ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











デススマイルズ(X360)


◆2008年度作品 ◆発売元 ケイブ
◆対応ハード Xbox360
◆ジャンル シューティング ◆CERO B

 自機が魔法少女でチョッピリ萌え系
時に画面を覆いつくすような大量の弾をくぐり抜けて戦う
横スクロールシューティングゲーム。
※ 2人同時プレイ可。

death-smiles01.gif

 古参のゲーム好きなら馴染み深いジャンルの一つ
2Dのシューティングゲームで
ゲームセンターで稼動していた同名タイトルの移植作になります。
ゲームモードは
業務用そのままのアーケードモード
グラフィックを向上させたXbox360モード
操作方法やシステムを一部変更したVer1.1モード
練習用のトレーニングモード。
ネット接続限定で
協力プレイのXboxLIVEモードと
得点を競うスコアアタックモード。
さらに有料DLC(ダウンロードコンテンツ)で
沼ステージのボスキャラが使えて
新ステージと高難易度を追加したメガブラックレーベル版の
アーケードとXbox360の両モードがあります。

 なにかと3D物のゲームがもてはやされ
テレビゲームの主流になって久しい今日この頃ですが
昔ながらのスタイルで制作された本作も
なかなか捨てたものではありませんぞ。

 思えば、ファミコン時代のシューティングゲームなんて
コンティニューできずゲームオーバーになると1面からやりなおしとか
裏技を使わないとコンティニューできないとか
回数が限られていたり、やられたステージの最初から再スタートなんてのがザラ。

それがいつのまにかコンティニュー回数無制限。
やられてもコンティニューしても その場復活が当たり前に。

つまり、昔のゲームは練習して上手くならないと先に進めなかったのが
クリアするだけならコンティニューしまくれば可能。
誰でもクリアできるゲームに変わっていったのです。
デススマイルズも、この流れを受け継いでおり
おかげさまで私も楽させてもらいましたよ。

 しかし、これでは遊びつくしたことにはならず。
ハイスコアを稼ぐとかノーコンティニュークリアを目指すなど
通好みの遊び方も、もちろんOK。
今回は、そんなシューティングゲームを取り上げます。

 では、4人のエンジェルたちがこちら。

death-smiles02.gif

4人それぞれに使える魔法(ショット)や
使い魔(一般のシューティングではオプション)の違いなどから
差別化されているのはいつも通りのシューティングゲームって感じ。
ショットはボタン連打かボタン押しっぱなしで威力が異なる別のショットになり
敵や地形に対応すべく使い魔の位置の移動と位置の固定を
意図的に使い分けるのも本作のキモ。

召喚魔法という名のボムも健在でして
発射と同時に一定時間無敵になれるためタイムラグ無し。
敵の弾を避けられそうにない緊急時にも重宝しますぞ。

 ただいつも通りでないのが、ショットを左右に撃ち分けられるところ。
自機の右にいる敵には右方向、左にいる敵には左方向に攻撃です。
また、個人的にはあまり使いませんでしたが
丸い指定範囲内に入ってきた敵を自動攻撃するロック魔法もあります。

death-smiles03.gif

 本作でももちろんパワーアップはあります・・・が 
パワーアップ方法がチョッと個性的。
まずは敵を倒すと出る得点アイテムを取りまくります。
画面左下のアイテムカウンタが1000になったらパワーアップ準備完了。
「 ココだ!! 」と判断したタイミングで発動させると
攻撃力アップ、敵にぶつかってもノーダメージ(ボスは除く)
得点アイテムの出現数増加の効果あり。
ただし、敵の弾を喰らうなどしてライフゲージを1個失う
またはアイテムカウンタが0になるとパワーアップは終了ですぞ。

 また、随所にストーリーデモを挿入。
世界観や物語もついでに楽しめる今時のゲーム定番の作りと言えましょう

death-smiles04.gif

クリア時の2つの選択肢により、一応マルチエンディングで締めくくり。
高得点稼ぎを目標に腕を磨くのもシューティングゲームの醍醐味ですから
気の済むまで再戦するのもよろしいかと思います。

 こんな感じで魔法使いの少女たちが空を飛び攻撃魔法でモンスターを攻撃。
1〜6ステージは昼夜交互にプレイしたいステージを選択できますし
難易度もレベル1〜3を各ステージごとに自由に選べます。
ムリにプレイしなくても支障はない超高難易度のエクストラステージも存在。
エクストラを無視してラストステージに「 とっつげきよ〜 」でも
誰からも文句を言われる筋合いはございません。

本当に回避できるのか? ムリじゃないのってくらいの弾幕を
すり抜けられた時のなんとも言えない高揚感もバッチリ。
※ キャラの当たり判定が小さいので見た目以上になんとかなる。
一昔前のシューティングゲームでありがちだった
ミスしてパワーアップを失い、貧弱な初期装備で苦労しまくる
危機的状況に陥る心配も全くなし。
※ 最初からバリバリ撃ちまくれるので爽快感もバッチリ。

キャラクターとストーリーに頼っただけのゲームではなく
難易度もお手頃で遊びやすいにもかかわらず
シューティングゲーム好きのやる気をおこさせるだけの
ポテンシャルを十分持っているゲームでしょう。

 ただ、長く遊べるゲームなのかと聞かれると
クリア特典などで何かのオマケが出現する類の要素はなく
増やせるのはDLCで売り付ける気満々のMBL版くらいのもの。
プレイヤーがやりこんで点数稼ぎの腕を上げ、地道に精進していく気がなければ
それほど長く遊べるゲームではないと答えざるを得ません。

まぁ、元々シューティングゲームって、そういった物ではあるんですけどね。

 ↓ 勉強になります。













この記事へのコメント
デススマイルズ(とくに1)は普通にゲームセンターでワンコインクリアさせてくれるゲームでした。

ガチの人々はエクストラステージ経由ガチクリアを狙うのが基本らしいですが、アレはさすがに、、、、

アーケードシューティングワンコインクリアは爽快感が凄いので家庭用トレーニングの後プレイされてみるのがよいかも(喜)

好き嫌いは別として強いのはローザです。
Posted by そうてん at 2013年09月26日 19:17
初プレイに比べたらコンティニュー回数は減ったけどエクストラステージは避けて通りがちになってしまいました。
まだまだ修行が足らないようであります。
ローザのお色気・・・もとい、高い攻撃力は魅力です。
他のキャラより多く使ってますよ。
Posted by 管理人 at 2013年09月27日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374994856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。