ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











カダッシュ(PCE)


◆1991年度作品 ◆発売元 タイトー
◆ハード PCエンジン ◆ソフト HuCARD
◆ジャンル アクションロールプレイング

 悪魔バーログに捕らわれてしまったサラサ姫。
集いし4人の勇者たちが救出のため旅立つという
なんのヒネリもない使い古されたストーリーはご愛嬌か?

同名のアーケードゲームからPCエンジンへの移植作で
2人同時プレイもできるアクションRPG。
まずは、4人のキャラクターの中から一人選びます。

cadash01.gif

戦士、魔法使い、僧侶、忍者
4つの職業があり、武器や攻撃の操作、魔法の有無の違いがあります。

一般的なRPGらしく
経験値を溜めてレベルアップや
街での会話、宿屋に泊まったり、武器やアイテムなどの買い物に
ささやかながら謎解きも少々織り交ぜた
横スクロールアクションのロープレとしての体裁を保った1品です。

 ゲームがスタートするのはお城の中から。
使用上 一番無難と思われる「 僧侶 」を
プレイヤーキャラにチョイスしました。

横は言うに及ばず、真上、斜め上、真下、斜め下と
全方位に攻撃できるのは僧侶と忍者の2人であり
武器のリーチも忍者に次いで2番目に長く
さらに ヒール(回復魔法)、プロテクション(バリア)が使える
僧侶がダントツにオススメ。
しかも、女性キャラなのも男心をくすぐる要因ですな・・・。

cadash02.gif

思いっきり馴染み深く、見慣れた風景のシーン。
勇者たる者、王様のお願いを無下に断るわけにもいきますまい。
また、他にもゲームのヒントを語ってくれる住人もいることだし
せっかくなので、一応
その他の人たちにも話しかけてみるのもいいでしょう。

 そして洞窟に入ると戦闘開始。
モンスターがチョロチョロと現れては僧侶に向かってきます。

cadash03.gif

たとえ相手がモンスターとはいえ
神に仕える身でありながら情け容赦ないフレイルによる攻撃。
次々と息絶え、経験値とお金を与えてくれる敵キャラたちのため
神に祈りをささげている・・・・・かは定かではない。

ところで、PCエンジン版には制限時間もないので
きっちりとザコを相手に経験を積みレベルアップさせておけば
ボス戦でも楽ができるハズ。 (最高レベルは20)
画面をスクロールさせれば敵が復活するので
レベルアップも楽チンです。

アクションはそこそこの難易度で、オマケ程度の謎解き付き。
ロープレよりもアクションの比重が高い
タイトーのアクションロールプレイングゲーム「 カダッシュ 」。
今見ると若干、作りが中途半端な気がしないでもないんだけど
そこがレトロゲームらしさの一つの要因とも思えるような?
少し贔屓目で見て、佳作としておきます。

cadash07.gif

 ちなみに、コイツはステージ2のボス。
ある程度レベルを上げ、僧侶のプロテクションの魔法をかけていたら
サラッと倒しちゃいました。
で、記事用に画像をキャプチャしたのはここまで。
ここから先は自分の目で確かめてくださいませ。
・・・・・興味があればの話ですけどね。



この記事へのコメント
僧侶で女性、しかもフレイルで撲殺…この世界に神はいないんでしょうか?

しかも王様は「良くぞ来た、そうりょよ!」とか言ってるし。「そうりょ」って名前なんでしょうか(笑)
Posted by gunchang at 2008年03月12日 00:11
神のいないこの世界(ゲーム)では、スタート時に名前を4文字まで入力できるんですよ。
名前を考えるのが苦手なので「そうりょ」と入力しました・・・ズバリ! 手抜きです。
ちなみに、特定の名前を入力すると
最高レベルで先のステージからスタートできるウラ技もあります。
こちらもズバリ! ウラ技書くの忘れてました。
Posted by 管理人 at 2008年03月12日 20:41
なつかしいですね。
友達とよくやってました。
2人同時プレイと言うところがいいですよね。
大抵は僧侶を使ってたんですけど、やっぱ名前を決めるのに一番悩みました。
なにせ女性キャラですからw

Posted by 二条ジョウ at 2008年03月14日 01:20
RPGなどの名前入力では、よく自分の名を入れてましたが
女性キャラの場合は不自然になってしまうので頭を悩ませられることが多く
特にプレイ時間が短めのゲームでは、名前は適当に決めるのがほとんどでしたよ。
Posted by 管理人 at 2008年03月14日 20:21
パワーアップタイプのアクションゲーム大好きなワタクシとしては外せないゲームの一つです。
一人でも楽しいんですが、やはりふたりプレイが一番なんですよね。
そういえば、何気に音楽も軽快で雰囲気があった気がします。
このゲームが出た頃、ゲーセンでこういうスタイルのゲームが多くあったような気がしました。
Posted by そうてん at 2008年03月18日 17:33
そうですね、個人的にはアッサリ気味でチョッと物足りなげなゲームにも思えますが
実はこのタイプのゲームは大好きで、ついついハマるんですよ。
また、でしゃばりすぎず、ひっこみすぎず
適度に耳に残る音楽も心地よい感じでした。
Posted by 管理人 at 2008年03月18日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。