ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ディグダグ(FC)


◆1985年度作品 ◆発売元 ナムコ
◆ハード ファミコン ◆ジャンル アクション

 敵モンスターにモリを打ち込み、ポンプで膨らませてパンクさせる
地中の穴掘りバトルが楽しいアクションゲーム。

古典的なタイプで、スクロールなしの固定画面に
4方向移動、1ボタン操作とシンプルなシステムのゲームです。
敵は 追いかけが得意なプーカと火を吐く竜ファイガーの2種類だけ
敵を全滅させれば(時間が経ち敵が逃げた場合もOK)クリアで次のステージへ。

1画面の限られたスペースで、逃げ回ったり反撃したり。
また、主人公が動いている時だけ音楽が流れるんですよ。

DigDug01.gif

追いかけてくるモンスターを誘き寄せ岩の下に誘導。
その後、岩を落として一網打尽につぶして高得点を狙います。
失敗すると自分が岩の下敷きになることも。 L(・o・)」 オーマイガッ

モリを突き刺し膨らませて破裂させます。
その間ボタン連打、打打打打!!

DigDug02.gif

そして再び、掘って掘ってまた掘って・・・穴掘り三昧。

 ステージが変わっても敵の数や配置が変わるだけだから
見た目は大して変わりません。
それでも当時は面白かったものです。

膨らんでいる敵は通り抜けられるから、通り抜けようと思ったら
もう1匹 微妙に重なってて、そいつにやられたりとか
岩で押しつぶすのに執着してミスを連発、ゲームオーバーになったりとか
逃げ回ってたけど追いつかれて食われたとか。
シンプルだけど奥が深く戦略性があるところが受けてヒットしたゲームです。

 ただ、穴をほれる位置は決まっていて、その位置以外では方向転換できないので
その辺の操作感覚を覚えないと思ったようにゲームをプレイできないでしょう。
これは慣れの問題だからプレイしていれば、そのうち分かりますので
レッツトライで1度遊んでみませんか?



この記事へのコメント
家庭用ゲーム機から話がそれますが当時駄菓子でジグザグ(ディグダグのコピー品ですね)という物を良くプレイしていました。ゲーム中にツルハシが出てきてそれを入手すると一定時間穴を掘るスピードがアップするなど若干の改良が施されていました。
Posted by あさかながもり at 2007年05月15日 23:33
貴重な情報をありがとうございます。
ヒット作には必ず影のようにつきまとうコピー品ですね。
インベーダーの時もそうでしたし、たまごっちも似たような商品が溢れかえりました。
改良されていた分、ジグザグは良心的かも?
Posted by 管理人 at 2007年05月17日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41629487
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。