ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ギャロップレーサー(PS)


◆1996年度作品 ◆発売元 テクモ
◆ハード プレイステーション ◆ジャンル レース

 競馬ゲームも数々あれど、ついに登場!
プレイヤーは騎手(ジョッキー)となって
競馬場を駆け抜ける競馬のレースゲーム。

馬のレースゲームと言っても差し支えありますまい。
さしずめ、馬版グランツーリスモ?・・・だいぶ違うか。

 さて、ゲームモードは
シーズンモードとプレシーズンモードの2つ。
プレシーズンモードは
使いたい馬を自由に選べる1レースだけのお手軽モード。

本命のシーズンモードは
ゲーム開始時の所持金で馬を買い
レースに参加して賞金を獲得。
獲得した賞金を蓄えて、さらに早い馬を買い
さらに上のクラスのレースでの優勝を狙う
一般の競馬ゲーム的な香りの漂うゲームモード。

馬の維持費もかかるし
レースで最下位になるとペナルティで所持金が減ります。
そして所持金が0になるとゲームオーバーです。

gallop-racer01.gif

馬の能力(性能)を比較して
できるだけ良い馬を選ぶのじゃ。

 馬を買ったら、さっそくレースにエントリーしたいところですが
出場するレースを よく吟味しないと勝つことは難しいでしょう。

馬の個性により能力差はもちろん
得意、不得意もあるので、勝てそうなレースを選ぶのがベスト。
しかし、最終的にはジョッキーの腕が物を言いいます。
馬の能力を上手く引き出せれば勝機も見えてくるはず。

スタートのタイミングで出遅れないようにするのはもちろん
芝のコース、ダートコースでの馬の得意、不得意
逃げ馬、先行馬などの脚質の違いでレース展開が変わってきます。
また、レース中にラストスパートを何時かけるかとか
それまでのスタミナ配分は特に大事。

ましてや他の馬にぶつけるなど論外!!
マジで お馬さんはデリケートです。

gallop-racer02.gif

 レースの画面はこんな感じ。

手綱をしごいたり、ムチでしばいたり。
ペース配分を考えながらスピード調節。
ゴールしたら △ ボタンで、ガッツポーズ。

gallop-racer03.gif

ちなみに、この画像の時は最下位でした。
ビリでも意地で(半ばヤケクソ気味)ガッツポーズをするのじゃ。
 ( ̄^ ̄)えっへん どんなもんだい。

その馬に合ったレース(コース選び)と走りができれば
おおよそ勝ったも同然。

gallop-racer04.gif

そうすれば、こんな画面を拝めます。
何故だか、勝った時にはガッツポーズをするの忘れてたりします。
人生、なかなか思い通りにはいかないものです。

とにもかくにも、出場するレースの選択と
馬を操る腕前で勝負が決まる、馬のレースゲーム。
車のレースゲームとは違った面白さがあります。

ただ、欲を言うなら
馬でドリフトできたら良かったのになぁ。
・・・・・・・ (( ̄_ ̄ )(  ̄_ ̄)) 無い無い。

強いてあげれば
デイトナUSAのデイトナUMAぐらいではないだろうか。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。