ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











魔王連獅子(MD)


◆1991年度作品 ◆発売元 タイトー
◆ハード メガドライブ ◆ジャンル アクション

 江戸末期、正統派 KABUKI 界に挑戦してきた 闇 KABUKI。
暗黒の KABUKI POWER の前に
成す術なく屈するかに見えた その時!
伝説の KABUKI・ソルジャーの封印は解かれた。

闘え! 白獅子、 赤獅子!!
華麗な舞いで、KABUKI 界の闇を振り払うのだ。

 外国人が考える 空想と誤解のエッセンスを振りかけたら
こんなのが出来上がりました・・・・・みたいな
日本の伝統文化を歪曲したような世界観に思わず、( ̄ー ̄)ニヤリ。

Maou-Renjishi01.gif

これでも、メイド・イン・ジャパンの 和風アクションゲーム。

 簡単に操作説明をしておきます。
A 攻撃
B ジャンプ
C 妖術
←←、→→        回転転がり
←←A、→→A      スライディング 
敵を捕まえて A     投げ飛ばし
敵を捕まえて B、A   逆転逆さ落とし
Aを押しながら捕まえる 大回転投げ
割と、技が多彩なゲームではあるかな。

2人同時プレイも可能で、1P 白獅子、2P 赤獅子を操作。
奥行きのある横スクロールアクションゲームで
ファイナルファイトに代表されるゲームシステムを踏襲。
当時は、腐るほど有り余っていたタイプですね。

 アイテムも和風で、攻撃用の 扇、十手と、ライフを回復する 寿司。
それと 妖術を使う元になる、巻物。
箱に入ってたり、画面外から投げ込まれることもあります。
?いったい、誰が投げてるのだろう?

妖術は、取った巻物の数により5種類ありますが
とりあえず、その中から2つをご紹介。

Maou-Renjishi05.gif

右 狂鳴の術 巻物を1本使用。
   釣鐘が降りてきて、ゴーンと鐘を突く。(だからどうした?)
左 風神の術 巻物を5本使用。
   風神が画面を横切っていく。(通り過ぎるだけ)

画面内の全ての敵にダメージを与える技です。

 さて、どのゲームでも毎度おなじみですが
各ステージの最後にはボスが待ち構えてます。

Maou-Renjishi02.gif

こ〜んな奴もいます。 麒麟ですか?

そして、ザコだって個性では負けてはいません。
こっちは 張り手も強烈なスモウ・ファイター。

Maou-Renjishi04.gif

何故か、スクリューパイルドライバーを使う強敵なので
うかつに近づけません。
スト II のエドモンド本田とザンギエフを
足して2で割ったようなキャラクター。

他にも、餓鬼とかカラス天狗などの和風の敵ばかりが登場します。

 「 開き直りの精神で開発したのかな? 」
と思えなくもない世界観と全体的に大雑把な操作感が
バカゲーの香りを ほんのりと漂わせる一品。
他社のファイナルファイト系ゲームと
差別化しようと奮闘した開発者の意気込みが
画面から伝わってくるような気がします。

 やっぱり 個性的なゲーム、好きです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37401595
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。