ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











海底大戦争(SS)


◆1995年度作品 ◆発売元 イマジニア
◆対応ハード セガサターン ◆ジャンル シューティング

 潜水艦を操作して戦うシューティングゲーム。 
※ 2人同時プレイ可。

kaitei-dai-sensou01.gif

 新型兵器の使用により地球規模の地殻変動が起こり
世界の4分の3が水没した近未来の地球。
悪の組織に対抗するべく試験航行中の新型潜水艦に出撃命令が下る。

こんな感じのストーリーに合わせたステージで構成された
海洋ロマン漂うシューティングゲームであります。
本作は移植作であり、元になったアーケード版はアイレムが開発。
潜水艦が自機のゲームは珍しく、めったにお目にかかれないシロモノ。
ある意味、希少価値がある・・・かもしれませんぞ。
ちなみに、プレイステーション版も発売されております。(発売元は異なる)

 ゲームシステムは
アイテムによるパワーアップと残機制を採用した定番の作り。
ゆえに敵弾1発で自機は轟沈ですけど
地形にぶつかった場合はミスにならず平然と航行可能。

 ということで今回は、潜水艦のゲームに登場していただきましょう。

 画面のスクロール方向は全6ステージ中
3面のみ縦で、その他は横方向。
基本は横スクロールシューティングではありますが
1〜5はプレイヤーの操作する潜水艦を
移動させた分だけ画面がスクロールします。
そのためか、制限時間が設けられており
時間切れでもミスとなり1機失ってしまいますぞ。

 潜水艦に搭載されている武器は3タイプ。
・画面向かって右方向を攻撃する魚雷
・上方向を攻撃できるミサイル
・下方向に攻撃できる爆雷
ってな具合に同時に3方向への攻撃が可能になっております。

 敵は海中や海上だけでなく
地上や空中にも出現し容赦ない攻撃を仕掛けてきます。
海中の敵には海中で応戦
海上の敵(軍艦など)は海中でも海上でも応戦可。
地上や空中の敵には、本艦を浮上させて攻撃するのが基本となります。
上下左右、どこから撃たれても対処できるよう
周囲に気を配るのは、本作でもセオリーであります。

kaitei-dai-sensou02.gif

 ステージによって地形の違いはもとより水深が浅かったり
なにやらイヤ〜な仕掛けがあったりと相応に変化をつけて
プレイヤーを楽しませようという心意気を感じられます。
細かい所まで書き込まれたグラフィックからも
力の入れようをうかがい知ることができますね。
ただの背景かと思ってた場所を破壊できたりとか
敵にしても、なかなか作りが凝ってますなぁ。

ただ、凝った作りが災いしたのか??
そこかしこに発生する処理落ちが残念でなりません。
・・・・・処理落ちが恨めしいですぞ。

kaitei-dai-sensou03.gif

 自機の移動スピードは固定で若干遅めなので
ある程度敵の攻撃パターンを知らないと敵弾の回避は難しく
初見ではボロボロにされるため難易度は高く感じてしまいます。
もちろん、自機がやられたらパワーアップも失いますから
その時点で難しさがアップしてしまうという
この手のパワーアップシューティングに付きものの
ジレンマみたいなものは本作でも健在。

敵の攻撃を見切って
いかにやられずにプレイし続けられるようになれるか。
この点では反復練習に勝るものはないのであります。

 が、しかし
ミスっても その場で復活、コンティニューしてもその場復活できるので
クリアするだけなら誰にでもオールOK。
コンティニューしまくりでクリアしても実力でクリアした訳じゃないから
上を目指すプレイヤーには、さらなる精進が待っておりますが
本作は適当に遊んでも、とりあえず最後まで行ける部類に属するゲーム。

つまりは、下手なままでかまわないからサラッと遊びたい人でも
ノーコンティニュークリアを目指して努力したい人にも両対応と言えます。

もっと昔のゲームは努力しないと先に進めないのが当たり前でしたが
ゆとりゲーマーにも優しい仕様とでも言いましょうか
あまり時間に余裕のない人でも、とりあえずエンディングを見られるのが
本作に限らず、昨今のゲームにもよく見られるパターン。

おかげさまで積みゲーの消化が短い時間で済ませられる恩恵を受けられるのです。
・・・・・素直に喜べる事ではないんですけどね。
以上、下手の横好きな管理人の奮闘記でした。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377352200
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。