ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ガルフォース(FC DISK)


◆1986年度作品 ◆発売元 HAL研究所
◆ハード ファミコン ◆ソフト ディスク
◆ジャンル シューティング

 自機スターリーフを操艦しながら
各ステージに囚われているクルー(乗組員)を救出しながら進行する
縦スクロールのシューティングゲーム。

言うまでもなく、救出するのはギャルです。
ギャルと聞くだけで、がぜんやる気を出すのは 私だけではあるまい。

gall-force01.gif

オープニングに登場するお姉ちゃんたち。
ラビィ、パティ、ラミィ、エルザ、ルフィ、キャティ、ポニィの7人。
ゲーム開始時は、左端のラビィだけですが
ステージをクリアするごとに1人ずつ増えます。

さぁ、お姉ちゃんたちを全員コンプリートだぁ!!。

 ゲームシステムは
プラネットステージ(惑星)とスペースステージ(宇宙)で1セット。
プラネットステージの終わりで
カタパルトに乗ればボスのいるスペースステージへ。
これの繰り返しで全7ステージに挑戦です。

gall-force02.gif

一目瞭然、プラネットステージ。

自機のパワーアップは
救出したクルーの特技?を生かしたスターリーフの機能追加と
(横や後など攻撃方向の追加や防御力アップ)
ステージ中の地上物などに隠されたパワーロータパネルの取得。
(スピードアップ、バリアなど)

こんな感じでパワーアップさせて、迫り来る敵を撃破していきます。

 クルーを救出後に1つずつ追加で使える
自機の攻撃形態の変化が、なかなか面白く
パワーロータパネルの併用で攻撃力をアップさせれば
気分爽快にバリバリ破壊できるのがよろしいです。

ただ、このパネルを探すのが、ちと面倒くさい。

こちらのスペースステージを例にとると

gall-force03.gif

見ての通り、地上物というか障害物(こちらの攻撃を遮断)で
ギッシリ埋め尽くされているのを見ると萎えます。
素直に連射機能付きコントロールパッドを使おう。
(ここで、スクウェアのキングスナイトを思い出しました。)

 原作アニメをゲーム化したらこうなりました。
このようなゲームですが、シューティング好きなら
けっこう楽しめる仕上がりだと思います。

gall-force04.gif

ボスの巨大戦艦と一騎打ち。(ちょっと単調すぎないかい?)
倒せばお姉ちゃんをゲットーッ!!
しかし、まだまだ先は長い。



この記事へのコメント
お久しぶりです!さすがsergeantさん、これは私もまったく知らないソフトです。HAL研究所といえばメタルスレイダーグローリーで知っていたんですが、このソフト知りませんでした。HAL研究所は任天堂に吸収されたようですし。ディスクシステムのソフトですかー、ディスクシステムで知ってるシューティングってザナック、ツインビーくらいですからねー。ギャルを救出するという目的があると燃えますね!
Posted by ふうのしん at 2007年08月04日 11:50
ギャルを救出しても、画面下のアイコン?が増えるだけですが
自機を変形させて撃ちまくるのが楽しいから良しとしましょう。
手持ちのディスカードの中でも、ちゃんと楽しめた部類に入る1本です。
Posted by 管理人 at 2007年08月04日 21:21
ディスク版はあまり知らないですがパソコン版のSTGはわりと好きでした。
あれは、キャティ以外でのクリアが結構困難だった記憶があるんですが、ディスク版は機体ごとで性能の変化は無かったんでしょうか?
Posted by そうてん at 2007年08月07日 10:46
機体は1機(1隻)のみで、救出した乗員により横、後への攻撃や
ブロンディ(人型兵器)が追加され使用できます。
これらはセレクトボタンで切り替え。
だいたい、こんなゲームです。

Posted by 管理人 at 2007年08月07日 23:28
アニメ知らなくても、純粋にシューティングとして楽しめますね。
Posted by すーぱーぺるる at 2014年10月29日 10:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50196015
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。