ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ゲーム機とテレビのステキな関係 其の壱


 今回はゲーム機と切っても切れない関係にあるテレビの接続端子について
その変遷ぶりを振りかえってみたいと思います。

携帯ゲーム機のように本体に画面のない据え置き型のゲーム機には
テレビはなくてはならない必需品。
古くからテレビゲームと呼ばれていた、その物は
テレビとゲーム機をケーブルで接続して始めて機能する玩具です。
そしてケーブルをテレビに接続する端子や
映像を送る信号には何種類かあります。

それでは最初に、一番古い奴からいってみましょう。

 ○ RF端子(RF信号)
   ファミコン、白PCエンジン

地上波アナログ放送の電波を受信する、アンテナのケーブルを接続する入力端子。
昔のテレビは、VHF、UHFの端子がそれぞれ独立していて
しかもビス止め(ネジ)だったけど
VHFとUHFを混合して1本の同軸ケーブルで送るのが一般的になり
テレビ側には1つだけ、【 F型 】の接続端子が使われるようになりました。

tanshi03.jpg

F型端子にはネジ(雄ネジ)が切ってあります。
ちなみにF型プラグは、差し込むだけでOKのと
ネジ式(雌ネジ)の2タイプあり。

 初代ファミコンで遊んでいた世代の人ならご存知かと思いますが
このRF端子に 「 RFスイッチ 」を接続して
RFスイッチにアンテナのケーブルを接続。
ファミコンのAV出力(RF信号)にRFスイッチのケーブルを
ポチッと差せば接続終了。
テレビのチャンネルとゲーム機側のチャンネルスイッチを
VHFの 1か2、同じに合わせればゲームの画面が映ります。

いや〜懐かしい!!
しかし、映像と音声を1本のケーブルで送れるのは良いけど
画質音質共にイマイチなのがいただけません。
ところで、プレイステーションなどの新しいゲーム機でも
専用のRFコンバーター(メーカーにより呼び名は違う)を使えば
RF信号に変換してテレビのRF端子(アンテナ入力)に接続が可能ですよ〜。

 ○ RCA端子(コンポジット信号)
   上記以降の全てのゲーム機が対応。

別名【 ピンジャック 】とも呼ばれ、よほど骨董品的旧式機でない限り
ほぼ全てのテレビなどのAV機器に採用されている接続端子。
黄色が映像で、機器の音声がステレオなら
赤が右チャンネルの音声、白が左チャンネルの音声。
機器の音声がモノラルの場合は白。

tanshi01.jpg

 ここで疑問?、コンポジット信号とは?
テレビ映像の明るさを表す成分、輝度「 Y 」と、2つの色差「 Pb、Pr 」
これらの輝度信号、色信号を合成して同時に扱えるようにした映像信号。
つまり、1本の映像用ケーブルで3つの信号を一緒に送ってるんです。

相当数の人がゲーム機とテレビの接続に使用しているスタンダードな方法でしょう。
画質はRF信号よりも良好、されど上には上がいますぞ。

 ○ S端子 
   スーファミ以降のゲーム機が対応。

【 S端子 】とか【 S映像端子 】など、いくつかの呼び名があります。
S−VHSビデオ以降、DVDプレーヤーや
HDDレコーダーなどのAV機器で、幅広く使われている映像の入出力端子。
テレビ映像の明るさを表す成分、輝度「 Y 」と
2つの色差「 Pb、Pr 」を分けて(SはセパレートのS)いるので
コンポジット信号よりも、明るく鮮明な映像を映し出せます。

tanshi02.jpg

ゲーム機用のS端子ケーブルは
コンポジットのAVケーブルよりも割高だけど
両者の画質の差は誰でにでもハッキリと識別できます。
しかも、旧来のブラウン管テレビでも、その違いは歴然としてます。
価格差を差し引いても余りある高いコストパフォーマンスありです。

 ○ RGB21ピン端子
   スーファミ、セガサターン、ネオジオ、プレステなど

光の3原色 R(赤)、G(緑)、B(青)の、RGB出力が可能な接続端子。
さらに音声も同時に出力可能なので、別途 音声用のケーブルは不要のようです。
RGB21ピン端子付きのテレビは
そう多くはないので、とてもマニアックな端子といえるでしょう。
ゲーム機用のケーブルも価格がばかにならず、S端子の方がまだ良いかと思います。

 ○ RCA端子(コンポーネント信号)
   ゲームキューブ、プレステ2など

近年の高性能ゲーム機や高画質を売りにしたAV機器で
よく見られるようになった接続端子。
端子の形状は【 ピンジャック 】と同じですが
輝度「 Y 」と、2つの色差「 Pb 」、「 Pr 」 の3つの信号を
別々にしているから、画質の良さはピカイチ。
なお、3つの端子は、緑が「 Y 」(輝度)
青が「 B−Y 」(Pb)、赤が「 R−Y 」(Pr)です。
ただ、映像だけでも3本のケーブルが必要となり
配線はごちゃごちゃの様相を呈してしまいます。

 ○ D端子
   ゲームキューブ、プレステ2など

映像信号を3本のケーブルで伝送するコンポーネント信号を
1本で済ませてしまおうという日本独自規格の接続端子。
一本のケーブルで配線はスッキリ、スカスカです。

tanshi04.jpg

また、輝度「 Y 」と、2つの色差「 Pb 」、「 Pr 」 の3つの信号は
きちんと分けられているので、画質はコンポーネントと同等。
こちらも近年のテレビをはじめAV機器でよく見かけるタイプの端子ですね。
解像度の違いと描画の際の走査方式が
インターレースかプログレッシブかで
D1からD5までの規格があります。

 ○ HDMI
   プレステ3など

地上デジタル放送の開始で、瞬く間に勢力を拡大している
ハイビジョンの液晶テレビなどのデジタル家電製品軍団。。
これらの高画質テレビでも、まだ全てに装備されてはいない
完全デジタル方式の接続端子が【 HDMI 】
1本のケーブルで映像と音声を、劣化させずに伝送できる優れものだそうです。
だけど、このHDMI
オイラは聞いたことはあっても未だに見た事はないです。
そしてフルHDともなれば、ものすごく画質が良いんでしょうねぇ。

 これまでのテレビとゲーム機をつなぐ端子を
いくつか書き出してみました。
後年になればなるほど画質が向上するのは当然としても
これに付いて行くのは、ちょっとキツイものがあります。
なんといっても・・・・・金銭的に。



この記事へのコメント
ファミコン時代は、まず買ってきてテレビに接続するところから始まったんですよね。
今みたいにスグできるんじゃなくて、それこそ調節したりして。
こうしてみると時代によって改めて違うと言う事を実感してしまいます。

やっぱ、ファミコンのが一番記憶に残ってるな〜。
Posted by 二条ジョウ at 2007年12月03日 02:05
HDMIがつなげると、ビデオ用途での接続用のケーブルの本数が激減するのがありがたいです。

以前、RCA、D端子、S端子、FC、DC、PS2など、自由につなげるという商品を買った事があったんですが、(一本のケーブルの両端が4個ずつに分裂しているという凄い代物でした)
予想通り、画質がイマイチでした。
DCをD端子で綺麗に写す目的だったんですが、純正のS端子の方が明らかに綺麗で困った経験があります。

何れにせよアンテナ線の時代から考えればはるかに綺麗なんですけどね。
Posted by そうてん at 2007年12月03日 17:12
二条ジョウさん
接続に手間がかかった分、よけいに記憶に残るんですよね、ファミコンは。
画面斜めに縞模様が入る時があったりで、これも思い出の一つです。

そうてんさん
純正のS端子に負けるD端子ってあるんですね。
しかも予想通りとは・・・
もしかしたら?という期待を裏切られた感じでしょうか。
Posted by 管理人 at 2007年12月04日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70229400
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。