ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











コントローラの歴史を振り返ってみるアル。其の参


pachimono18.gif (FC)よくぞ参られた。
 ワシが案内役のファミコンぢゃ。

コントローラの移り変わりを振り返って
前回、前々回と様々なコントローラを見てきたが
今回は以前にも増して変わりダネを用意しておるぞい。
ゆっくりしていくがよかろう。


pachimono26.gif (64)じいちゃん、ヤバイ。
 パチモノがこちらの様子をうかがってる。

 うむ、隙あらば絡んでくるつもりぢゃな。
 気づかないフリをして
 相手にするでないぞ。

オホン、それでは
コントローラの歴史を振り返ってみるアル。其の参
いってみようかのぉ・・・・・ん!?

pachimono18.gif どうしたことぢゃ!!
 タイトルに「 アル 」が
 付いたままになっておるぞい。


pachimono03.gif (パチ)・・・・・アル・・?

pachimono26.gif シーッ、声が大きいってば。
 しくじったかのぉ
 無視するのぢゃ、徹底的にな。
 絶対に係わってはならん。


 では改めて
恐る恐る運行シミュレーション物から始めるぞい。


 電車でGO!コントローラ(プレイステーション)

controller No40.jpg
※ マスコン、ブレーキ、A、B、C、セレクト、スタート

一際目に止まる電車の運転席をイメージした外観。
マスコン(車で言えばアクセルぢゃ)は6段階
ブレーキは10段階で調整できるようになっておってな。
加速、惰性で走行、段階的にブレーキをかけ
定刻通りに駅に停車させるゲームなのぢゃが
これを使えば雰囲気バッチリぢゃわい。


 ジェットでGO!専用コントローラ(プレイステーション)

controller No41.jpg
※ 操縦桿、スラストレバー、○、×、△、□
  L1、L2、R1、R2、セレクト、スタート

一際目に止まる旅客機の操縦席をイメージした外観。
GO!シリーズに新たな仲間が加わったのぢゃ。
戦闘機と違って旅客機は動きが鈍いでな
素早い操作は要らない分、操縦桿の操作で特に問題はないぞい。

 次はギャンブル系ぢゃな。


 パチンココントローラ(プレイステーション)

controller No42.jpg
※ ハンドル、方向ボタン、Lスティック、Rスティック、○、×、△、□
  L1、L2、R1、R2、セレクト、スタート、アナログモード

ハンドルに手を沿え回すと玉を打ち出すでな
パチンコを打っている気分を少しは実感できるかもしれんのぉ。
結局それだけのためのコントローラぢゃが
ボタン類はデュアルショックと同じだけ揃っておる。
操作性は保障せんが他のゲームに流用は可能ぢゃ。


 パチスロスタンダード(プレイステーション)

controller No43.jpg
※ アナログスティック、方向ボタン、スタートレバー
  1BET、MAX BET、クレジット、コイン
  ○、×、△、□、L1、L2、R1、R2、セレクト、スタート
  アナログモード、タイプ切り替え、スティック切り替え

見ての通りのパチスロぢゃな。
スティックは1つ(L、R切り替え可)ぢゃが
それ以外はデュアルショックと同じだけボタンがあるでな。
タイプ切り替えスイッチで
1BET、クレジットボタン、コインボタンの
ボタンの割り当てを変更できるぞい。
操作性は落ちるが、これも他のゲームに流用してぢゃな
対戦型のアクションゲームなどで
ハンデキャップ用に使うのはどうぢゃろうか?

 次は音楽ゲームのコントローラぢゃ。


 DJステーションプロ(プレイステーション)

controller No44.jpg
※ ターンテーブル、鍵盤(5鍵)、セレクト、スタート
  ヘッドホンボリューム(スライダー×2)

音ゲーのビートマニアシリーズ専用のコントローラぢゃ。
単3乾電池を2本入れておけば
押すと光る鍵盤、ヘッドホン端子のボリューム調整の
2つが可能になるんぢゃよ。
「 だから、それが何?」と聞かれると返答に困るがのぉ。


 ダンスダンスレボリューション専用コントローラ(プレイステーション)

controller No45.jpg
※ 上、下、左、右、○、×、セレクト、スタート

足でゲームをするとは、ワシですら思いもよらなかったのぉ。
使っているうちにコントローラが
グニョグニョになってしもうたのは残念ぢゃったが
高難易度の曲になるほど運動量も増えるでな
ダイエットに一役買った・・・かもしれん。
これも方向ボタンと○、×しか使わないゲームなら
流用・・・いや、なんでもないぞい。


pachimono22.gif じいちゃん、新しい遊びの提案かい。
 いや、罰ゲームにどうかと思うてな。
 ・・・・・

 タタコン(プレイステーション2)

controller No46.jpg
※ 太鼓面、太鼓縁、セレクト、スタート

太鼓の達人専用コントローラぢゃな。
タタコンを使う時は、ガムテープで固定するが吉ぢゃがのぉ。
今回取り上げた音ゲーの中では
操作に関しては太鼓をバチで叩くシンプルさで
一番取っ付きやすく遊びやすいゲームぢゃろう。
シリーズもかなりの数に上っておるしな。

pachimono27.gif しかし、プレイステーションのコントローラは
 汎用型、特化型のどちらも数が多いわい。
 (後を振り向くでないぞ。)

 悔しいけど、天下を取っただけのことはあるな。
 (了解。)

 次は、片手コントローラを見ていこうかのぉ。

 スーパーL5(スーパーファミコン)

controller No47.jpg
※ 十字ボタン、A、B、X、Y、L、R、セレクト、スタート
  連射スイッチ×5

片手にすっぽり収まる小さなコントローラでな
背面にA、B、X、Yのボタンを配置しておる。
お世辞にも持ちやすい形状とは言えず
実験的な意味合いを感じずにはおれんぞい。
ただの変わったコントローラくらいの認識でよいぢゃろう。


 アスキーグリップ(スーパーファミコン)

controller No48.jpg
※ 十字ボタン、A、B、X、Y、L、R、セレクト、スタート

正真正銘の片手コントローラぢゃ。
持ちやすいグリップ形状で安定感があり
背面にA、Bボタン、天面に2組のX、Yボタンを配置しておる。
X、Yが2組あるのは、右利き左利きの両方に対応させるためぢゃ。
素早いボタン入力を必要としないRPGやシミュレーションなどを
片手で遊べるのがセールスポイントぢゃぞい。
空いた方の手はメモをとるなり
ポテチでもつまむなり好きに使うがよいぞ。


 アスキーグリップV2(プレイステーション)

controller No49.jpg
※ アナログスティック、○、×、△、□、L1、L2、R1、R2
  セレクト、スタート、アナログモード、スティックモード

デュアルショックの登場に伴い
アナログ入力に対応させた片手コントローラぢゃ。
背面に○、×ボタン、天面に2組の△、□ボタンを配置しとってな
基本的な構造はアスキーグリップと同じぢゃ。
アナログスティックをLスティック、Rスティックの
どちらかに切り替え可能になっておるぞい。

 次からは一つずつ見ていこうかのぉ。


 ツインスティック(セガサターン)

controller No50.jpg
※ Lスティック、Lボタン、Lトリガー
  Rスティック、Rボタン、Rトリガー、スタート

バーチャロン専用のコントローラぢゃ。
2本のスティックでロボットを操縦するゲームぢゃで
これを使えばゲームセンターで遊ぶ感覚に近づけるぞい。
スティックをガチャガチャ動かすだけでも
普通のコントロールパッドでは味わえない楽しさがあるものぢゃよ。


 釣りコン(プレイステーション)

controller No51.jpg
※ アナログスティック、ハンドル、○、×、△、□
  L1、L2、R1、R2、セレクト、スタート

魚を釣るフィッシングゲームのためのコントローラぢゃ。
アナログスティックで釣竿を操作し
ハンドルで糸を巻き上げるのが大まかな使い方でのぉ。
やはりそれぞれのゲームに特化した専用コントローラを使うと
臨場感があって良いわい。


 SGBコマンダー(スーパーファミコン)

controller No52.jpg
※ 十字ボタン、A、B、X、Y、L、R、セレクト、スタート
  切り替えスイッチ

スーパーファミコンでゲームボーイのゲームを遊べる
スーパーゲームボーイを知っておるかね。
スイッチを切り替えるとスーファミソフトにも使えるのぢゃが
このコントローラはゲームボーイソフト使用時に
真価を発揮するよう作られておってな。
ゲームスピードを遅くしたり早くしたり
ウィンドーの色を変えるなど4つの機能をボタン一つで呼び出せるのぢゃ。


 デジタルコントローラ(ゲームキューブ)

controller No53.jpg
※ 十字ボタン、A、B、X、Y、Z、L、R、セレクト、スタート

ゲームキューブでゲームボーイソフト(アドバンス含む)を遊べる
ゲームボーイプレーヤー使用時に的を絞ったコントローラぢゃ。
アナログスティックを取り除いておるでな
使い道は限定されてしまうがのぉ、軽くて扱いやすいぞい。


 キーボードコントローラ(ゲームキューブ)

controller No54.jpg
※ アナログスティック、Cスティック、十字ボタン
  A、B、X、Y、Z、L、R、スタート、キーボード

ゲーム機がインターネットに接続できるようになって久しいが
通常のコントローラで文字を入力するのは少々手間がかかるでな。
直接文字を打ち込めるようキーボードを付けたのがこれぢゃ。
キーが小さいでな、タイピングしやすくないがのぉ。
両端はゲームキューブコントローラで中央にキーボード。
なんとも横長になったものぢゃわい。


 メタルスライムコントローラ(プレイステーション2)

controller No55.jpg
※ Lスティック、Rスティック、○、×、△、□
  L1、L2、R1、R2、セレクト、スタート、アナログモード

ドラクエの人気モンスターがコントローラになってしもうたぞい。
デュアルショック2互換ぢゃが形が丸いせいでな
持ちやすいわけでもなく、ボタンの操作性が良いわけでもなく
コントローラとしては残念なデキぢゃ。
ケーブルは外せるでな、置物としての価値は大いにあると思うがのぉ。


 アイトーイ(プレイステーション2)

controller No56.jpg
※ カメラ

カメラでプレイヤーの動きを検知して
ゲームに反映する周辺機器ぢゃ。
コントローラではないがのぉ
これでゲームを遊べるのぢゃから挙げておくぞい。
身振り手振りでゲームをするのは
日本人はちと気恥ずかしいかもしれんが
コントローラばかり握っとらんで、たまには体を動かすがよいぞ。

 最後はワシのイチオシぢゃ。


 パワーグローブ(ファミコン)

controller No57.jpg
※ 十字ボタン、A、B、セレクト、スタート、センター
  0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、プログラム、エンター

ワシの時代にWiiリモコンを先取りしたかのような
コントローラが作られておったとはのぉ。
テレビにセンサーを取り付け
右手にパワーグローブを装着して使う斬新なコントローラでな。
ファミコンのコントローラと同じボタンも付いておるが
基本的に上下左右、前後に腕ごと動かす
親指や人差し指などを曲げることにより
ゲームを遊べるようになっておるんぢゃよ。
14あるプログラムの中から、ゲームの内容に合わせて
切り替えることで操作方法を変更できたぞい。

操作性は筆舌に尽くしがたいものがあったがのぉ。
それでもワシはパワーグローブが大好きぢゃ。

pachimono22.gif 3回に渡りゲーム機の
 コントローラを取り上げ
 昔を懐かしんできたこのコーナーも
 今回で一旦終了ぢゃ。

汎用のコントローラや
一つのジャンル、一つのゲームに特化したコントローラが
いくつも作られてきたのがお分かりいただけたかのぉ。
ここで紹介した物以外にもたくさんあるのぢゃが
ワシの知らぬ物もたくさんあってな、コントローラも奥が深いわい。
今、この瞬間にも
新型コントローラの開発が進んでおるやもしれんのぉ。


nisemono10.gif チョッと待つアル。
 ワタシをガン無視してたのコトよ。
 ジジイたち薄情すぎるネ、日本鬼子。
 陰湿なイジメ、差別アルーッ。

pachimono21.gif ・・・・・ほれ、そこのジジイ。
 少しはカワイソウ思ったアルか?
 そう思ってるなら許してやってもいいネ。
 ワタシの寛大な恩情に感謝するよろし。

pachimono17.gif ない、全然ない、あるわけない。
 カワイソウなわけがないだろ。

 当たり前ぢゃ
 厚顔無恥にもほどがあるわい。

pachimono18.gif そもそも、パチモノが名を騙って
 本物を貶めようとしておるのぢゃからな。
 そのような輩が何を言っても
 説得力のカケラもないわい。


pachimono25.gif いやアル、そんなのいやアル。
 ワタシが主役じゃないとダメのコトよ。
 世界の注目を浴びるのは
 ワタシだけに許された特権アル。

 悪い意味で注目を集めておるぢゃろうが。

pachimono17.gif パチモノが駄々をこねても
 まったく可愛げがないのぉ。

 では、いつものやつを。

pachimono16.gif アイヤーッ!!


世界が平和でありますように。




この記事へのコメント
こうしてみると色々なコントローラーがありますなぁ。
前回コメントができなかったのですが、ファミコンのワイヤレスを見て、スーパーファミコンのワイヤレスコントローラーを見つけたのを思い出しました。
確保してなかったのですが、確保した方がよかったかなぁ。。。

SGBコマンダーは便利そうですね。
コレははじめてみました。
片手コントローラーとかもあまり使わないので殆ど持ってなかったです。
色々と勉強になりました。
Posted by 二条ジョウ at 2013年04月24日 23:02
本当に色々と発売されてまして、ここで取り上げたものは一部にすぎません。
スーファミのワイヤレスコントローラもそうですが、まだ見たことのないコントローラがたくさんあるはず。
何度か確保しそこねる失敗をしているので新たな発見に期待したいところであります。
二条さんも現物がある時に確保しておいた方が良いかもしれませんよ。
Posted by 管理人 at 2013年04月25日 20:37
ゲームレコードグランプリという番組でパワーグローブを使用してマリオをプレイしているのを見ました。
センサーなどの関係でちょっとした動作にも敏感に反応するようですね。
片手コントローラーは後にスーパーロボット大戦専用コントローラも出ましたね。SRPGには使いやすそうでしたが値段が。
ツインスティックはガンダムでも一部対応してましたがやはりバーチャロンがメインですね。
PCEで没になってしまった商品でシューティングやレースゲームやらを全部くっつけたコントローラーがあったらしいですね。
価格もびっくりでしたが。
Posted by MOP at 2013年04月26日 15:08
パワーグローブは精度の問題もあったらしいのですが、それを差し引いても難度の高い操作性で足を引っ張っていたように思います。
ツインスティックはバーチャロンのために無理して買った思い出の品ですよ。
シューティングやレースゲームなどを全て網羅すると途方もない価格になってしまうのは容易に想像がつきますね。
没になったのもうなずけます。
Posted by 管理人 at 2013年04月29日 20:15
当時金属製アスキースティックが物凄くほしかったことを思い出してしまいました、、、

チラシの切抜きを机に貼ってた時期もあったのですが、当時は買えませんでした(泣)

、、、、、大人買い、、どうしましょ。
Posted by そうてん at 2013年05月15日 11:03
チラシの切り抜きを貼るくらい凄い情熱を注いでいたんですね。
今となっては懐かしいアイテムでしかないのかもしれませんが、大人買いを否定は致しませんよ。
Posted by 管理人 at 2013年05月16日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/356603239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。