ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ダウ・ボーイ(FC)


◆1985年度作品 ◆発売元 ケムコ
◆ハード ファミコン ◆ジャンル アクション

 昔々、安売りしていたゲームを衝動買いしてしまったお話。

パッケージの絵を見て
もしかしたら「 戦場の狼 」みたいなゲームかも?
などと想像し、価格の安さからも後押しされて購入。
早々にファミコン本体にセットしてスイッチオン!!
そしたら・・・・・「 なんじゃこりゃぁ、こんなゲームだったのか 」と
驚き恐れおののいた横スクロールアクションゲーム。

ゲームモードは3つ。
通常モード?の GAME−A
画面右から次々とミサイルが飛んでくる GAME−B
I コンでダウボーイ、II コンでミサイルを誘導する
2人同時(対戦?)プレイの 2PLAY。

ゲームの流れは、ステージ1で以下のアイテムを集め
地雷、ダイナマイト、ヒューズ(導火線)、はしご、クリッパー(鋏み)
次のステージからは、取ったアイテムを使って突破していき
ラストの捕虜収容所で捕虜を救出するというもの。

dough_boy01.gif

ステージ1
敵の攻撃を回避しつつ反撃を試み
制限時間内にアイテムをかき集め
鍵を取って画面右端へ移動すればOK。
先のステージに備えてアイテムは、できるだけ取っておこう。

ステージ2では、河を渡ります。
ダイナマイトとヒューズを使って
灯台(灯台のつもりらしい)を爆破して倒して橋がわりに。

dough_boy02.gif

ヒューズ(導火線)が燃えながら短くなっていきダイナマイトに点火。
爆風に巻き込まれないように離れよう。
鍵を取って画面右端に行けばクリアです。

ステージ3は敵兵だけでなく戦車も出現。
有刺鉄線はクリッパーで切断するか、ダイナマイトを使えば通れます。
また、鍵がドラム缶の下に隠されているので
ダイナマイトで手当たり次第にドラム缶をフッ飛ばし探します。

dough_boy03.gif

戦車は進行方向に地雷を仕掛けて ドカン と破壊。
鍵さえ発見できれば、さっさと画面右へ逃げるように移動です。

ステージ4は、はしごを使って壁を乗り越えて進みます。
で、ステージ5の捕虜収容所をクリアすれば
2週目に突入できるらしいです。

 主人公 ダウ・ボーイの武器は、説明書によるとマシンガンとあります。
ヘボな弾を単発で撃っているのにマシンガンだと言い張ってますが
これもレトロゲームのお約束なのかな?
ちなみに体当たりでも敵兵を倒せたりします。

それはさておき
初めてプレイした時、あまりのグラフィックに思いっきり落胆。
踏めば爆発する地雷に、導火線を使うダイナマイト
有刺鉄線を切るなどのアクションは
芸が細かく微妙に戦略性があって良いと思うけど
ファミコンの表現力&ROM容量などの理由もあって
かなりショボイ物になっております。
さらに操作性も快適とは口が裂けても言えない作り。
管理人は4面までが限界、やる気が失せました。

ううっ (;へ:)・・・・・。
安かったので経済的ダメージが少なく、それが せめてもの救い。
今なら「 レトロゲームだから仕方がない 」で済みますので
どなたかプレイしてみませんか?
私が保証しますよ・・・・・って、何を?



この記事へのコメント
正月にゆっくりやってみます(笑
画面がすごくいい感じなんです、自分的に(笑
Posted by ふじおか at 2007年12月13日 19:47
個人的には好きでしたコレ。
おもしろい!と声高らかには言えませんが、結構色んな事ができたりして、一時期はずっとやっていましたw

ただしょぼさは否めませんねやはり。
Posted by 二条ジョウ at 2007年12月14日 01:22
ふじおかさん
ピンとくるものがありましたか?
是非やり込んでくださいませ。

二条ジョウさん
操作性に多少難があって画面もショボイけど、導火線を引くのは好きでした。
クセというか個性ありまくりのゲームですね。
Posted by 管理人 at 2007年12月14日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72331701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。