ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











桃太郎活劇(PCE)


◆1990年度作品 ◆発売元 ハドソン
◆ハード PCエンジン ◆ソフト HuCARD
◆ジャンル アクション

 昔話でおなじみの桃太郎が、鬼を懲らしめるアクションゲーム。
アクションゲームの苦手な人でもクリアできますよ〜と
「 かならずエンディング! ぜったいエキサイティング! 」
のうたい文句でアピールしていた、初心者大歓迎ゲーム。

難易度設定を、「 かんたんモード 」にすると超ヌルゲーと化します。
また、「 ふつう 」と「 むずかしい 」もあるので
手ぬるいと感じる人は、こちらを選べばよろしいです。

 さて、物語は桃太郎を中心に
その他の昔話も取り入れミックスされた舞台で展開されます。
その昔話ワールドの中で桃太郎が、ジャンプしたり刀を振り回し
鬼を懲らしめて溜めたお金で、武器や防具をパワーアップ。

Momotarou_Katsugeki02.gif

回復アイテムも売ってるので、お金が溜まったら村に戻り
アイテムを買いそろえていけば、かなり楽にゲームを進めることが可能。
さらに、ステージ途中でも無料で手に入るから
至れり尽くせりな感じですね。
ふつうモードでも難易度は低めです。


 桃太郎活劇のゲームシステムを大まかに説明すると

・ライフ制+残機+買い物。
・アイテムで回復やパワーアップ。
・仙術をマスターして特殊技でキメる。
・お供の、イヌ、サル、キジも順次登場。
 「 きびだんご 」で呼び出して攻撃オプションとして使用。
・パスワード制コンティニュー
 (天の声等のバックアップ対応、持っていればこちらにセーブ可)
だいたい、こんなところでしょう。

・おまけ技? 

Momotarou_Katsugeki03.gif

鬼にぶつかるとダメージを受けるんですが
なぜか頭の上に乗ってもゼンゼン平気。
乗ってみる?

 桃太郎活劇の全編ギャグに溢れたキャラクターやゲーム設定は
楽しく笑えること請け合いです。
ゲーム開始早々、「 うんち 」を飛び越える修行をさせられる桃太郎。

死ぬとスッポンポンになって天に召される桃太郎。

Momotarou_Katsugeki04.gif

ボス直前の入り口の文字。

Momotarou_Katsugeki08.gif

それもそのはず、ギャグRPG「 桃太郎伝説 」の
ギャグ精神を受け継いだゲームだからです。
ワルノリとも思えるほど、おもしろおかしく作られてます。

RPGの桃太郎伝説シリーズ
アクションの桃太郎活劇
そして、超人気のボードゲーム、桃太郎電鉄シリーズ。
ハドソンの桃太郎ゲームは、色々とあるんですよ。

 ところで、1つ気になる場所があります。

Momotarou_Katsugeki06.gif

鬼が上から物を落としていく中を、上へ上へ登る桃太郎。
往年の名作、クレイジークライマーを彷彿とさせるシーンです。
以上!



この記事へのコメント
ゲーム内の雰囲気が、桃伝にあっていた気がしてRPGのイメージとそんなに変わることなくプレイできた気がします。
意外とボリュームがあって結構楽しんでました。

しかしながら、マゾゲーマーの私としては
もう少し厳しくてもよかったかな?
という印象が強かったですかね(笑)

Posted by そうてん at 2007年06月17日 23:27
たっぷりとマゾ?を堪能したい奇特な人は
武器や防具は買わない、回復等のアイテムを使用しないなど
アイテム縛りの独自ルールでチャレンジするのも一興ではないかと。 ヾ ^∇^
Posted by 管理人 at 2007年06月18日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。