ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











アイドル雀士スーチーパイ スペシャル(SS)


◆1995年度作品 ◆発売元 ジャレコ
◆ハード セガサターン ◆ジャンル テーブル

 アイドル雀士 スーチーパイとは
麻雀の面白さを広めるために活動している神出鬼没の麻雀狂。
怪しげなコスプレで身を包み、怪しげな必殺技(イカサマ)を得意とする。

ゲーセンで人気の高かった脱衣麻雀の一つ。
キャラクターデザインを、漫画家の園田健一氏が担当した
美少女脱衣麻雀で、ストーリーに沿ってゲームが進行します。
 ※ メーカー希望 推奨年齢18歳以上でございます。

このゲームは麻雀なので、麻雀のルールや役を知らないと遊べません。
だけど、コンピューター麻雀の良いところは
点数計算をしなくてもいいし、配牌も自動
チー、ポン、あがりなども、可能な場合だけ表示されるので
素人、ビギナーの人でも気軽に遊べるところが良いです。
とりあえず必要最低限の知識があればプレイ可能なんです。

それでは、スーチーパイの世界を覗いてってくださいませ。

 まずは、7人の中からプレイヤーの分身となるキャラクターを選ぶ。
各キャラクターごとに得意な「 役 」があります。
性格付けも それぞれに個性があって、台詞回しにその違いが現れてます。
登場キャラ同士の会話も、スーチーパイの面白さの一つでしょう。

で、管理人のお気に入りはウサギちゃんです。

suchie-pai01.gif

バニーガール姿のなりきり娘。
何も考えてなさそうで、時に深い考えがあるように見えるけど
本当は何も考えてないキャラクター。

 半ば無理やりに麻雀対決にもっていき
負けたら問答無用で脱衣させる強引な展開がセールスポイントの
スーチーパイのストーリーを、男のサガが放っておくはずもなく。
そんなこんなで、今回 最初の犠牲者との麻雀画面がこちら。

suchie-pai02.gif

暗刻が得意な彼女も、アイドル雀士の名を騙る?スーチーパイの
イカサマパワーを味方にしたウサギちゃんには勝てませんでした。
・・・・・ご愁傷様です。

 ここで ゲームに使われるイカサマアイテムを紹介しましょう。
タツマキ選択氣     配牌時に3種類の中から選べる。
スーチーアイ      相手の手牌が丸見えになる。
ハイパーせっかん    相手に振り込んだ時、それを無効にする。
必殺!スーチースティック リーチ後、一発ツモで和れる。
次に、イカサマアイテムの取得方法。

suchie-pai03.gif

自分が和った時の点数に応じて、パネルをめくる回数が決定。
同じパネルだったら、そのアイテムをゲットできます。
つまり、トランプの神経衰弱と同じ。

このように麻雀対戦を繰り返して、相手の持ち点がなくなるか
パネルを全部めくって取れれば勝利!!
男性諸君待望の脱衣シーンがご覧になれます。
とはいっても、推奨年齢18歳以上の本作では
表現がマイルドに描きかえられております。

また、コンティニューも無制限。
何度でもリベンジできますよ。

suchie-pai05.gif

反対にコンティニューしないと、この画面になります。


 大容量のCD-ROMでの販売にあたり
豪華声優陣の起用で、音声のグレードアップが図られ
キャラクター同士の掛け合いが、より一層楽しくなってます。
脱衣だけが目的の人には物足りないでしょうが
このゲームの雰囲気が、さらに明快かつ良好になったと思います。

 では、最後に、イカサマ技の中から
必殺!スーチースティックの連続画像で締めくくります。

テンパッたので、アイテムからスーチー棒を選んでリーチ!

suchie-pai.jpg

やったぜ! 門前清摸、リーチ、一発、ドラ。
見よ!、イカサマアイテムの力を!!
これで少しは勝利へ近づけたのでした。



この記事へのコメント
これだったかどうか記憶は定かではないが
のちに大学時代「イナズマリーチ!」と
言いながらリーチ一発ツモだったら
ジュースを全員からおごってもらえる
という、地方ルールがはやりましたw
Posted by ファミスキ at 2007年04月29日 00:08
ゲームセンターでのみ麻雀ができた類の人です(笑)
アーケードの世界では
コレとスーパーリアル麻雀が一時代を築いていました。
どちらかというとスーパーリアル派ですが。
そういえば、最近脱衣麻雀あんまり新しいのを見た記憶がないですね、、、。
後にも先にもゲームセンターであそこまで連コインしたことはなかったです。
Posted by そうてん at 2007年04月29日 11:21
ファミスキさん、イナズマリーチは知りませんでした。
イナズマヅモなら知ってますが・・・
こっちは、ぎゅわんぶらあ自己中心派でした。
脱衣麻雀じゃないけど、面白かったですよ。

そうてんさん、スーパーリアル麻雀も忘れずに買ってありますのでご心配なく(笑)。
鬼のように強いギャル(死語)に勝ちたい欲求が
コインを吸い取られる結果を招くんですねぇ。
人間の本能を直撃するゲームは魔性のゲームなのかも?
Posted by 管理人 at 2007年04月29日 12:36
このゲームは開発者のキャラへの愛情が注がれていますwプレイしていてそれらが感じられるゲームです。PS版の1,2,どきどきナイトメア,DC版のアイドル雀士をつくっちゃおなど保有済み。
Posted by あさかながもり at 2007年05月10日 13:17
作り込みのきめ細かさ、力の入れようから
手間隙かけて大事に製作されたゲームに間違いはないでしょう。
この前、ゲームの画像を撮るために久しぶりにプレイした時
1時間ほど我を忘れて、のめり込んでいました。
恐るべしスーチーパイ。

Posted by 管理人 at 2007年05月10日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40138916
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。