ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











グリーンベレー(FC DISK)


◆1987年度作品 ◆発売元 コナミ
◆ハード ファミコン ◆ソフト ディスク
◆ジャンル アクション

 敵地に潜入した最強の特殊部隊員、スティーブとベン。
パラシュートで降下中に、ナイフ以外の武器を失くすアクシデント発生!
作戦は中止かと思われたが、それではゲームにならない。
ナイフ一つで勇猛果敢に突撃開始、その他の武器は現地調達するのだ。

コナミのディスクシステム全盛時代のアクションゲームで
2人同時プレイも可能。
協力して敵の最終兵器を破壊せよ!!

 たった1人(2人)で戦争を始められるのは
ゲームや映画など、エンターテインメントの特権か?
それはともかく、世界の平和は
2人のコマンドー(プレイヤー)に委ねられました。

greenberet.gif

鉄橋を渡る 1P(青服)キャラ。

 簡単に言えば、オーソドックスなアクションゲームです。
十字ボタンの 上、斜め上でジャンプ
A パワーアップ武器で攻撃
B ナイフで攻撃
パワーアップ武器には
ロケットランチャー、拳銃、手榴弾があり
取った数だけ使えます。(弾数制限あり)

 昔のゲームらしくシンプルでございますよ。

走ってくるだけの敵をナイフでブスッ!
待ち伏せている敵をナイフでブスッ!!
ジャンプしてくる敵をナイフでブスッ!!! 
(ジャンプ兵はタイミング命だったっけ)
で、武器を奪えたら使い所を考えて撃つ。

特に ここはスゴイ、と思える所も無いですが
特に ここがヒドイ、って所も無い感じです。
難易度も そこそこの手ごたえのある
平均的な出来栄えのゲームかな。

 個人的には ボタン操作で
十字ボタンの上方向でジャンプさせるのがちょっと苦手なので
普通に Aボタンでジャンプの方が良いのだけど
これは慣れれば 何とか大丈夫でした。
敵のパターンを覚えてしまえば、どうってことないです。
ただ、覚えるまでは大変だけど。

買った当時、何故か一生懸命やった記憶のあるゲームです。
お金が無かったので、貯金箱から100円玉や10円玉ばかり
小銭をかき集めて、友達に買いに行ってもらったのですが
その友達は、もう2度と小銭では買いたくないと言いました。

なにしろ、硬貨ばかりを何十枚も
レジの前にズラ〜ッと置くんですから、恥ずかしかったのでしょう。
っていうか、キミがグリーンベレーを、「やりたい、やりたいよ〜」と
駄々をこねるから、お金を出しただけなんだけどなぁ。

管理人には、そんな思い出のあるゲームなんですが
普通に遊べる出来なので、買って良かったと思います。

 ☆ 裏技コーナー

・ ラウンドセレクト
 タイトル画面で、II コンの ↓、A、Bと
 I コンの十字ボタンのどれかを押しながらスタートを押す。
・ 10人でスタート
 II コンの ↓、A、Bと
 I コンの A、スタートを同時に押す。



この記事へのコメント
コナミですか。
画面写真が、ちょっと『魂斗羅』に似ていますね。
でも、ゲーム内容はチマチマしていて、爽快感重視の『魂斗羅』とは全然似ても似つかないようですね。
潜入ものでも、敵は倒していかなきゃいけないようですから、『メタルギア』とも違いますし。

それにしても、昔のコナミは兵隊が好きですねぇ。
この頃のコナミは、硬派で大好きです。
この頃のコナミだったら、死んでも『オトメディウス』なんて、アホな真似は・・・・・・orz
Posted by げばらの髭 at 2007年03月11日 12:51
確かに、魂斗羅にはぜんぜんかないません。
グラフィックの書き込みも甘いですし、バリバリと撃ちまくる爽快感もなし。
空しくナイフを突き出す仕草が、ちょっと情けない気がします。
取り柄のない、どこにでもある普通のアクションゲームなんですが
どういうわけか、強く記憶に残っているのが不思議です??
Posted by 管理人 at 2007年03月11日 21:42
確かに普通のゲームだったという印象ぐらいしかないです。
このぐらいの時期って怒とかヒットラーの復活とか戦場の狼とかこの手のコンセプトのゲームが多かった気がしますね。
しかし、コナミ好きだったなー
矩形波倶楽部とか今どうなってるんでしょうね。
Posted by そうてん at 2007年03月12日 09:29
兵隊が主人公の戦争ものが多く作られ、また これにハマっていた時代でした。
実は、ミリタリーマニアの気もあるので、こういうのに注目してしまうんです。
それと、矩形派倶楽部は、どうなんでしょうねぇ? 分かりましぇん。
Posted by 管理人 at 2007年03月13日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。