ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ヴォルフィード(PCE)


◆1989年度作品 ◆発売元 タイトー
◆ハード PCエンジン ◆ソフト HuCARD
◆ジャンル 陣取りアクション

 自機を操作してラインを引きながら移動して
画面を切り取っていく陣取りアクションパズルゲーム。
ザコやボスキャラが徘徊するフィールド(ゲーム画面)で
敵や敵の撃ってきた弾にあたらないように切り取っていきます。

IIボタンを押しながら移動させると緑色のラインの外へ出られ
自機から伸びるラインの色がオレンジ色に変わります。
再び緑色のラインに合流すれば、移動した分の(囲んだ)面積を切り取れます。

volfied03.gif

素早く囲んで少しずつ切り取っていきますが
この時オレンジ色のラインや自機が攻撃を受けたり
発生したスパークにぶつかるとミスとなり
全機失うとゲームオーバーというお決まりの結末を迎えます。

また、フィールド内に点在するアイテムを
ラインを引いて囲むとゲットできます。
アイテムは、レーザー、スピード、タイマー
ポイント、クラッシュ、1UP、スペシャルの7種類。
敵を攻撃できる武器やスピードアップ、得点アップなどがあります。
上手く隙をついて手に入れよう。

volfied01.gif

画像の上下に見える四角いのがアイテムで
切り取ったグレーの部分には、次のステージの背景が見えてます。

画面右に今までに切り取った面積が、%で表示されていて
最終的に全体の75%以上を囲んでしまえばクリア。
さらに多く切り取れば切り取るほど得点もアップします。

volfied02.gif

クリア時の画面で成績発表。

 クイックスの続編にあたり基本は同じゲーム。
敵の移動や攻撃のタイミングを見計らって
ラインを引いて囲んで切り取るんですけど
欲張ってラインを長く引くと、ご臨終になることが多かったなぁ。

そうこうしていると、ヴォルフィードの後に
脱衣要素を付加させたギャルズパニック(アーケード)なるゲームも登場。
メーカー側は、脱衣にすればインカムを稼げるだろうとの思惑ありき。
プレイヤー側は、男の煩悩(欲求)に応えてくれそうだとの思惑ありき。
双方の利害の一致を見た・・・・・ように思われます。
(心当たりのある人は、案外多いのではないでしょうか?)

最後に、脱衣は無くても、エロに頼らなくても
ヴォルフィードは面白いゲームであると付け加えておきます。

 ☆ 裏技コーナー

・ コンティニュー
 タイトル画面で、ランを押してデモが始まったら
 方向ボタンの ← を4回押す。
・ サウンドテスト
 タイトル画面で、セレクトと I を押しながら
 ←、→、↑、↑、→、→ の順に押す。
・ オプション
 タイトル画面で、セレクトと I を押しながら
 ←、←、↓、↓、→、→、↑、→ の順に押す。



この記事へのコメント
これこれコレですよ!
一番最初にやったヤツ!
PCエンジンだとやっぱ綺麗ですね〜。
例え脱衣がなくてもサイコーでした!
Posted by 二条ジョウ at 2007年11月29日 03:17
そうそう、一度プレイしたら最後、ハマるんですよ。
美麗な映像を多く使った今時のゲームにはない
レトロゲームならではの面白さが良いです。
Posted by 管理人 at 2007年11月29日 21:34
アーケードでハマッたので、PCE版は楽しみにしてしてたんですが「あれれ?何かが違う・・」PCE版は自機が引いた線にに敵が当たると、即ミスになるのですが、アーケード版にはタイムラグがあり、敵に当たった場所から、火花が線に沿って近づいててきて、それにあたったらミスとなります。時間的には一秒有るかな無いか位だと思うのですが、この間に線を引ききってしまうとミスにならないので緊張感があったんですが変更されて残念でした。後に発売されたMD版にはこのモードが収録されているので有難かったんですが、キャラのデザインが妙な感じなってしまいましたので、完全版を遊ぶには「 陣取り」まで待たなければなりませんでした。ちなみに↑にも書いてある「ギャルズパニック」ですが96年に「シルエット☆ストーリィズ」という名前でPSで出てます。実は最近までまったく知らず、偶然購入したんですが、当時はやっていたギャルゲー風になっており、本来ご褒美であるはずの、画像にうんざりしながらギャルズパニック(ヴォルフィード)を遊ぶという感じでした。
Posted by ぱーた at 2007年12月11日 00:13
ヴォルフィードに限った事ではないですけど家庭用は微妙に違いがあるんですね。
タイムラグがあったとは知りませんでした。
それと最近の話ですけど、サターン版ギャルズパニックを探してみたら
あるにはあったのですが、ちょっと高かったのでパスしました。
う〜ん、買ったほうが良かったかなぁ?、迷ってます。
Posted by 管理人 at 2007年12月11日 23:21
ギャルズパニックって脱がしてナンボだと思うんですがどうでしょう?別に大したご褒美でもないんですが燃えました。ちなみにWikiで調べたら「シルエット☆ストーリィズ」は「ギャルズパニックSS」とほぼ同内容みたいです。こちらは安いですよ。あと↑で「最近までまったく知らず、偶然購入」と書きましたが、実は「数年前にまったく知らず、偶然購入」で、忘れていて数日前に同じものをもう一本購入してしまいました((^_^;)。ゲームって返品できないですからね。どうしょう((ToT)/~~~
Posted by ぱーた at 2007年12月12日 00:35
あります、身に覚えがありありです。
安かったので何の気なしに買ったら、全く同じ物を持っていた事。
リサイクルに売ってもタダ同然か
買取しないかのどちらかなので自分も困ってます。
でもギャルズパニックはないので、今度他も探して見ます。
Posted by 管理人 at 2007年12月12日 21:59
>脱衣は無くても、エロに頼らなくても
>ヴォルフィードは面白いゲームである

クイックスファンは、SF的演出に頼らなくても、クイックスは面白いゲームであると主張するでしょうね。

ダンシングアイファンは、脱衣やエロが有っても、
ダンシングアイは3D化による新しい面白さのあるゲームであると主張するでしょうね。
Posted by 通りすがり at 2012年10月21日 15:39
エロは興味をそそられる一つの要素ではありますが、そんな物無くても面白い物は面白いですからね。
ゲームはゲーム性で勝負であります。
Posted by 管理人 at 2012年10月21日 19:51
SF的演出だろうと、エロティックな演出だろうと、相対的なものにすぎないと思います。ゲーム性に違いが出てくるのであれば話は別ですが。SF的演出なんてのも無くても面白いものは面白いと。クイックスシリーズにどのような演出を施したかの違いでしょう。
Posted by 通りすがり at 2012年10月21日 20:40
ゲーム性という、しっかりとした土台があって
その上に効果的な演出を乗っければ面白さもアップするでしょう。
どういった所に面白さを感じるか、価値観は人それぞれですけどね。
Posted by 管理人 at 2012年10月22日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69700312
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。