ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











携帯ゲーム機の液晶画面のキズ、どうしよう?


 携帯ゲーム機もいろいろとありますが
どれを使っていようとも、避けられない事実?

「 いつの間にか画面に擦りキズが付いている。」 !Σ( ̄□ ̄;)ゲッ

意外と気になるものですよぉ〜。
特にガキ・・・もとい、 お子様が使おうものなら
それはそれは 液晶画面が悲惨な状況に陥る事もしばしば。

 さて、近年 液晶保護フィルムが普及して一般的になり
どこにでも売っているのが現状です。
なにしろ100円ショップにもありますから。

で、液晶保護フィルムを貼っておけば
画面にキズが付く可能性が 0 に近づきます。
しかし、昔は・・・・・・・・。 ヘ(´o`)ヘ

そんな訳で今回挑戦したのは
「 携帯ゲーム機の液晶画面に付いたキズを消せないだろうか? 」
という実験です。

※ ゲームボーイアドバンスの画面のキズ消しはこちら

 今回の被験者(犠牲者)に最もふさわしいのは
画面にキズが付いていて、万が一失敗しても惜しくない奴。

フフフ、いました。 ( ̄ー ̄)
この条件にピッタリの携帯ゲーム機が。

栄光の晴れ舞台に上がったのは
当時、カラー液晶が売りだったセガのゲームギア。
液晶画面が逝ってしまい まともに映らない彼こそ、格好の実験対象です。

↓ 液晶がここまで おかしくなるとは? ナゼ?

gamegear03.jpg

無理やりゲームをできなくもないけど
ゲーム画面が、かなり見づらいオンボロです。
迷わず成仏してほしい。〜〜〜〜(m-_-)m ウラメシヤァ

 とりあえず念のために分解して内部を確認します。

gamegear01.jpg

さらに分解して基板を外す。

gamegear02.jpg

よ〜く見ると液晶画面の黒ずみなどは、液晶の「 内部 」にあり
外側が汚れているのではありませんでした。
完全に処置無し!!

分解ついでに もう1枚。

gamegear04.jpg

液晶の裏にある「 バックライト 」です。
蛍光灯みたいなのが1本見えます。
写真では3本に見えるけど、本物は真ん中の1本で
上下のは反射板?に、鏡のように映っているだけ。

「 電池をバカ食いするのも道理だ 」思わずうなずく管理人。

寄り道はこれで お終いにして、元通りに組み立てて実験開始します。

 ここからが本番!!

ゲームギアの液晶は、ボディの透明プラスチックの下にあります。
(ゲームボーイ、その他も同様でしょう)
つまり、ボディにキズが付いているんですよ。
このキズを【 コンパウンド 】を使って消す作戦でいきます。

最初に使うコンパウンドは3つ。

gamegear05.jpg

上 自動車用のコンパウンド(粗目)
中 プラモ用のコンパウンド(細目)
下 プラモ用のコンパウンド(荒目)

自動車用のは昔買ったやつの残りで、プラモ用だけ新規購入。

 次に、コンパウンドをつけて磨くための布を用意するのですが
実験と言うことで試しに布は使わずに
ウェットティッシュの分厚くて頑丈な奴を
乾かして使いたいと思います。
 ※ 本当は古くなった肌着などの、綿製品が良いと思うんだけど。

それともう1つ、手頃な大きさに切った消しゴムを用意。

gamegear06.jpg

ヾ(~O~;) コレ
消しゴムと 元ウェットティッシュのコラボレーションが実現!
平らに磨くには、平らな物を使うべし。

 さあ、消しゴムを元ウェットティッシュでくるんだら
コンパウンドを適量つけて磨き作業開始。
最初は、自動車用粗目から。

gamegear07.jpg

こんな感じに手に持って

gamegear09.jpg

こんな感じで円を描くように、クルクル回して磨いてみました。

車のワックスがけと同じように
押さえる強さを加減しながら
何度も何度も取り替えながらクルクル、クルクル。

ある程度キズが消えたところで、今度はプラモ用粗目に切り替え
同じように元ウェットティッシュを取り替えながら、クルクル、クルクル。

しばらく適宜に繰り返した後、プラモ用細目に切り替えて、以下同文。

ある程度キズが消えるまで、しつこく繰り返します。
・・・・・・・・・・・・いいかげんに飽きてきました。

 ところで、作業中に気がついた事があります。

1.自動車用コンパウンド粗目は、粗すぎました。
   コンパウンドで磨いたキズが残ってる。
2.透明プラスチック部のコーティング?が剥げてしまった?
   磨いているうちに、だんだん光沢の違う部分が広がってきた。
3.プラモ用細目では、少し曇った感じで仕上がり透明感がわずかに薄れる。

1の問題は、中目の使用でなんとかなるかも?
  実はプラモ用粗目は、ゼンゼン粗くないので
  プラモ用だけでキズを取るのは、よほど浅いキズでない限り
  時間的な理由で不可能に近いと感じました。
  手っ取り早く時間短縮のために使った自動車用粗目です。

2の問題は、コーティングを落とさない程度で止めるか(判断が激ムズイ)
  きっちりキズ、ついでにコーティングも落とすか2つに1つ。
  どのみち、液晶保護フィルムを貼れば
  少しくらいのキズも、剥げたコーティング?も目立たなくなります。
  液晶保護フィルムは必須ですね。

3の問題は、さらに細かいコンパウンドの使用で解決できます。

  例えば

gamegear08.jpg

左は、セラミック・コンパウンド
 透明プラスチック磨き仕上げ用。
右は、コーティングポリマー
 プラスチックのツヤ出し用。

今回の場合、コーティングポリマーでツヤを出しても
なんら変わりがなかった事を付け加えておきます。
それと、厚手のウェットティッシュも一応使えましたが
目の細かい仕上げ用には、ちょっと厳しいかと思います。

 なんだかんだで、バタバタしましたが
画面のキズが浅かったおかげで、何とかキズを消せました。
ついでにコーティング?も消えました。
やっぱり液晶保護フィルムで最後に締めくくるのが
一番いいみたいです。

 もう一言

間違っても パソコンの液晶モニターや
液晶テレビをコンパウンドで磨いたりしないように!!


これだけは絶対にダメです。
どうでもいいような携帯ゲーム機での実験ですからね。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43692649
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。