ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











メモリアルセレクション VOL.1(SS)


◆1997年度作品 ◆発売元 セガ 
◆ハード セガサターン ◆ジャンル アクションその他

 過去のセガ名作ゲームを
現行のゲーム機で復刻させているセガエイジスシリーズ。
セガサターンでも、アウトラン、スペースハリアーなどの
体感ゲームをはじめ、いくつか発売されてます。

memorial-selection1-01.gif

そこで今回は、さらに古いアーケードゲームが収録されている
メモリアルセレクション VOL.1を紹介します。
「 これこそレトロゲームですよ〜 」と
思わず納得してしまうようなものばかり。

ヘッドオン、ペンゴ、アップンダウン、フリッキーの4本です。

レトロなのは間違いないけど
ちょっとマイナーな気がします・・・・・まぁ、いいか。

 ○ ヘッドオン

1979年に登場したドットイートタイプのゲーム。
(このタイプのゲームでは、パックマンが有名)
ずいぶん昔にゲーセンで見た記憶があります。
確かにこんな感じのゲームでした。

memorial-selection1-03.gif

反時計回りに走行する白い車を操作して
画面上のドットを全て取る(上を通過)すれば1面クリア。
時計回りに赤い車が走っていて、こいつと衝突すると1ミス。
赤い敵車と正面衝突しないように車線変更して避けます。
また、自車のスピードは高速と低速の2段階あり
車を全部失うとゲームオーバーです。

memorial-selection1-04.gif

敵車がこちらの車線に、やって来る来る。
避けそこねれば、ドカンと大爆発。
なんともシンプルなゲームです。

 ○ ペンゴ

1982年に登場、これも見覚えだけはあります。
ペンギンのペンゴを上下左右に操作して
迷路のようなステージで追いかけてくる敵を
アイスブロックを押して敵(スノービー)を押しつぶす
パズル的要素のあるゲーム。
押された氷は画面端か他の氷にぶつかるまで滑っていきます。

memorial-selection1-05.gif

ダイヤモンドブロックを3つ1列に並べるとボーナス得点をゲット。
また、壁を揺らして敵を痺れさせれば体当たりで倒せます。
敵の位置を見ながらどのアイスブロックをぶつけるか
瞬間的な判断力も大切。

memorial-selection1-06.gif 失敗すると

敵に捕まってオダブツです。

 ○ アップンダウン

1984年のゲーム、全然知らなかったです。
敵車を避けつつ、チェックポイント(旗)を10本通過すればクリア。
コースが分岐しているから、方向ボタン左右で進行方向を選び
方向ボタン上下でスピードを上げたり下げたり、バック走行も可。
前進中のみジャンプで、隣のコースへ移動や
敵車を踏みつぶしたりできます。

memorial-selection1-08.gif

縦スクロールのレースゲーム風アクションゲームかな。
個性的というか、操作にもクセがあって
面白いような面白くないような? 微妙。

 ○ フリッキー

1984年に登場した、横スクロールアクションゲーム。
その昔、名前だけは聞いたことがあったくらいで
メモリアルセレクションで初プレイとなりました。

memorial-selection1-09.gif

フリッキーを操作して、ひよこのぴよぴよをドアまで連れ戻すゲーム。
もちろんお邪魔な敵(猫やトカゲ)にぶつからないように。
ぴよぴよをまとめて何羽 多く連れてこられたかで得点が違うので
集団でゾロゾロと連れ歩いちゃいましょう。
また、アイテムを取るとジャンプと同時に進行方向に投げて
敵をやっつけられます。

 VOL.1に収録されているのは、これだけ。
たった4本と言えなくもなく、ボリュームは不足気味です。
派手さも無いですが、レトロゲームとは大体このような物かと思います。
総プレイ時間が長くないため
ゲームの紹介だけで終わらせてもらいました。
悪しからずです。



この記事へのコメント
なるほど。
中身はこんな感じだったんですね〜。
当時買おうか買うまいかで、結局買わなかったので、今回中身がどう言った物かが分かってうれしいです。

フリッキーは、SG-1000でやっていましたが、サターンではこんなに綺麗になっていたのかと超びっくりしました!
Posted by 二条ジョウ at 2007年11月06日 22:09
まだ20世紀だった頃に中古で買って、しばらく遊んだ後そのまま放置。
ようやく日の目を見られた気がします。
SG−1000対応ソフトとサターンのグラフィックの差については
次回VOL.2でちょこっと触れる予定です。
Posted by 管理人 at 2007年11月06日 22:38
セガって歴史ありますな〜・・・。
ファミコンよりも前にこんな面白そうなゲームがあったなんて知らんかったです。
幼稚園ぐらい?のときに、なんか与作?が木を切るゲームをどっかの家でやった記憶がありますが(笑)あれもセガだったのかな〜・・・。
Posted by ふじおか at 2007年11月06日 22:55
与作が木を切るヘイヘイホーなゲームは
エポック社のカセットビジョンでしたよ。
ドットの粗〜いゲーム機で
百貨店のおもちゃ売り場にデモ用に置いてあるのを
見たような? 記憶だけはあります。
Posted by 管理人 at 2007年11月07日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64961668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。