全部買いなおすとは恐れ入りました。
若気の至りで帯を捨てていた管理人は今頃になって後悔してます。
ということで、物は大切に。



Posted by 管理人 at 2008年04月19日 23:00
ファミコン版は極悪な難易度で有名です(笑
攻略本がないとほぼクリアが無理な部類に入りますし。
パッケージは凄くワルキューレなのに、中身が「わちゃ〜」って感じでですね(笑

それにしてワルキューレはいい!!
今回のsergeantさんに記事のおかげで、思わずwiiでPCE版を買ってしまいましたよ!!
操作性が良く、ストレスなく快適にガンガン進めていけますね、これ。まだ序盤ですが、最高です!!ありがとうございました。
m(__)m
Posted by ふじおか at 2008年04月20日 23:19
お礼を言われると恐縮してしまいます〜。
さて、中身が「わちゃ〜」なファミコン版の事は忘れて
Wii発PCE版を思いっきり楽しんでください。
ワルキューレの伝説は永遠に不滅です。
Posted by 管理人 at 2008年04月21日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。