ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











スカイリム(X360)


◆2011年度作品 ◆発売元 ゼニマックス・アジア
◆対応ハード プレイステーション3、Xbox360
◆ジャンル アクションロールプレイング ◆CERO Z

 テレビ画面に映し出されるグラフィックに圧倒!!
リアルに作られた世界を冒険するアクションロールプレイングゲーム。

skyrim01.gif

 The Elder Scrolls V SKYRIM

ジ・エルダー・スクロールズ、シリーズ第5弾。
もはやゲームでは王道的なファンタジックな剣と魔法の世界を大冒険。
広大なスカイリム地方を埋め尽くすかと思えるくらい多数のダンジョンと
絶句するほど多数のクエストを満載した
オープンワールドのアクションRPGであります。
点在する街を拠点に各地を行き来しながら
壮大な物語に沿っていくメインクエストや
やる、やらないはプレイヤー任せのサブクエスト。

どこに行って、どのクエストをプレイするのか?
人助け、泥棒、なんでもござれの自由度の高さは
本作に限らず、この手のゲームの定番の仕様であります。
ハンパない作り込みは流石に洋ゲーですなぁ。
また、生首がポロッとか出血など残酷描写も定番ゆえのZ指定ですから
18歳以上の方にのみ販売する規則になっております。(建前?)
私的には、倒した敵(死体)を漁って
金品を頂いて活動資金にするゲームですかね〜って・・・オイオイ。

それではスカイリムの世界をチョコッと覗いてみましょうか。

 今時珍しいオフライン専用のゲーム(ネット接続のマルチプレイ不可)なので
ネットの使い道は修正パッチとダウンロードコンテンツくらい。
1人黙々とプレイするスタイルはシリーズ共通のようであります。
近頃とんとコマンド入力タイプのロープレには食指が動かなくなってしまいましたが
コチラはアクションRPGですし
前から気になっていたゲームだったので買ってみたら・・・・・。

skyrim02.gif

 山あり谷あり、川や湖があれば海に面した場所もあり
複雑な地形はまるでプレイヤーの行く手を阻んでいるかのよう。
人々が住む街は城砦都市もあれば一軒屋があったりと規模は様々。
NPC(ノン・プレイヤー・キャラクター)たちが生活しており
生活感があって大変素晴らしいです。

街を歩いていると聞こえてくる物売りの声や人々の話し声
通りすがりに主人公に話しかけてくる人など
全て音声(ONにすれば字幕もあり)を流すとは気合の入れようがスゴイです。
主人公は選択肢のセリフ(コマンド)を選ぶので無音だけど
選んだセリフによっては分岐するクエストもありまして
プレイの仕方で事の顛末が変わってくるモノもありますぞ。

 さて、どうあがいても
プレイヤーの分身でもある主人公は敵との戦闘は不可避であります。
本作ではレベルを上げると、コチラに合わせて敵も強くなるため
普通にプレイすると多少の強弱はあれど
敵の強さのバランスが取れていると言えるでしょう。
※ あくまでも姑息な手を使わずに普通にプレイすれば。
アクションの難易度を変更可能ですし
そこら辺もプレイヤー自信の判断でご自由にですね。

 武器や盾、魔法は左右の手にそれぞれ装備(両手武器は除く)でき
攻撃と防御(防御は盾装備時のみ)を使い分けられます。
本作は使ったスキルだけ経験値を得られる仕組みなので
強化したいスキルは優先的に使いまくって強化していきますぞ。

 また、視点を1人称と3人称に随時変更可能。

skyrim03.gif

画像左、ある程度広い範囲を見渡せて視界が広くなる3人称視点
画像右、拡大され前方の視界に注視、迫力がアップする1人称視点。
どちらの視点にも一長一短はありますので
場面に応じて切り替えるのも一つの方法かと思います。

 そして本作でドラゴンは重要な役どころを演じているのであります。
ヘタな戦い方をするとヤバイ難敵なんですよね〜。
まぁ、ヘタすると野生の熊でさえヤバかったりします・・・。

skyrim04.gif

主人公はドラゴンを倒すと魂を吸い取る能力を持っており
ドラゴンの言葉も習得するごとにシャウトと呼ばれる特技を習得できますぞ。

 ざっと、こんな感じで軽〜くご紹介してみましたスカイリムですが
これでもか、ってくらいに多種多様なクエストがてんこ盛りで
これでもか、ってくらいに多種多様なアイテムもてんこ盛り。
これでもか、ってくらいに重厚な世界観とストーリー
そして箱庭ゲーならではの色々な生き方ができる自由度の高さ。
噛めば噛むほど味が出て、やればやるほどのめり込む。
こういったゲームと相性の良い人には、たまらない一品でしょう。

 ただ、巨大で複雑なゲームに付き物のバグも多く潜んでおり
運が悪いと残念な結果になる危険性が指摘されているのも事実。
パッチを当てて修正できる部分は修正するにしても全て解決する訳でもなし
危険と隣り合わせでプレイするようなものであります。

ダンジョンに入る時のデータの読み込み時間が長いですし
時々フリーズするわで、プレイヤーの忍耐力も問われそうですが
ライトユーザーがスカイリムをプレイしたがるはずもなく
その点では大きな問題にならないかもしれません。
・・・・・いやいや、やっぱりフリーズはやめてくれ〜。










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/323417826
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。