ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











これが噂に聞いた パワーグローブか


 ここの管理人はゲーム好きである。
しかも、ゲームだけでなく周辺機器も好きである。

 だから、つい、買ってくる。
好奇心と欲望に負けてしまうのだ。

 だから、また、買ってくる。
そして 今回 買ったアイテムは、「 後悔 」この2文字であります。

 あっ、違った。
 
今日の主役は、今は無き パックス社から発売されていた
「 パワーグローブ 」でございますよ。
グローブ = 手袋 ってくらいで、こんな形をしてます。

fc power glove01.jpg

 見ての通り、右手用です。
どうですか? サイバーな外観もさることながら
ちょっぴり イカス イカレた オーラを感じませんか。

何を隠そう、これは ファミコンのコントローラーなのです。
右手に装着した後、腕を上下左右に動かせば
ゲームのキャラクターも上下左右に動くものらしい。

ボタンを押さずにゲームをプレイできる
先進のテクノロジーで開発された、異色のコントローラー。
これこそが、パワーグローブなのであります!!

・・・・・と、ここまでは良いのですが、後がイケナイ。
知ってる人は知っている、驚愕の○○です。

 実は、前々からコイツの悪評を知っていました。
一言で言うと、操作性が極悪らしいとのこと。

「 そんなにヒドイ物なのか? 」
だったら冥土の土産に、一度でいいから
自分の目で確かめたい衝動に駆られ、面白半分で買ってしまいました。

しかも、野口英世を2人も犠牲にして。
チクショウ! 地方都市は物価が高いぜ!!
・・・・・とか言いながらも、好奇心でウキウキ気分。
 o(^∇^)o ワクワク

 リサイクルショップに、いつのころからか置かれたままで
誰からも見向きもされなかったパワーグローブを、我が家にお連れする。

早速 箱を開けて、初めての ご対面 ・・・ Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン!?

 取 扱 説 明 書 が 無 い。

説明書もなしで、この私にいったいどうしろと??

箱に入っていたのは、パワーグローブ本体と
この、センサーらしき物だけ。

fc power glove02.jpg

これはテレビに取り付ける物だと思ったので
テープで貼り付けてみました。
「 たぶん、これでよかろう。 」

ファミコンの拡張端子にセンサーのケーブルをつなぎ
パワーグローブのケーブルをセンサーのボックスへつなぐ。
使い方は分からないが、習うより慣れろである。

で、使用したゲームソフトは、コナミの 【 沙羅曼蛇 】。

プレイ中のイメージ画像がこちら。

fc power glove03.jpg

 ※ この写真は合成です。

 実際にゲームを始めます。
恐る恐る、ファミコンのスイッチ ON!

まず最初に、Center と書かれたボタンを押す。
たぶん、上下左右でのニュートラル位置の設定ではないだろうか。

そして、おもむろにスタートボタンを押す。
「 さぁ、先進(過去)のコントローラーと呼ばれた
 お前の真髄とやらを見せてもらおうじゃないか 」。

腕や指を動かして反応を見る。
どうやら親指を曲げれば Aボタン
人差し指を曲げれば、Bボタンを押したのと同じ効果を発揮するようだ。

おっ、ザコが編隊を組んでやってきた。
全滅させてパワーアップアイテムをゲットするぞ。

 ドッカン !!! ヾ(°∇°*) オイオイ

開始から10秒足らずで、1機失う。
さらに1機、もう1機と、立て続けにミスを連発し
あれよあれよという間に、こっちが全滅じゃ。

「 ゲッ、ムズイ! なんじゃこりゃぁ 」

プレイヤーの意思とは無関係に動くのか。
まさしく、聞きしに勝る操作性の悪さである。

慣れないうちから、シューティングゲームはダメだ
アクションゲームにしよう。

 続いて、同じくコナミの 【 月風魔伝 】。

勝手にしゃがむ、勝手に反対に振り向く、斜めにジャンプしにくい、その他 諸々。

慣れないうちから、アクションゲームはダメなようだ。
それじゃ、何をプレイすれば・・・・・RPG? 却下。

 何故? 上手く操作できないのだろうか?

最大の原因は、ニュートラルを含めて
上下左右に腕を正確に動かせないからである。
と言うより、正確に腕を動かすこと自体が、至難の業だろう。
また、腕を前に伸ばした状態でのゲームプレイもかなりキツイが
指を曲げての A、Bボタン操作も、タイミングと指がキツイ。
ただ、必要はないが筋力トレーニングにはなりそうだ。

 ところで、箱には
コントロールプログラムを内蔵しているとか
連射スピードコントロールとか書かれてます。
しかし、説明書がないので、やり方がわからない。

そこで、ネットで検索です。

フムフム、いくつかの情報を入手しました。

14個のプログラムがあり、それは対応ソフト専用であること。
定価は 19.800円だったこと(高すぎる)。
すぐに安売りされたこと(当たり前だ)。
操作性が悪いこと(身をもって体験したぞ)。

だが、肝心のプログラムなどのセット方法が分からない。
これ以上時間をかけても、見つかるのかすら分からない。
なので、探すのやめました。
コレクションが1つ増えただけで、どうせ もう使わないのだから。

あぁ、今回も良い経験させてもらいましたぁ。(ウソ)
さらなる、ゲーム機器探索の旅は、これからも続くのであった。



この記事へのコメント
きちゃいましたね、、、
FC史上に燦然と輝く仇花のひとつともくされる笑劇の逸品!!
コレクションアイテムとしてはいいのかもしれませんが実際に買われるとは、、、。
実は、実物に発売当時手を通したことがあるんです。
危うく笑死しかけました。
Posted by そうてん at 2007年03月27日 10:22
悪い意味でスゴイ物だと噂だけは聞いてました。
世の中の噂なんて、ガセネタが多いものです。
しかし、今回のはウソ偽りはなく真実でした。
・・・・それを確かめてどうする??
Posted by 管理人 at 2007年03月27日 23:15
今日初めてパワーグローブの存在を知り、検索でたどり着きました。はじめまして、あなたはユーザーの鑑ですね(笑)これからも頑張ってください。
Posted by B at 2008年05月08日 18:25
人体実験はこれで最後にしようと心に誓ったはずなんだけど、正直 先のことは分かりません。(笑)
Posted by 管理人 at 2008年05月08日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。