ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ナムコミュージアム VOL.3(PS)


◆1996年度作品 ◆発売元 ナムコ
◆ハード プレイステーション ◆ジャンル アクションその他

 ナムコのレトロゲーム詰め合わせ第3弾。
その昔、アーケードゲームをプレイしていた人なら
1度は見たことのあるゲームも多いでしょう。

VOL.3に収録されているゲームは
ギャラクシアン、ミズ・パックマン、ディグダグ
ポールポジションII、フォゾン、ドルアーガの塔

なかなか有名どころを押さえたラインナップではありませんか。

 ○ ギャラクシアン 1979年

「 これを知らない人はモグリだよ 」ってくらい有名な
固定画面のシューティングゲーム。
大ヒット作スペースインベーダーの後継者の座を射止めた実力者です。

namco-museum3-02.gif

横一列に隊列を組んで左右に移動している敵から
1機、また1機と急降下して攻撃を仕掛けてきます。
滑らかに円を描くように横滑りする様は、意外と美しいかも。
なお、急降下中の敵を倒した方が得点が高いです。

自機は横移動のみで、単発のミサイルを発射。
1発撃つと、撃ったミサイルが画面から消えるまで次が撃てないので
敵の軌道から弾着地点を予測して撃つのが吉。
とにかくシンプルなゲーム性で知名度も高く名作です。

 ○ ミズ・パックマン 1981年

前年に登場したパックマンのマイナーチェンジ版。

namco-museum3-03.gif

パックマンに目とリボンを付けただけのキャラクターを操作して
画面内の全てのドットを食べる(通過)すれば1面クリア。
パワーエサを食べて追ってくる敵に反撃
フルーツで得点アップと これらの基本は今までと同じ。
ワープトンネルを1本追加して
迷路も若干の変更をされてはいますが新鮮さは全くなし。
「 だからどうした? 」的な印象は受けるけど
パックマン譲りの面白さはあります・・・というより大差なしです。

 ○ ディグダグ

掘って掘って掘り進む、元祖 穴掘りゲーム。
地中の敵にモリを撃ち込みパンクさせたり
敵の追跡を振り切り岩石落としで敵をプチッと潰します。

namco-museum3-05.gif

敵が膨らんでいる状態なら、すり抜けも可能。
岩を落とすタイミングなど戦略性のあるアクションが秀逸なゲームです。

ところで、アーケード版やファミコン版は固定画面ですが
プレイステーション版は上下に少しだけスクロールする点が違ってます。
オプションでスクロールオフにすれば止められるけど
ナゼこんな仕様になったのかなぁ?
テレビ画面を縦に使うか横に使うかの違いかな???

 ○ ポールポジションII 1983年

疑似3Dレースゲーム「 ポールポジション 」の続編。
新たに3つのコースが追加され全部で4種類に。

namco-museum3-06.gif

予選で上位通過者のみグランプリに出場できるところなど
前作と基本的な部分は同じ。
グランプリは4周でゴールで、1周ごとにタイムが延長されます。
タイムが 0 になる前に走破できるかな〜?

namco-museum3-07.gif

水溜りに乗り上げるとスピードダウン、気をつけよう。
なお、ポールポジションに限り「 ネジコン 」でのプレイがオススメ。
操作に慣れさえすればこっちの物です。
反対にプレステ付属の普通のコントローラーでは
かえって危険な運転になるでしょう。

 ○ フォゾン 1983年

「 ケミック 」と呼ばれる自機を動かして
画面中央の見本と同じ形になるように、「 モレック 」をつないでいくゲーム。

namco-museum3-08.gif

固定画面のゲームで、画面下に残りのモレックの数を表示。
決められた位置にモレックをつなげられなかった場合は
ボタンを押して分離させます。
敵であるボールの集合体「 アトミック 」にぶつかるとミス。
また、モレックを使い果たしたのに
規定の形にできなかった時もミスとなりやり直しです。

「 パワーモレック 」と合体した時だけ一定時間 攻撃可能だけど
基本的には敵にぶつからないように自機を動かすことが基本ですね。

namco-museum3-09.gif

敵が全方位に分散する攻撃を仕掛けてくる場合あり要注意。
それよりも、決められた形どおりにくっつけるのが、けっこう難しいなぁ。

 ○ ドルアーガの塔 1984年

ギルを操作して塔の最上階に捕らわれている
カイを助けるのが目的のファンタジックなゲーム。
迷路内で制限時間内に鍵を見つけ、扉に行けば その階はクリア。
ボタンを押し続けれいる間、剣を抜いてモンスターに攻撃。
また、盾を構えている方向からの呪文攻撃は防御可能。

namco-museum3-10.gif

敵には、スライム系、マジシャン系、ウィスプ系
ローパー系、ナイト系、ゴースト系、ドラゴン系がいて
当然、先に行けば行くほど敵がウザイです。
「 オマエら いい加減にしてくれ 」と思わず叫びたくなります。

が、しかし、そんなことよりも重要なのは アイテムです。
各フロアには宝箱が隠されていて
ある条件を満たすと出現するようになってます。

namco-museum3-11.gif

アイテムの中には、ゲームをクリアするのに必要な物もあるので
宝箱の出現条件を知り確実にゲットする事が
ドルアーガの塔 攻略の第1歩。
※ ナムコミュージアム VOL.3には、アイテムリストが付録に付いており
   アイテムの効果や出現条件が記載されてます。

とは言うものの、言うのは簡単、実行は難関。
かなりの根気も必要不可欠かと思います。
(途中で挫折した管理人談)

ここで、ドルアーガを全クリアした猛者の方に朗報!!
裏ドルアーガの塔へご招待いたします。

タイトル画面で、MUSEUM を選び
博物館の中で、L1、R1を押しながら
↑、→、↓、←、↑、→、↓、←、↑、→、↓、←、と押す。
画面左下に つるはし が表示されたらドルアーガの部屋へ行き
入り口から壁に突き当たるまで真っ直ぐ進み
画面右下のパックマンに ! が付いたところで ○ ボタンを押す。

これで恐怖?の裏面をプレイできますよ。
以上、プチ裏技コーナーでした。

 ナムコミュージアム VOL.3も
良く知られたレトロゲームが収録されていて
全体的には、まずまずの内容だったと思います。
自分の好きなゲームが1つでも入っていたら
とりあえず買いでしょうか?

これもコレクターの心理かもしれません。
歳を取った分だけ、ゲーマー < コレクター の比率が大きくなるのが
気がかりといえば気がかりです。



この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくです。

ドルアーガは画面構成ファミコンと違うんですね!!
BGMもオリジナルは良いんでしょうね〜。
Posted by ふじおか at 2008年01月03日 17:20
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

元が古いゲームですからねぇ。
プレステ版ドルアーガは、画面はともかくBGMは
そんなに良いとは思えませんでしたよ。
月並みってところでしょうか。
Posted by 管理人 at 2008年01月03日 20:37
ご無沙汰しております。ドルアーガの塔はゲーセンで良くやっていました。当時は50円ゲーセンが多かったのですがお年玉とかを利用して数万円というかなりの高額をつぎ込んだ記憶がありますwwドルアーガの塔は今年春、GONZOによりアニメ化されるらしいのでこちらも期待しています。
http://www.druaga-anime.com/
Posted by あさかながもり at 2008年01月08日 22:23
こちらこそご無沙汰しておりました。
ゲーセンで数万円つぎ込むとは恐れ入りました〜。
自分にゃ真似できない芸当であります。
それより、アニメのサイトを見た感じでは
ゲームから80年後のドルアーガも面白そうです。
Posted by 管理人 at 2008年01月09日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75552362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。