ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











魔導物語(SS)


◆1998年度作品 ◆発売元 コンパイル
◆ハード セガサターン ◆ジャンル ロールプレイング

 「 アルル・ナジャ 」16歳
現在 カーくん(ペット?)と同居中。
一流の魔導師を目指して、日々修行に励んでいる・・・らしい。

魔導物語の主人公で、落ち物パズル「 ぷよぷよ 」で脚光を浴び
有名人の仲間入りを果たしたアルル。
過去の魔導物語シリーズが次々にリメイクされる中
「 みんなに優しいRPG 」をキャッチフレーズに
ついに、セガサターンでも登場!

トップスターの座に躍り出て以降
ぷよを消すことに専念していましたが
元々は 3Dダンジョンのロールプレイング出身。
はてさて、本領発揮となりますかどうか?

 サターン版は これまでの魔導シリーズとは
ゲームシステムが大幅に変更され
ごく普通のロールプレイングゲームになりました。

生まれ変わった 新生 魔導物語は

1 3Dダンジョンの廃止(2D化)。
2 町やダンジョンをクォーター・ビュー(斜め上方視点)で表現。
3 ファジーシステムを廃止し、キャラクターの状態を数値化。
4 最大3人のパーティ制を採用。
5 宿屋で回復&セーブ(ダンジョンにもセーブポイントあり)。

 3Dダンジョンが苦手な人には朗報か?
ただ、クォーター・ビューの視点は普通のゲームとは言い難いかも。

madou-monogatari01.gif

町も村も 斜めの視点だから
画面を斜め方向に歩くアルル。
操作に慣れるまでは、時々 引っ掛かったりして歩きにくい。

madou-monogatari04.gif

ダンジョンも斜め歩きが基本。
方向ボタンを斜め押しで探索していく。

 そして 戦闘になると

madou-monogatari03.gif

3人のパーティキャラが戦う戦闘シーン。
HPやMPが、バッチリ数値になってます。
味方は左から
魔法が得意な アルル・ナジャ
格闘センス抜群の怪力 ルルー
超弩級変態! 闇の魔導師 シェゾ・ウィグィィ。

パーティキャラは、入れ替わり立ち代りで変わりますが
この3人が中心メンバーです。

 マップ画面で、町やダンジョンへの移動。

madou-monogatari02.gif

ダンジョンをクリアしたり、町の人たちから情報を入手すると
新たな行き先がマップに現れます。

 だいたい、基本的な事柄はこんなところです。
ゲーム自体には、さほど目新しさもなくスタンダードな作り。
難易度も低めで、迷うこともないし
例えば、「 敵が強くて倒せないから経験値稼ぎをする 」
こんな必要もないので、サクサク進みます。

「 みんなに優しいRPG 」とは、この事だったんですねぇ。

本当に、ヌルイゲームに仕上がってるんですよ。
初心者でもダイジョーブ、安心、安全な冒険ならおまかせください。
(それでも 無茶をすれば、ばたんきゅー)
でも、ぷよぷよでお馴染みのキャラクターばかりなので
ぷよキャラが好きで、小難しいRPGは敬遠したい人には
ちょうど良いゲームではないだろうか。



この記事へのコメント
9801でちょっとだけやってやめた記憶があります。サターンでは出てることすら知らなかったですね。
3Dダンジョン苦手なんですよ。
多くの人にとってもはや落ち物以外の記憶はないんだろうな〜などと思いますが、あのアバウトなステータス表現は頭に残っています。
Posted by そうてん at 2007年03月29日 09:47
3Dダンジョンと、大雑把なステータス表示が売りだった魔導物語が
まったく別物のRPGに仕上がってしまいました。
時代も変わったことだし、それもアリかな とは思ってます。
Posted by 管理人 at 2007年03月29日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37026620
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。