ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











オペレーションウルフ(PCE)


◆1990年度作品 ◆発売元 NECアベニュー
◆ハード PCエンジン ◆ソフト HuCARD
◆ジャンル シューティング

 タイトーのアーケードゲームからの移植で
画面内の敵に照準を合わせて撃つシューティングゲーム。
マルチタップを用意すれば2人同時プレイも可能。

元ネタは銃を使って撃つ「 ガンシューティングゲーム 」でしたが
ライトガン(銃型コントローラー)の無いPCエンジンでは
照準を方向ボタンで動かしてプレイします。

 オペレーションウルフは
敵地に乗り込んで人質を救出するのが目的。
連射の効くマシンガンと
爆発範囲に大ダメージのロケットランチャー武器に任務を遂行しよう。

operation-wolf01.gif

 ↑ ほらね、ちゃんと書いてあります。

全6ステージ中、最初の4ステージ
通信所、ジャングル、弾薬庫、集落 は自由に選択でき
選んだ順番により、敵の数が増えたり
アイテムが出やすくなったりと変化するようになってます。

とりあえず、通信所を破壊して敵の増援を防ぎ
弾薬庫で弾薬の補給、集落でダメージの回復って順番でしょうか。

operation-wolf02.gif

ゲーム画面はこんな感じ。
眼前にデカキャラがイキナリ現れ撃ってきます。
撃たれる前に撃っちゃってください。

また、画面内に現れる弾薬は、撃てば手に入ります。
遠慮せずに撃っちゃってください。

だけど、画面内をうろついている民間人を撃ってはいけません。

operation-wolf03.gif

ナース、ビキニのお姉さん、ガキンチョ、おばさん・・・など
撃ちたい衝動を抑えて、冷静に対処しよう。
でも、間違って撃っちゃんですよねぇ。
そのせいで、体力を削られる → ゲームオーバーに近づく。

だいたい、戦場をちょこまかうろつくのも いかがなものか?

 と、まぁ、そんな訳で
銃を撃って敵を倒す爽快感が売りのオペレーションウルフ。
照準を動かすのが もたつく感じで
本来のガンシューティングとは違うのが気になりますが
それ相応には楽しめるゲームになってるかな。

operation-wolf05.gif

任務成功か、あるいは 死か?
全てはプレイヤーの双肩に掛かっている!!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。