ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ゲーム機とテレビのステキな関係 其の弐


 今回は、ゲーム機をテレビにつなぐ
AVケーブルのプラグについてサラッと取り上げます。

テレビ側の接続端子(入力)にも様々な形があると同時に
ゲーム機側の接続端子(出力)も様々。
市販のAVケーブルが使えるゲーム機もありますが
各ゲーム機専用品しか使えないパターンが定着しているのが現状です。

テレビに付いている端子の中で一番画質の良いのに合わせて
AVケーブルを購入している人、あるいは
何気に本体付属のケーブルを使っている人、こちらも様々です。
それでは、順に見ていきたいと思います。

 ○ 市販のAVケーブルが使えるタイプ

初代PCエンジンCD-ROMシステム
PC−FX、初期型プレイステーションなどは
ゲーム機本体のAV出力端子はピンジャック(RCA端子)なので
一般に売られているピンプラグのAVケーブルも そのまま使えます。

plug01.jpg

↑ 写真は映像用のピンプラグ(安物)
こだわり のある人は
ケーブルが太くて短くて、端子が金メッキされているブツを
選んだりしているはずです・・・たぶん。

それと、もう一つスタンダードなプラグがこちら。

plug03.jpg

 S端子です。
プラグを差し込む時に、向きを正確に合わせないと差せない奴。
しかも、けっこう合わせにくいですよね?
小さなお子様には、ちょっと無理っぽい気がします。
でも、ピンプラグよりも画質が良いのでオススメ。
S端子も金メッキされたケーブルの方をゲットしておきたいものです。

次からは、映像と音声を一つの端子にまとめて送れる接続端子の登場です。
おかげさまで接続はワンタッチだから楽々。
外すのも、以下同文。

 ○ DIN

セガマークIII、メガドライブ、ネオジオ
PCエンジンDUO−R、PCエンジン コアグラなどに使われている
丸型の接続端子で、内部のピン数は機種により異なります。

plug02.jpg

↑ 写真は、セガマークIII、メガドライブ兼用のDINプラグ。
反対側はピンプラグで、モノラル音声、映像はコンポジット信号。

PCエンジンのケーブルは、ステレオ音声、映像はコンポジット信号。
けっこう多くの機種で採用されていたDINコネクタ。
これも向きを合わせないと差せないけど
S端子よりは差しやすい・・・大きいからかな?

 ○ ミニDIN

セガサターン、メガドライブ2、スーパー32Xに使われていた端子。
DINと同じく丸型ですが、直径が小さくなってます。
また、S端子も基本的にミニDINと同じ、というか親戚。

plug05.jpg

↑ 写真はセガサターン専用のAVケーブルの端子。
テレビに接続する側のプラグには
モノラルとステレオのピンプラグ(コンポジット)と、S端子があります。
写真下部分が平ら(直線)になっているせいか
接続の時にプラブの向きに迷うことは少ないです。

このへんから、各ゲーム機専用のAVケーブルが出始めました。
セガサターンも例外ではありません。
AVケーブルも自社製品を絶対に買わせようという
メーカー側の意図がミエミエ・・・と思えてなりません。

・・・・・商売人ですなぁ。

 ○ 任天堂ゲーム機用

スーパーファミコン、NINTENDO64
ゲームキューブなどで使われている任天堂マシン専用AVケーブルの
マルチアウト端子に差し込みます。

plug04.jpg

コンポジットの、モノラルAVケーブル、ステレオAVケーブルと
S端子ケーブルがあります。
番外編のRGBケーブルもあったんでしたっけ。
なお、機種により対応してないケーブルがあるので注意が必要です。

 もう一つ任天堂ゲーム機専用ケーブルには
映像専用の D端子、コンポーネントビデオケーブルがあり
ゲームキューブの デジタルAVアウト へ接続します。
音声は上記のAVケーブルを使わないと出力できないから
音声用と映像用、2本のケーブルをテレビに接続することになります。

なお、アナログAVアウトしかない
後期型のゲームキューブ(DOL−101)では使用不可。
コストダウンの標的にされて
デジタルAVアウトは消されてしまったようです。

 ○ ドリームキャスト用

ドリキャスのAVケーブルも完全無欠の専用品になっております。
ステレオのピンプラグ(コンポジット)と、S端子ケーブルの存在は確認済み。

plug06.jpg

当方ではS端子を標準装備として使ってます。
でも、どの機種でもコンポジットのAVケーブルよりも
S端子ケーブルの方が高いんですよ、価格が。
その分、ケーブルが太めですけどね。

 ○ プレイステーション用

プレイステーションは、途中から AVマルチアウト端子となり
ピンジャック(RCA端子)やS端子が排除されてしまいました。
また、PS ONE、プレステ2、プレステ3も同じ
AVマルチアウト端子なのでケーブルは兼用できます。

plug07.jpg

ステレオAVケーブル、S端子ケーブルは全て使用可能
D端子、コンポーネントは、PS2とPS3で使用可能です。

 ざっとですが
AVケーブルのプラグの形状を比べるため並べてみました。
当然のように管理人が所持していないゲーム機はスルーしてます。
それと、Wiiの写真撮りを すっかり忘れてました。
持っている人は見比べてみるのも一興かもしれません。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70956967
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。