ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











PSG音源 VS FM音源


 最近バテ気味で「 ばたんきゅー寸前 」の管理人です。 
夜遅くまでWiiをいじってるのが原因なので
自業自得なのですが・・・・・。

さて、今回は趣向を変えてゲーム機の音源について。

ゲームの音楽や効果音を作り出している
音源として思い浮かぶのは以下の4つ。
PSG(プログラマル・サウンド・ジェネレータ)
FM (フリケンシー・モジュレーション)
PCM(パルス・コード・モジュレーション)の他に
音楽CDのデジタル音声をBGMとして再生する
CD-DA(コンパクト・ディスク・デジタル・オーディオ)くらいかな。

PCMは、スーファミやプレステなど
近年ではなくてはならない存在となっているデジタル方式。
CD-DAも、昔のCD-ROMゲームで定番だった
ゲーム音楽の再生方法。

で、今回はそれよりも古い
PSGとFMの音源を比べてみようと思います。

 ゲームの音楽や効果音を作り出しているチップに
PSGとFMの両方式があり
この音源チップがゲームの音を作り出してくれる訳です。

まず、PSG音源の方ですが
一言で表すなら「 ピコピコ 」といった電子音。
大昔のゲームの音、音楽はたいてい こんな感じの音がします。
ただし、厳密に分けると ファミコン、PCエンジンは
PSGとはチップが違うらしく別物のようです。

でも音は よく似ているんだよなぁ。

一方、FM音源は
PSGよりも柔らかな音質で、ある程度
楽器に近い音が出せる(PCMには圧倒的に負けますが)のが特徴。
特に金管楽器はいい感じの音色が出せているかな。

 ボキャ貧の管理人が説明すると これで精一杯なので
ここは一つ、実際の音を聞き比べるのが手っ取り早い。

「 百聞は一見(一聴)にしかず 」であります。

これに丁度 都合が良く、格好の元ネタになったのは
FM音源対応のセガマークIII用ゲームソフト。

その中から白羽の矢が当たったのは、お気に入りの1本
コンパイルのアクションRPG【 魔王ゴルベリアス 】。

それと、セガマークIIIとセガマスターシステムの御老体が
老骨に鞭打ってスイッチON!

実機が奏でるメロディで
PSGとFMの音の違いを聴き比べてみよう。



ゴルベリアスのオープニング曲。
前半と後半の曲がありますが
どっちがPSG音源で
どちらがFM音源か 分かりましたか?



この記事へのコメント
PCエンジンの音源は波形メモリ音源といわれどちらかというとPCMに近い存在です。もっとも波形に使われるデータ量が少なくPCM音源のような生音に近い音を出すのは不可能ですが・・・。Huカードでも音声合成使っているソフトがありますので(源平とか)参考にしてみると良いと思います。ちなみにPCエンジンのCD-ROMをプラスした場合ADPCM音源1音が追加されます。
Posted by あさかながもり at 2007年07月31日 23:19
やっぱり自分は前半のPSGの方が好きだな〜。
Posted by ふじおか at 2007年07月31日 23:25
あさかながもりさんの豊富な知識には脱帽です。
そういえば何て言ってるのかハッキリ聞き取れなかったけど
ファミコンでも音声合成のあるゲームがありました。
またPCエンジンのCD-ROMでも
やたらノイズの多いナレーションが使われてるゲームがあったのを思い出しました。
こちらはADPCMっぽいですね。

ふじおかさん
PSGの方がレトロゲームらしさが溢れていると思います。
歳のせいかピコピコ音に懐かしさを感じる今日この頃でした。
Posted by 管理人 at 2007年08月01日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49872533
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。