ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











魔境伝説(PCE)


◆1988年度作品 ◆発売元 ビクター音楽産業
◆ハード PCエンジン ◆ソフト HuCARD
◆ジャンル アクション

 ビクター音楽産業のPCエンジン参入第1弾。
主人公の「 ゴーガン 」が、聖なるトマホーク「 スティング 」を片手に
生贄として邪教徒に連れ去られた「 フレイア 」を助けるため
魔境に乗り込んで大暴れの横スクロールアクションゲーム

makyoudensetsu01.gif

手持ちの武器は 手斧(アックス)のみ。
必然的に これ1本で全ての敵に対応することになります。
アイテムには
パワーサプライ=手斧のパワーアップ
ウィング=攻撃のスピードアップ
ライフリカバー=ライフの回復量で3種類あり
クリスタル=得点アップ
1UP=プレーヤーのストックが一人増える
道中、これらのアイテムの発見に努めよう。

 アイテムの効能が分かったところで次は
プレイヤーキャラ、ゴーガンの操作について触れておきます。

I ボタンでジャンプ、II ボタンで斧を振り攻撃
レトロゲームらしく操作系はいたって単純明快。
ジャンプ中に方向ボタンの左右を押せば着地点を微調整できる
一般的なアクションゲームと同じスタイルです。

しかし、進行方向と逆向きにボタンを入力する場合は
かなり急角度で反転するのが「 魔境伝説 」の特徴であり
逆方向に行き過ぎて足場を踏み外し、オダブツになる事もしばしば。
この点は慣れの問題だから、あとはプレーヤーの努力次第でしょうか。

makyoudensetsu06.gif

こういった場所が辛いんですよ〜
敵がウザくてよく落とされます。

 もう一つ本作の特徴として
アイテムのパワーサプライを取って最大攻撃力を上げる事。
4段階までパワーアップ可能です。
(死ぬと1段階パワーダウン)
1回攻撃すると画面上部のパワーゲージが 0 になり
時間と共に少しずつ回復します。
もちろん、ゲージが右側に行けば行くほど攻撃力アップ。

早い話が溜め撃ちなんだけど、4段階の最強(画面右端)まで溜めると
それはもう、凄まじい破壊力があり
画面までフラッシュして威力を見せつけてくれます。
ボタン連打での微弱パワー攻撃とは雲泥の差があるんですよ。
当たれば気分爽快!「 ザマーミロ 」って感じです。

 でも、それはこちらの攻撃が命中すればの話。
空振りしたらパワーが回復するまでに時間がかかるので
外したが最後、場面によっては一気に状況が不利になる事も・・・。

魔境伝説では最初の一撃は、かなり重要であると言えますが
攻撃のタイミングを常に緊張感を持ってプレイするだけに留まらず
時には連打も必要なゲームにも仕上がってます。
絶妙と思える敵の配置で なかなか手強く
後半に行くほど難易度も跳ね上がり手こずらされまくり。

何しろ、ボスキャラだった奴が
次のステージではザコに格下げされて出て来るくらいですから。

makyoudensetsu05.gif

こちらの斧攻撃を、盾で防御する嫌なボスキャラ。
しかも挟み撃ちとは卑怯なり!!
もちろん、次のステージからザコ扱いで登場です。

 ゲームシステムはアクションゲームとしてスタンダードな作り。
王道と言えば王道なのですが、大きな特徴も少なく
パッと見ではインパクトに欠けてるんじゃないかな。

第一印象はイマイチかもしれないけど
グラフィックはキレイだし操作性やBGMも良好。
敵の出現位置を覚え、攻撃のタイミングを覚え
徹底してパターンを作っていく作業に終始していけば
先のステージに進めるタイプのゲーム性だけど
実際にプレイすると、スルメのように噛めば噛むほど味が出て
やり込みさえすれば、意外と面白いアクションゲーム。
それが 魔境伝説 なのであります。

 ☆ 裏技デス。

・コンティニューを増やす
ゲームオーバー画面になったら
I 、セレクトを押しながら方向ボタンの ← を連打する。
ゲームオーバー画面中に押した数だけ増えます。



この記事へのコメント
>>敵の出現位置を覚え、攻撃のタイミングを覚え
徹底してパターンを作っていく作業・・・

硬派です!!そして一番ハマルパターンです。

こういうゲームはホント恐い(笑
Posted by ふじおか at 2008年01月12日 00:04
たしかにこういうゲームはこわいw

今年もよろしくお願いしますね!
Posted by ファミスキ at 2008年01月12日 11:43
ふじおかさん
パターンを覚えさえすれば、ある程度は何とかなるはずだったのに・・・・・
パターン云々以前に、おっさんゲーマーには別の問題があったようです。
それでも、画像をキャプチャするのをうっかり忘れて遊んでしまいました。

ファミスキさん
いつまでも若いつもりで久しぶりにプレイしたらボロボロにされ
別な意味で怖いと思う今日この頃です。
動体視力が・・・反射神経が・・・記憶力が・・・
あ〜あぁ、歳は取りたくねぇ〜です。
Posted by 管理人 at 2008年01月12日 19:36
うっ!難しそう……。
でも最近妙に自分に鞭を打ちたくなってくるんですよね〜。
これは、やらなければw


Posted by 二条ジョウ at 2008年01月15日 02:23
実は結構好きなゲームです。
PCEってこういうゲームが割と数多く出ていましたが、コレはボリュームも程よくしばらく遊び続けていました。

やっぱり、今やったら
ボロボロにされるんですかね(笑)
Posted by そうてん at 2008年01月15日 11:11
二条ジョウさん
ヌルゲーじゃないから、自分に鞭打つのに適したゲームでしょう。
基本的に覚えゲーなので、しつこくプレイしていけば何とかなるかも?
是非トライしてくださいませ。

そうてんさん
あまり派手さは無いけど、よくまとまったゲームだったと思います。
それはそうと、裏技を書くの忘れてました。
ボロボロにされる快感が少しでも長続きするように
本文に追記しておきますので是非お役立てください。(笑)
Posted by 管理人 at 2008年01月15日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77865342
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。