ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ガングリフォン(SS)


◆1996年度作品 ◆発売元 ゲームアーツ
◆ハード セガサターン ◆ジャンル 3Dシューティング

 最新鋭の2足歩行兵器 「 HIGH−MACS 」を駆って
敵部隊を駆逐する3Dシューティングゲーム。

プレステよりも 劣るとも勝らない3D能力しかないサターンで
ある程度の品質をキープした3Dゲームを製作できたのは
定評のある高い技術力と、ゲーム製作にこだわりをもつ
ソフトメーカー、ゲームアーツだからこそ。

 これはゲームとは直接関係ないけど
ガングリフォンは環境破壊の進んだ近未来が舞台設定になっているので
ここが 最近 妙に現実味を帯びてきたような気がします。
大丈夫なのだろうか?この地球は?

 話がそれました、本題に戻ります。
最初のミッション1〜4までは自由に選べるので
適当にチョイスしましょう。

gungriffon01.gif

では、ここを選びます。
戦場も大して広くないので迷わないし
練習ステージみたいなところなので
HIGH−MACSの実践訓練にはもってこいです。

 とにかく機体の操作に慣れないと、どうしようもありません。
まず 画面の表示が、どれが何の意味があるのか
機能を理解するところから始まります。

gungriffon02.gif

ローラーダッシュでの高速移動、ジャンプで回避、反撃など
操縦技術も磨かなければならないし
肝心の射撃も 高速移動する敵に命中させるのはムズイので
ひたすら訓練あるのみ!

ミッションのクリア条件は敵を全滅させるものが多く
また、携行できる弾数には限りがあるため
途中で補給を受けながら作戦を進めます。
派手にムダ弾を撃つと、補給を考えるとマズイので
1発必中の精神も必要かな。

 機体の操縦が、そこそこできるようになるまで多少時間がかかるし
レーダーや画面からの情報を活用して
効率よく作戦を実行するのにも慣れが必要。
初めて戦場に放り出されて、何をどうすればよいのか
パッと直感的に判断しにくい傾向が 無きにしも非ず。
つまり、画面から直感的に面白さが伝わりにくいっていうか
分かりにくいタイプのゲームなのではないかな〜と思います。

このように、ライトユーザー向けのゲームではないので
プレイする人は限られそうですが
慣れてくれば、けっこうイケるゲームですよ。
ただ、フライトシューティングと比べると
スピード感が若干希薄に感じられるけど
戦闘車両ゆえの別の面白さもあるから
どっちが優れているかは一概には言えないです。

高度な操縦方法もありますので、メカを操縦するゲームが好きな人は
一度試してみてはいかがですか?
サターンのゲームは安いことだし、金銭的な負担は軽くてすみますぞ。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35953696
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。