ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











修理だよ、銃型コントローラー


 リサイクルショップに出入りしては、よさげなアイテムを物色している今日この頃。
以前、買ったアイテムが とっても気に入ってたので
同じものを再度買ったのですが、これがマズイ事に。( ̄〜 ̄;)ウーン・・・

中古で購入する場合、同じ製品でも個体差があるのは当然で
ゲーム機の本体や周辺機器でも例外ではないのです。

 ・・・ってな理由で、動作不良の銃型コントローラー。
なんと!これ1丁で、ガンコン、ハイパーブラスター、バーチャガン
3機種対応の銃型コントローラー(ライトガン)です。
銃のスライド右側にある「SCORPION」の文字は
メーカー名なのか商品名なのか? 謎が謎を呼ぶ怪しい周辺機器だったりします。

買った店に返品すれば簡単に済むことなんですが
それでは面白くもなんともありません。
電気系のトラブルではないので
何とかなりそう = 修理決定!!
(お気に入りなので、手放すのが惜しい)

トラブルは「 トリガー(引き金) 」と「 ハンマー(撃鉄) 」の2箇所です。
さっそく分解すると・・・・・ありゃ、まぁ、これじゃダメだな。
前の所有者は、かなりのバカ力の持ち主だったようだ。


 トリガーは、内部が途中で折れてちぎれる寸前。

gun01.jpg

少し曲げたら、↑ の写真のように2つに分裂。
(°口°;) !! 完全に折ってしまったがな〜。

接着では強度不足と判断し、エポキシパテで作成することにします。

gun02.jpg

↑ 例えば、こんなの。
わざわざホームセンターまで買い出しに行ってきました。

 作業手順は
1.こいつを適量出したら色が均一になるまで
   練って練って こねくりまわす。
2.トリガーとだいたい同じになるように形を整える。
3.約1時間の乾燥時間の後、鉄鋼ヤスリで削り作業開始。
4.とにかく気合を入れて、できるだけ同じ形
   同じ大きさになるまでヤスリがけを続ける。
5.シルバーに塗装してスプリングを付けたら出来上がり。

gun03.jpg

左 へし折れたオリジナル、右 ハンドメイド。
エポキシパテ自体が曲げると折れてしまうので
トリガーの指に当たる部分は、強度を高めるため少し太めにしました。

gun05.jpg

トリガーを取り付けるとこうなります。


 さて、次はハンマーの番ですが
一休みして各ボタンの機能説明をしたいと思います。

gun00.jpg
 左から順に
紫矢印 マニュアルリロード
    ガンシューティングゲームのリロード(弾丸の装填)を
    このボタン1発で行える。
黄矢印 ガンコンON,OFF
    このボタンを押し込むと、ガンコン
    もう一度押すとハイパーブラスターに切り替わる。
    (プレステの電源を切った状態で行う)
緑矢印 スタートボタン
    ガンコンでは、Bボタン
    ハイパーブラスターとバーチャガンでは、スタートボタンと同じ。
青矢印 オートマチック切り替え(3段階)
    上 トリガーを引くと連射 & 弾切れになると自動でリロード。
    中 リロードのみ自動
    下 マニュアル操作、弾の連射も自動リロードもOFF
赤矢印 今回の問題児、ハンマー
     ガンコンでは、Aボタン
     ハイパーブラスターでは、スペシャルボタン

さらに、単4乾電池を2本をセットすれば、振動機能も発揮してくれます。
どうですか? この多機能ぶりはスバラシイの一言に尽きます。

 さて、ハンマーがボタンの役割をしていると、分かっていただけたでしょうか。
このハンマーをですね、引いても(押しても)シカトされまくり
まったく反応しなかったので、スイッチ部分を見てみると
・・・・・ものの見事にスイッチが傾いてます。

前の所有者が力を込めて操作していた姿が目に浮かびます。

gun04.jpg
  
基板の黄色い丸の中。
赤矢印がハンマーが押す方向です。
スイッチとスイッチの周りにある薄い鉄板製の
ハンマー止めが、2つ揃って斜めに曲がっておりました。
これでは、スイッチが入るはずがない。
なので、青矢印方向に基板に対して直角になるまで
スイッチ共々押して元に戻します。

ここまで来たら組み立てれば修理は完了
後は動作チェックを残すのみ。

 この銃型コントローラーの
実銃にそっくりなデザイン、小型なのに多機能。
この2つに惚れ込んでいたのですが
今回のトラブルで、トリガーとハンマー(スイッチ部分)の
脆弱な体質が表面化する結果となりました。

これも、前の所有者が、ムダに力を入れてゲームをプレイしてくれたおかげです。
何もそこまで指に力を集中しなくても良さそうなものですが
きっと指の筋肉を鍛えたかったのでしょう。
それともう一つ、動作確認を怠った販売店のミスのおかげで
楽しいゲームライフを満喫できました。
皆さん、どうも ありがとうございました・・・・・って
そんな訳があるハズがないでしょうが〜 (メ▼。▼)y-~~~オラオラ〜。

とか言いながら、けっこう面白かったので良しとしますか。
工作好きな管理人でした。



この記事へのコメント
パテで自作、、、、。
いつも思うのですが
sergentさんの技術力に脱帽です(笑)

このガンコンは見たことありましたが
多機種で使用可能なものだったんですね
ごついのが好き(苦笑)なものであまり興味の対象になってなかったです。
Posted by そうてん at 2007年05月18日 13:22
ちっこいので迫力はないですが、連射が必要なガンシューティングゲームで使うとかなり楽ができますよ。
また画面外に銃口を向けなくても弾をリロードできるから、そこでも楽ができます。
楽をしたい人向けですね。
Posted by 管理人 at 2007年05月18日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41897967
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。