ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











64の3Dスティックを分解、仕組みを知ろう


 人々から見向きもされなくなって久しい NINTENDO64。
PCエンジンやメガドライブと同じく、新しい物好きには鼻も引っ掛けてもらえない
立派な? レトロゲーム機の仲間です。

そんな64で注目されたコントローラーの機能は
3Dスティックでしょう。
スティクを倒した角度に応じて値が変化する「 アナログ 」方式。
※ 「 3D 」と書いて、「 サンディー 」と読む。

そこで・・・・・中はどうなってるの。
3Dスティックの仕組みが知りたい欲求に駆られて分解してみました。

64 pad00.jpg

今回の対象物はこちら。
絶大な人気を誇ったピカチュウの名を借りたバージョン。
ターゲットは壊れやすいと評判の3Dスティックです。

 ちょい寄り道して64コントローラーの基板の写真も載せておきます。

64 pad04.jpg

表と裏はご覧のようになってます。
で、もう一つ重要な部品・・・そうです、3Dスティックがコレ。

64 pad09.jpg

こやつのネジを外して中を覗いてみよう。
まずは下半分から。

64 pad05.jpg

ちっちゃな基板と黒い部品が3つ。
その内の黒い円盤状の部品2つは、中心がギア(歯車)になっており
もう一つの部品(写真中央)のギア部分と噛み合ってます。
この部品はスティックの下部が入る仕組みで
スティックの動きに合わせてギアを回転させてるんですねぇ。

そして円盤の外周が基板の欠き込み部分に重なるように入っていて
外周部には均等に四角い穴が開いてます。
もしかして、この穴が移動した数をカウントして
スティックの移動量を判断しているのだろうか。

 もういっちょ、基板を取り除いた状態の写真も参考にどうぞ。

64 pad06.jpg

さっきの写真とは角度を少し変えて撮ってみました。

これでは、ギアが噛み合ってるのは左側だけ。
もう片方は・・・・そうです、3Dスティックの上半分と合体です。

64 pad07.jpg

黒い部品にある扇状部分の端は
ギアになっているのが分かると思います。
これが先ほどの円盤部品のギアと噛み噛みしてるんですよ。
もちろん、スティックと直結しております。
ちなみに、90度回転させればスティックから外せます。

で、この下に白い円形(ドーナツ状)の部品と
さらに下にはスプリングが入ってます。
このスプリングでスティックを真っ直ぐ中心に戻すんですね。

 だいたい、メカニカルな仕組みはこんな感じです。
簡単に言えば、「 スティックを倒した分だけギアが回転する 」。
その後、円盤と基板のセンサー?の読み取りはどうなっているのか?
こちらは専門外なので見当もつきませんが。

64 pad08.jpg
 
NINTENDO64 純正コントローラー、3Dスティック全部品。



この記事へのコメント
記事がとても参考になりました。
昔よくクズ取りで分解したものですねw
Posted by DK at 2009年06月09日 02:16
クリーニングのための分解ならよくやってます。
意外と汚れてるものですよ。

Posted by 管理人 at 2009年06月09日 20:15
64のコントローラは分解したことがあっても、3Dスティックには手が出せなかったのでとても参考になりました。

あと、64の3Dスティックは完全なアナログ入力ではなく、確か256段階のデジタル入力だったはずです。
Posted by 木 at 2009年09月15日 00:12
256段階のデジタルですか、なるほど。
円盤の外周に並んでいる四角い穴を一つ一つカウントしているのだろうと
おぼろげながら理解はしていたのですが、そういう形式のアナログだと思ってましたよ。
Posted by 管理人 at 2009年09月15日 18:41
消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ
Posted by 消えろ at 2014年04月04日 21:52
スリットの空いた円盤と光センサー・・・
ボールマウスと同じ方法なんだね
厳密にはアナログスティックではないのか・・・
ギアさえ壊れなければ抵抗式や電極を擦る方式よりかは頑丈そうだな
Posted by aaa at 2017年02月14日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。