ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











武者アレスタ(MD)


◆1990年度作品 ◆発売元 東亜プラン
◆ハード メガドライブ ◆ジャンル シューティング

 コンパイル開発の縦スクロールシューティングゲーム。
名作の誉れ高い「アレスタ」のDNAを受け継ぎ
プレイする者に熱き心を呼び起こさせます。
もちろん、こちらも名作と呼ぶに相応しい完成度です。

ジャケットに「激闘ロボットシューティング」と
記されており、その名のとおり
「アームドアーマー」と呼ばれるロボットを
操作して戦う和風テイストに溢れたゲーム。
SF調や現実的なデザインを選ばず、あえて和風な
キャラクターデザインが、珍しくて新鮮に感じられ
見る者に強いインパクトを与えました。

とにかく 見た目が派手で、音楽の方も
ガンガンとウルサイくらいパンチが効いてます。
やかましいけど、この曲も良いですね、記憶に残ります。

musya-aleste01.gif

このようなアニメ調のオープニングもあります。
なお 本編はギャルゲーではないのでご安心を。
 「力」と書かれたパワーチップを取って
通常弾をパワーアップ & オプションをゲット。
さらに、特殊兵器アイテムを取ってパワーアップさせます。

同じ色のアイテムを取る度にパワーアップする
3種類の特殊兵器、2機まで付けられる
フォーメーション変更とストックも可能なオプションなど
結構 パワーアップは豊富です。

 A オプションのフォーメーション変更(6種類)
 B 特殊兵器の発射
 C 通常弾の発射
 ポーズ中に方向ボタンで自機のスピード変更(8段階)

操作は上記のとおり。

特殊兵器を装備している時は、一度だけならミスをしても
特殊兵器を失うだけで死にません。
しかも、特殊兵器の出現数も多めなので助かります。
派手に敵や弾が飛び交う割には難易度は控えめ
出てくる敵を早めに叩いていければクリアするのは楽な方です。

「もしかしたら、俺ってシューティングゲームが上手いのかな?」と
錯覚させられるような作りは、偶然か、それとも狙って作ったのか。
どちらにせよ、遊びやすいですよ。

今 これをクリアしろと言われたら、無理だとは思いますが
当時は思いっきりハマったゲームなんです。

musya-aleste02.gif

 メガドライブのシューティングゲームの中でも
自他共に評価の高い作品です。

細かい所まで演出も効いてますし
パワーアップや特殊兵装を装備して、敵を破壊するのが楽しい
シューティングならではのゲーム性もしっかり備えているので
見た目の派手さだけに終わらない内容の良さが光ります。
開発者側の「良いゲームを作りたい」と強く思う気持ちが
込められているのでしょう。

ちょっと褒めすぎたかな?
面白さの基準は人それぞれなので、一概には言えませんが
このゲームを悪く言う人は少ないと思います。
それでは、今日はこの辺でお開きにします。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。