ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ブランディッシュ(PCE CD)


◆1994年度作品 ◆発売元 NECホームエレクトロニクス
◆ハード PCエンジン ◆ソフト CD-ROM
◆ジャンル アクションRPG

 元はパソコンゲームの大御所「 日本ファルコム 」が世に送り出した
アクションロールプレイングゲーム。
PCエンジン版も、マウスが使用可能で
ついでにアーケードカードにも対応してます。

ダンジョンの仕掛けと、敵モンスターを相手に
孤軍奮闘するゲーム「 ブランディッシュ 」。
今回は、このような渋〜い作品を紹介します。

 まず、長ったらしいオープニングデモの中から
主人公「 アレス 」と、彼を師の敵と付け狙う
女魔法使い「 ドーラ 」が対峙するシーン。

brandish01.gif

執念深く追い掛けまわしている姿は、さしずめストーカーか?
露出度の高い衣装と、詰めの甘さ(ドジ)が持ち味のドーラは
己の放った魔法攻撃で、地面にを陥没させ
2人共、奈落の底へまっさかさま。
ここから、地上への脱出を賭けた戦いが始まります。

 ブランディッシュのゲームシステムを
かいつまんで説明しておきます。

本作では上下左右に90度ずつ方向転換が可能で
画面上方に進めます。
この時、主人公アレスの向いている方向で
見える物と見えない物がでてくるんですよ。

brandish02.gif

左側の画像の位置から右へ向きを変えると、あ〜ら不思議。
右側の画像のように、左の画像では見えなかった入り口が・・・
同じ部屋でも角度を変えれば、新たな発見があったりします。

その他にもスイッチや落とし穴など
プレイヤーを悩ませる仕掛けがいっぱい。
ダンジョン好きには眠れぬ日々が続くこと請け合い。

brandish03.gif

 ゲーム画面がこちら。
左下はメッセージウィンドウ
右上が、生命力(HP)と精神力(MP)のゲージ。
その下に所持アイテムと、一番下が縮小マップ。
縮小マップはオートマッピングで書き込まれます。

左上がメイン画面で、移動や攻撃を行います。
アクションは、ジャンプ、水平(横)移動、攻撃、防御に
宝箱やスイッチなど、調べたり開けたり。
だいたい、こんなところかな。

 また、武器には耐久度があり
耐久度が 0 になると壊れて使えなくなります。
武器屋で買うか、ダンジョンで見つけるかしながら
常に武器をストックしておいた方が良いです。

さらに、こんな店もありますよ〜。

brandish04.gif

ダンジョン内で見つけたお宝でお買い物です。

 アクションロープレだから
単純ながら(地味)戦闘はアクションで
ロープレらしくレベルアップもあり。
ダンジョン攻略で大事なのは
仕掛けを解かないと先に進めないってこと。
まるでパズルを解くかのように
次から次へと解除していくんです。

一応、ストーリーもありますが こちらは淡白で
終始ダンジョン攻略がメインのゲーム。
おかげさまで、シナリオに沿って
「 イヤっちゅうぐらい 」お使いをさせられる事はありません。

お使い嫌いの人には良いゲーム・・・?
反対に、ロープレはシナリオ重視だ!
と、考えている人にはつまらないゲームかもしれません。

正直、あまりパッとしない感じですが
トラップなどのダンジョンの仕掛けを解くのに
楽しさを見い出せれば、ハマル危険性は十分あるでしょう。



この記事へのコメント
最近姿を見かけないですが、ファルコムの有名シリーズですよね。

ぽっぷるめいると同時期くらいにパソコンでクリアしていました。

きちんと遊んだのは、結構後になってからプレイしたんですが、当初、パッケージイラストをみてエロゲと認識していたのは内緒の事です(笑)
Posted by そうてん at 2007年08月20日 13:25
ムフフ、そうでしたか。 (*^▽^*)
どう見ても防御力が低いドーラの服装が誤解を招く原因だったんでしょう。
真実はむさくるしい男がダンジョンの謎解きとモンスター退治をするゲームでした。
Posted by 管理人 at 2007年08月20日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。