ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











改造町人シュビビンマン(PCE)


◆1989年度作品 ◆発売元 日本コンピュータシステム
◆ハード PCエンジン ◆ソフト Hu CARD
◆ジャンル アクション

 半ば無理矢理にサイボーグに改造された主人公が
地球を侵略した「亜空魔団」と戦うオーソドックスな
横スクロールのアクションゲームで
マルチタップを使えば2人同時プレイも可能。
町人を ちょうじん と読み、超人とひっかけている模様です。

魚屋の「太助」、女子高生の「キャピ子」を
シュビビンマンに改造したのは
関西弁を操りヒントを聞くのにも金を要求する
「世の中金やで〜」の豪徳寺博士。
そして、敵の首領と思われるダースベイダー似の人物は
なぜか名古屋弁を話し、脱力感を誘う人物設定になっていて
おちゃらけた軽い雰囲気が漂います。

 ゲームを開始すると、マップ画面になり
ここで進みたいステージを選択します。
アクションステージをクリアすると
クリアした街の住人からアイテムを貰えたり
パワーアップもできます。
こうやって自分の進みたいルートを選んで
プレイできるスタイルになってます。

kaizou-choujin-shubibinman0.gif

全てのステージをクリアしなくても最終ステージへは行けます。
各ステージで何が貰えるのか
どのパワーアップが可能かを考えて
順番を決めてプレイすれば多少は有利に進められますね。

kaizou-choujin-shubibinman.gif

また どのステージも全長は短く あっけないくらいですが
動く床などのアクションゲームでお馴染みの仕掛けは
少し意地悪な気がします。
主人公の移動速度も、最初は遅く
僅かだけど後で加速するタイプなので
これが災いして 操作にもたつきを感じてしまいます。

ここはちょっと残念です。
グラフィックが綺麗になっただけで
ファミコンのアクションゲームと大差ないというか
昔のゲームの延長線上にあるゲームでしょう。

 しかし、このキャラクターやゲームの設定などは
割と気に入っているんですよね。
溜め撃ちの飛び道具「シュビビーム」も
今では珍しくもないけど、音声合成で喋ります。
これ、お気に入りでした。

2人協力プレイとか
博士だけは買わないとパワーアップが手に入らなかったのを
「なんでやねん」とツッコミ入れたいところも
実は、けっこう好き。
このゲームの雰囲気を楽しめれば良し
そうでなければ 逆に退屈するかもしれないです。

ボスキャラも色違いの使いまわしが多いし
ROM容量の問題もあるかもしれないけど
もう少しがんばって作ってほしかったなぁ。

 ☆ 裏技コーナー

・ 1人で2人プレイ
 パッドを1つだけでも2人用を選べる。
 2人を画面の左端に寄せて重ねて戦うと攻撃力が2倍になる。
・ 隠しコマンド
 同じキャラで2人同時プレイ
 プレイヤー選択画面でセレクト、ラン、II を押しながら I を押す。
 横スクロールのゲーム画面でポーズをかけ、以下のコマンドを入れる。
 ボス面へ飛ぶ ←、→、セレクト、→、←、セレクト、セレクト、ラン
 自滅  →、セレクト、←、セレクト、セレクト、ラン
 無敵  ↑、↑、セレクト、↓、II、セレクト、ラン



この記事へのコメント
sergeantさん
こんにちは、
これも好きだったゲームですよー。
1,2が好きで3はいまいちみたいな印象でした、、、。
大学のころ、友人たちとなつかしゲーム大会などを決行した折、借りパクされてしまい家に箱、説明書のみ残っています(泣)
借りパクって言う言葉もそーとー久しぶりに使ったような気がしますが、、、。
Posted by そうてん at 2007年02月01日 12:03
借りパク この言葉も懐かしいです。
故意か偶然か、借りたまま返さずにパクってしまう技です? 技?

それはともかく、自分も 3作とも買いました。
3はCD-ROMお決まりのパターンでグレードアップしてたけど
難易度がヌルくなりすぎて拍子抜けしました。
今でも思い出に残るゲームです。
Posted by 管理人 at 2007年02月01日 21:45
借りパクは共通語だったんですね、地方限定だったらどーしよーかと思っていたのですが。
昔はかなりのマゾゲーマーだったので3のヌルさは許しがたいものがありました。
Posted by そうてん at 2007年02月02日 10:51
3はゲームがあまり得意ではない親戚の子でも楽にクリアしてました。
PCエンジンの超低難易度ゲーム王だと思います。
Posted by 管理人 at 2007年02月02日 23:07
うおーっ!
これもなつかしいっ!
日本語の「に」の字もできなかった時代の話でしたw

PCエンジンを持ってなかったため、
クラスメートからファミコンと交換して遊んでいました。

母はステージをクリアしたあの「やったぜ!」ってセリフを、カントン語(中国語の方言)の「誰か盗み聞いてる」に聞こえたそうですw
Posted by Conan Rock at 2009年03月31日 22:56
ファミコンと交換してまで遊んだゲームということは、懐かしさもひとしおでしょう。
ところで、広東語での意味が「誰か盗み聞いてる」とは? 誰も予想もつかないですね。
Posted by 管理人 at 2009年04月01日 23:48
思い出ゲームがレビューされていたので、思わずコメントを。
このシリーズは特に2が大好きで…最近部屋の掃除をした際、押入れの奥からPCE本体とシュビビン2発掘したので遊んでみたのですが、10年ぶりくらいに遊んだにもかかわらず、今だにノーコンティニューでクリアできましたw
微妙に面の構成はうろ覚えになっていたのですが、指先が避け方を覚えていました。どれだけ遊び込んでいたんだか…。

1も独特のB級漫画っぽい雰囲気が大好きでした。3は…まぁ、ノーコメントと言う事で。
Posted by えて at 2010年11月20日 02:58
10年ぶりなのにノーコンティニュークリアしてしまうとは恐れ入りました。
やり込みの度合いがハンパないですね。
それだけ面白かったということでしょう。
Posted by 管理人 at 2010年11月20日 19:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32526824
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。