ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











飛龍の拳 奥義の書(FC)


◆1987年度作品 ◆発売元 日本ゲーム / マイクロアカデミー
◆ハード ファミコン ◆ジャンル アクション

 キャラクターの上段、中段、下段に現れる
「 隙 」を表す ◎ 印を、功撃、防御する
心眼システムが特徴のアクションゲーム。
悪の組織 龍の牙に奪われた巻物を取り戻すため
主人公の「龍飛」を操作して戦います。

開発元である日本ゲームの名は聞き慣れないと思いますが
これは旧名で、カルチャーブレーンに社名が変更されました。
変更後の社名ならご存知の方も多いでしょう。

さて、後に続編も作られた 飛龍の拳シリーズの
1作目である本作は、大きく分けて
2つのパートで構成されてます。

 その1
次から次に湧いて出るザコと戦う
ごく普通の横スクロールアクションゲームの道中編。

Hiryuu_no_Ken01.gif

モヒカン頭のザコを数人倒すと現れる
中ボスの牙龍獣士を倒し、パワーアップ!
攻撃力アップ、ジャンプ力アップ、闘気を撃てる
闘気の連射、鍵の5つを入手でき
最後の鍵で封印された扉を開け、龍神の玉を取れば
ステージクリアです。
また 龍神像を叩けば回復アイテムなどを取れます。

 その2
1対1の対戦が楽しめる格闘技大会編。

Hiryuu_no_Ken02.gif

心眼により見る事のできる弱点を表す◎が
このゲームの重要ポイントで
自分に付けば その場所を防御して
相手に付けば その場所を攻撃する。

一瞬の隙を突き功撃、また身を守るためにガード。
他に例えるなら もぐら叩きの要領なのですが
この攻防が なかなか熱いです。
攻撃をヒットさせると増える KOゲージを満タンにして
必殺技を決めるとスカッと爽やか、気分いいです。

また 対戦中に画面を横切る「 聖水 」を
ジャンプキャッチしてセレクトボタンを押せば
体力ゲージを少し回復できます。
聖水と言うよりは、栄養ドリンクと言った方が
しっくりと来る気がしますね。

この道中編と試合編を交互にゲームは進みます。

道中編はイマイチな感じで
「無くても別にかまわないかな〜」です。
本命は やっぱり 心眼システム。

ただ 指示どおりにボタンを押しているだけの
印象は拭えません。
でも、音ゲーだって指示されたボタンを
タイミングよく押すゲームだから似たような物です。
それをアクションゲームでやってのけたのが
飛龍の拳シリーズなのであります。

対戦相手にまぎれている、龍の牙の正体を暴く。
真のエンディングを迎えるには
2週目をプレイしなければならない。
これらの謎解きもあり、解けない限り
無駄に戦うだけになってしまうから
そこが大変であり、難しいところではあります。

アクションだけ楽しみたい人にはオススメできないけど
音楽も良いし 個人的にお気に入りのゲームです。



この記事へのコメント
sergeantさま
また渋いところを選ばれますね(笑)
はっきり言わせてください。
好きでした、
燃えてました、
2,3と発売日に予約購入です。
SFC版で萎えました(泣)
無印GB版が結構好きだったんです。

いまだにちょっと気になってるんですが2,3のあのRPGみたいな戦闘はどうなんでしょうね?
Posted by そうてん at 2007年02月08日 10:19
RPGみたいな戦闘はその時代の流行の現れかと思います。
また、強いてあげれば 戦隊ヒーロー物 または
聖闘士星矢風とも受け取れるところも、おちゃめですね。
いいとこ取りは世の常ですから、このような現象が起こるのでしょう。
ただ、開発側とユーザー間の「いいとこ」のズレが
大きいか小さいかが問題です。 \(T∇T)

・・・と 自分勝手な解釈ですみません。
それと、SFC版は処理落ちによる精神的なダメージに耐えられず
自分も途中で投げました。
Posted by 管理人 at 2007年02月09日 00:10
たしかに大きなズレでしたね。
カルチャーブレーンの二大シリーズである、スーパーチャイニーズのほうはSFC版も結構いけていたと思うのですが、、、

あ、でも一応SFC版もクリアまではしましたよ、やりこむ気力はなかったですが。
あの頃は相当のマゾゲーマーだったので買ってしまったブツは大体がんばってました(笑)
Posted by そうてん at 2007年02月09日 10:27
せっかく買ったのだから出来るだけ頑張ろう この姿勢が健気です。
苦痛にはとても弱い管理人には到底マネのできない芸当であります。
Posted by 管理人 at 2007年02月09日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。