ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











超兄貴 究極・・・男の逆襲(SS)


◆1996年度作品 ◆発売元 日本コンピュータシステム
◆ハード セガサターン ◆ジャンル シューティング

 PCエンジンに初登場を果たした92年以降
幾つかのゲーム機にちょっかいを出してきた
メサイヤブランドの「 超兄貴シリーズ 」が
今回も例外なく セガサターンへ進出。
しかも、推奨年齢18歳以上のマイルドな年齢制限付き。

一時期、ゲームシステムやジャンルで迷走を続けていましたが
初心に帰ったのか? 初代 超兄貴をベースにした
横スクロールシューティングとして蘇ったのです。

ただ・・・・・実写画像をふんだんに使った
実写シューティングゲームになってしまいましたが。

cho-aniki01.gif

タイトル画面からも、実写独特の怪しいオーラを感じ取れます。

 初代PCエンジン版と同じく
敵を倒してプロテインを奪い取りパワーアップ!!!
必殺のメンズビームも健在です。
さらに、お得な2人同時プレイも追加されました。

アドンとサムソンをお供に連れた「 韋駄天 」と
天使を連れた「 弁天 」の2人のどちらかを選んだら
おもむろにプッシュ スタートボタン。
もちろん、彼らは全て、実写です。
敵キャラも実写を加工した物が多く登場し
実写シューティングの名に恥じない作り・・・かな???

はてさて、奇妙、奇天烈で超怪しい超兄貴の世界を
実写で表現する大胆不敵な仕掛けが、吉とでるか? 凶とでるか?

 ↓ボタン操作はこちら。

cho-aniki02.gif

で、ゲームの最終目的は「 究極無敵銀河最強男 」を倒す事。
それが、なんと、ゲーム開始からいきなり登場しプレイヤーが操作します。

cho-aniki04.gif

難易度が低く簡単すぎですが、急所にダメージを食らうと
即死する究極無敵銀河最強男。
何だか、ふざけているゲームです。 ┐( ̄ー ̄)┌
これは前座で、ステージ0と考えた方が良いのかな。

 さて、いよいよ本番のようです。
マイキャラに弁天をチョイスした本物のステージ1がこちら。

cho-aniki05.gif

何が本物なのか、よく分からんのですが
マッチョな敵キャラと、見目麗しい弁天様です。
そして画面中央に見える3個のアイテムは
本作では必須のプロテイン。

ザコを撃破しながら、どこから見ても怪しげな
グラフィックの中を突き進んでいくと
ラストにはお約束のボス・・・・・しかも、こんな奴が。 !Σ( ̄□ ̄;)

cho-aniki07.gif

しばらくすると下のほうから、にゅ〜〜〜っ と何かが伸びてきました。
ある意味スゴイ、しょっぱなから飛ばしすぎ。
「 こりゃぁ、年齢制限付けるよなぁ・・・ 」 メサイヤさん 納得です。

※ 画像の一部に大変見苦しい箇所がありましたことをお詫びいたします。
  m(;∇;)m


 さぁ、気を取り直して次のステージもご覧ください。

cho-aniki08.gif

ここからは韋駄天にバトンタッチして
どこかの競技場らしきステージ2と、海の中を進むステージ3。
相変わらずキレたデザインの敵がわんさかと湧いて出てきます。
でっかいのやら、ちっこいのやら
見ているだけなら飽きませんが、気分が悪くなりそうです。

もう一つ、ステージ4の砂浜で
韋駄天が必殺のメンズビームを発射したところです。

cho-aniki09.gif

ちなみに、アドンとサムソンの頭のてっぺんには
メンズビームの発射口があります。
中はどうなっているのやら?

  ( -_-)┌ 最後に 

画像だけでは分かりづらいかもしれませんが
このゲーム、かなりキテます、半端じゃないイカレ具合です。
気色悪さ無限大です。
開発側は ウケ狙いで作ったのでしょうが、狙いすぎて外してます。
プレイヤーからしてみれば引きます、ドン引きです。
音楽は超兄貴らしさがあって良いけど
シューティングゲームとしては平均以下じゃないでしょうか。

実写取り込みが売り?の
超兄貴 究極・・・男の逆襲は、結果 「 凶 」と出たようです。

cho-aniki10.gif

ダメか・・・実写はダメなのかーーーっ。



この記事へのコメント
参りましたm(__)m
Posted by ふじおか at 2007年09月05日 12:39
中古で安かったから、つい魔が差して買っちゃいました。
そのおかげで精神的に計り知れないダメージを受け
廃人同様に・・・ (o_ _)o こちらも参りました。
Posted by 管理人 at 2007年09月05日 21:07
アァア〜ニィキィイィィィ〜〜!!!

見たいな叫びが飛んできそうです。

PCE版と漫画版は楽しく取り扱いしていたんですが、これだけは私の中の
“ヤバイモン”
センサーが反応したため積極的に回避していました。

sergeantさんの勇気に乾杯です(笑)
Posted by そうてん at 2007年09月06日 13:07
そうてんさんは危機回避能力の高さで難を逃れたようですが
「わたしゃぁ、まともに食らってしもうたがなぁ」
実写は鬼門に思えてなりません。
それでも貴重な?コレクションの一つなのはコレクターの心理。
・・・・・捨てるのももったいないしなぁ。(笑)
Posted by 管理人 at 2007年09月06日 21:08
メサイヤここで何か動きあるみたいですよ!
http://pairon.jp/comike/
Posted by 蒼い子 at 2007年12月17日 19:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53953916
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。