ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











フェイブルIII(X360)


◆2010年度作品 ◆発売元 マイクロソフト
◆対応ハード Xbox360 ◆ジャンル アクションロールプレイング
◆CERO Z

 あなたは名君? それとも暴君?
どんな振る舞いをするかはプレイヤー次第。
自由度の高いアクションロールプレイングゲーム。

fableIII01.gif

 産業革命で工業化が進んだアルビオンは
重税と恐怖政治で民が苦しめられており貧富の差も深刻な状況。
これ以上、国王である兄の圧政を
見過ごすことはできないと決断した主人公は
逃げるように城を後にするのだった。
そう、革命を起こし兄を王座から引きずりおろすために。

 FABLE(フェイブル)シリーズ第3作目・・・だそうですが
そんな事はお構いなしに、王子か王女を選んだらゲームスタート。

革命を起こすには仲間が必要なので
各地を周って国王に不満を募らせている者を束ね
反乱軍を組織して立ち向かわなければなりません。
その過程で、様々なクエストを受けてこなしていきますぞ。
このようにゲームの前半は
主人公が革命を起こしアルビオンの新国王として即位するまでのお話。

 後半は国家の再建が大きな課題の一つでして
プレイヤーの政治手腕と言いますか
国家の運営を任され決断を迫られるって感じでしょうか。
1年後に襲来すると予言された闇の勢力に対抗するだけの軍備増強。
街の復興など諸々の案件の処理や
革命に加わった仲間との約束を果たすか否か。

でも、全ての案件で約束は確実に守り
民の暮らしを第一に考えると膨大な予算が・・・・・。

それらも含めて自由度の高い本作では
足らない国家予算は王の個人資産で補うもよし
重税を課して民から金を搾り取るもよし。

名君として民に慕われるか、それとも
暴君として民に恐れられるか。

今回は、そんなゲームのご紹介であります。

 本作はアクションロールプレイングですから
戦闘は主人公を操作して複数の敵を相手に大立ち回り。
剣などの近接戦闘武器と銃を使った遠隔戦闘武器
そしてスペル(魔法)の3つを駆使して戦います。
※ ボタン長押し(溜め)で強力な技も出せます。

fableIII02.gif

 新たな武器やスペルの取得はもちろん条件を満たせばパワーアップも可能。
クエスト達成や敵を倒すなどして得た「 ギルドの紋章 」を集めれば
主人公の攻撃力アップや新たな知識を獲得できます。
知識を得ることにより
この世界の住人とのコミュニケーションに役立つ技能?を増やしたり
不動産の売買や賃貸、結婚などができるようになります。

 本作でもお金を稼ぐのは避けて通れない道で
バイト(ミニゲーム)で稼ぐ手段も用意されてますが
不動産投資が最も楽に稼げる方法ですぞ。
ただ、賃貸は物件の状態が徐々に悪化していくため
建物の修理費用がバカにならない出費になりイマイチ。
そこで、店を買ってオーナーになるのが得策。
物件の状態が悪化しないのでほったらかしで稼げるんですよ。
現時点で買える店を1店舗ずつ増やしていたら
いつの間にか大金持ちになっていたって寸法であります。

 この資金は国に寄付してに財政を助けるだけでなく
プレイヤー自身のお楽しみに使うのも当然ありなわけです。
家を買い漁り家具を高級なのに買い替えるのも結構ですが
やっぱり結婚して幸せな家庭を築くのがフェイブル流。
まずは、お友達になるところから。
前述のコミュニケーション技能の中から
相手に好かれるアクションを選択。
お使い、デートのイベントまで行けたら求婚あるのみ。

fableIII03.gif

画像左、公衆の面前でイチャイチャ。
画像右、配偶者は指輪、子供はおしゃぶりのアイコンが目印。
配偶者や子供はほったらかしにせず、まめにコミュニケーションを。
幸せな家庭の第一歩であります。
※ 結婚しなくても養子をもらう手もあります。

ちなみに、重婚や同姓婚も可能なんですけど
家族を増やしすぎると対処しきれませんよ〜。

 こんな感じで
前半と後半でメインクエストの趣が大きく異なりますが
当然の如くサブクエストも用意されてますし
結婚して家庭を築くことも可能。
本編クリア後も継続してプレイできますぞ。

 アクションの難易度は低めに抑えられていて
アイテムの種類も必要最低限。
コンパクトにまとめられ初心者でも遊びやすい類のゲームに入ります。
キャラクターのセリフも全て音声でしゃべりまくり
主人公の行動に対して褒めたり悪態をついたりと様々。
少々大げさながら子供の仕草の可愛さが光りますし
マップは広すぎず狭すぎず、程よくバランスを取っての事と思います。

 本作の主人公の拠点「 聖なる間 」では
アイテムの管理などや、一度行った場所に瞬時に移動できるのは便利です。
反面、いちいち聖なる間に入ってから主人公を移動させて決定させるため
少々手間がかかる場合があるのと
通常のボタンの操作系でチョッと誤入力と言いますか
Bボタンのキャンセルでボタン入力前に戻る回数が異なる場面があり
慣れないうちはスペルを誤爆したりとか
キャラクターデザインが、今ひとつ日本人好みでないとか
いくつか気になる箇所があったりします。

個人的に少々残念な所もありますが
全体的に見るとプレイ時間も長すぎず短すぎず
ストーリーや世界観に引き込まれる魅力がありました。

でも、やっぱりですね〜 ベッドインが・・・もとい
家庭をいくつも持てるのが
本作の一番の魅力ではないかな〜と思えてなりません。

fableIII04.gif

 ↑↑↑ こりゃZ指定になりますわなぁ。










この記事へのコメント
ベッド関連と言えばFC版のジンギスカンしか浮かばない自分です(汗)

360購入してから日本橋のゲームショップを見ると輸入もの洋ゲーが普通に販売されているのに驚きました。

しかし複数家族、、、なかなか凄いですね、、、
Posted by そうてん at 2013年06月21日 11:08
360でしか遊べないゲームがありますし、そうてんさんにとって良い買い物だったのではないでしょうか。
そう思えるゲームと多くめぐり合えると良いですね。

家族を複数持つと、気苦労も増えることを意味します。
他に配偶者がいるのがバレないように・・・・・ヤバイです。
Posted by 管理人 at 2013年06月21日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/364991173
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。