ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











スカイミッション(SFC )


◆1992年度作品 ◆発売元 ナムコ
◆ハード スーパーファミコン ◆ジャンル フライトシューティング

 当時 他機種には無かった スーファミの十八番
拡大縮小と回転の機能を使い再現された戦場を
パイロットとなって空を翔る 疑似3Dのフライトシューティングゲーム。

第1次世界大戦の複葉機を操縦して
与えられたミッションをクリアしていく。
ミッションは、空中戦、爆撃、地上攻撃の3タイプ。
空中戦  制限時間内に敵機を撃墜する。
爆撃   対空砲火をかいくぐり、目標へ爆弾を投下する。
地上攻撃 地上の敵を機関銃で破壊する。

SkyMission.gif

 5人のパイロットの中から一人を選び、愛機とともに いざ大空へ。
ミッションを失敗すると降格され、されに失敗すると除隊(クビ)。
操縦ミスによる墜落、または、機体のダメージが
100%になると墜落してパイロットは死亡。
5人全員を失うとゲームオーバーです。

 さて、実際にプレイしてみると・・・・・。

大して盛り上がることもなく、淡々とゲームは進行します。
スピードが遅いのは、百歩譲って
元々が複葉機だから仕方がないとしても
自機と地上の距離、つまり低空での高度が分かりづらく
地面に激突! どっか〜ん!☆! 
さらに、操作性もイマイチでやりにくい。

 コレは勘弁してほしいなぁ。

おかげさまで、特に 地上攻撃が難しくなっております。

また、すべてが英語で書かれているのも困り者です。
ちゃんと、日本語化して発売してもらいたかった。

 ナムコのゲームなので期待して購入したのですが
結果は以上のとおりであります。
ミッションをクリアすれば
パイロットの能力を上げることもできますが
もう、こうなると、だからどうした? って感じでした。

もう少しスピーディーに、なめらかに動いて
パイロットのグラフィックもキモくなくて
プレイして爽快感のある仕上がりだったら
良かったんですけどねぇ、残念!!

フライト物は、ゲーム性で勝るか
あるいは爽快感を伴わないと、途中でシラケるように思います。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。