ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド(DC)


◆2000年度作品 ◆発売元 セガ
◆ハード ドリームキャスト ◆ジャンル タイピング

 アーケード(ゲーセン)からドリームキャストへ移植
さらにPC(パソコン)でも大好評。
もう一つオマケにプレステ2でも発売された
爆笑! タッチタイピングゲームソフト。

 今度のゾンビは指で倒す!?

the-typing-of-the-dead.gif

元ネタは同じくセガのガンシューティングゲーム
「 ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド2 」で
ゲーム画面、ステージ構成は ほぼそのままに
銃をキーボードに持ち替えて迫り来るゾンビを倒すゲームです。

ローマ字入力と かな入力に対応し
ローマ字は、切り替えなしで既存の全ての入力方法が可能。
例えば
ち  = TI CHI 
ふ  = HU FU
しゃ = SYA SHA
どちらを入力してもOK、当時これはスゴイ事でした

ドリキャス版から続く家庭用「 ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド 」では
多彩なゲームモードが追加されており遊び応え十分。
特にPC版は何度となくバージョンアップが繰り返され
その度に追加された新モードは、タッチタイピングファンなら
きっと興味をそそられるに違いありません。

※ タッチタイピングとは、キーボードを見ずに
   指先の感覚だけでキー(文字)を入力すること。

PC版は体験版(1ステージのみ)を無料ダウンロードできます。
気になる人はこちら http://sega.jp/pc/tod2004/ から。
(体験版は旧バージョンもDLできます)

 では、これよりドリキャス版を紹介します。
本作のゲームモードには
・アーケード(ゲーセン)のまんま、アーケードモード。
・取ったアイテムをストックして自由に使えるなど
  ゲームシステムを一部変更した、オリジナルモード。
・初心者のための、チュートリアルモード。
・速度、正確さ、反射神経、特殊キー入力の4種類の課題をこなして
  タッチタイプを身につけるドリルモード。
・自由にボスを選んで対決できるボスモード。
実際にゲームをプレイできるモードには、これだけあります。
アーケードとオリジナルがゲームのメインですが
ミニゲーム風のドリルモードもなかなか面白いです。

the-typing-of-the-dead09.gif

アーケードモードのゲーム画面がこちら。
一度に数体のゾンビが現れるので、倒したい敵のワード(言葉)を入力。
ワードを全部入力し終われば倒せます。
また、一度入力を始めたけど、他のゾンビを先に倒したい場合は
Escキーを押せば入力をやり直せます。

また、民間人を助けられたか、あるいは死なせたかで
ステージが分岐したり、アイテムをもらったりできるから
同じステージでも何度もやりがいがあります。

the-typing-of-the-dead10.gif

ゾンビに追われている おねえちゃんを助けるんだ!!

そして、ステージのラストにはお約束のボスが待ち構えてます。
いずれ劣らぬ個性的なボスばかりで楽しませてくれますよ。
ステージ5までのボス画像はこちら

ザ・タイピング・オブ・ザ・デッドの面白さを
アップさせている要因に、元ネタとは違うユーモラスな小道具が
あちらこちらで使われていてパロディ精神に溢れていること。
それに加えて、入力するワード(言葉)のバカっぽさもあります。

流石、バカっぽいゲームを作らせたらトップクラスの実力を持つセガです。
それでは、順を追って見ていきましょう。

 小道具編

敵であるゾンビの武器は、元ネタの ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド2の場合
素手、ナイフ、斧、チェーンソーなどの凶器を使っています。

ところが本作では
上記の武器も登場しますが、それだけでは終わりません。

the-typing-of-the-dead08.gif

セガがやってくれましたぞ、エライ!!
左から ピコピコハンマー、マラカス、吸盤?(水洗トイレの掃除に使うアレ)
ペロペロキャンディー、しゃもじ。
家庭用品を凶器に使っているゾンビの群れ。
その他にも、ハリセンを使う奴もいたりして
思いっきりパロディしてます。

それと、もう一つ極めつけはコレ。

the-typing-of-the-dead06.gif

画像左は、3人のAMSエージェント。
キーボードと背中に背負った白い物体が見えます。
右の画像ではハッキリとドリームキャストを確認できます。
しかも、大きな乾電池付き。
ちなみに、プレステ2版で背負っているのは・・・言うまでもないですね。

 入力ワード編。

ワードには、単語もあれば短い文章になっているもあります。
その中で面白味のない普通のワードに混じって
ちょっと下品なのや思わずプッと吹き出しそうな面白いワードがてんこ盛り。

別館に画像をアップしてあります。
ご覧になりたい方はこちら

本館ではステージ4のボス戦で入力する長文のワードを書き出しました。
試しにウィンドウズ付属のワードパッドかメモ帳を開いて
文字を入力してはいかがでしょうか?

 台風接近の影響で
 海上は大時化となっているため
 付近を航行中の船舶は
 途方にくれております

 アキラにはクルマをもらったわ
 タカシはマンションだったっけ
 でもハナから相手にしてないの
 ところであなたは何をくれるの

 クマにばったり出会ったの
 ウインク、投げキス媚びまくり
 お尻クネクネ、セクシーダンス
 ちっとも効かない、メスなのかしら

こういった文章、けっこう好きです。

 最後にまとめ。

ギャグをタップリと盛り込み、おバカな雰囲気が漂う
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッドですが
なんと! タイピングソフトとしても一流。

今までにPCのタイピングソフトを何本も購入した中では
タッチタイピングの習得とゲーム性の両方を
高い次元で兼ね備えているんですよ。

・タイピングゲームはタッチタイピングの習得(練習)には不向き。
・タッチタイピング練習ソフトはゲーム性が低い。

このような傾向があったのですが
本作はゲームとしての面白さだけでなく
ドリルモードを併用すれば、タッチタイピングの練習にもなり一石二鳥。
紛うことなき名作です。
パソコンを使う(文字入力)機会の多い昨今
是非とも習得しておきたいスキルの一つではないでしょうか。

 追伸
近々PCで、ザ・タイピング・オブ・ザ・デッドII が発売されるようです。
楽しみがまた一つ増えました。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。