ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











悪魔城ドラキュラX 血の輪廻(PCE CD)


◆1993年度作品 ◆発売元 コナミ
◆ハード PCエンジン ◆ソフト CD−ROM
◆ジャンル アクション

 ファミコンディスクシステムの名作でコナミの看板ゲームの1つ
「 悪魔城ドラキュラ 」が、PCエンジンにも進出。
シリーズ初のCD−ROMソフトで、大容量を生かした
CD音源のBGM、声優出演によるアニメ調ビジュアル等
CDソフトとしては定番といえる構成ではあるが
元祖のゲームシステムを受け継ぎながら
しっかりと作りこまれた正当進化型のアクションゲーム。

主人公は、ヴァンパイア・ハンターの一族
ベルモンド家の末裔、「 リヒター・ベルモンド 」。
ムチをメインに、使用するたびにハートを消費する
数種類のアイテム功撃と、新たな必殺技アイテムクラッシュを駆使して
魔物の巣食うドラキュラ城に挑む。

 オープニングのナレーションは外国語で、英語ではないです。
この英語じゃないところが、ヨーロッパをイメージさせますね。
雰囲気バッチリ、気分も乗ってドラキュラ退治にGO!

開始早々 「そなたの力 試してしんぜよう」と偉そうな口ぶりで
ドラキュラシリーズの名物男、「 死神 」の登場。
だが、ちょこっとダメージを与えただけで
すごすごと退散していく死神のとっつぁん。

単なる冷やかしだったようです。

 リヒターが街へ着くと辺り一面火の海。
暴れまわる魔物を蹴散らしながら一路ドラキュラ城へ。

dracula04.gif

門番のワイバーンとの一戦、一応ボスキャラです。
ザコは軽くヒネって、城内へ突入します。
ファミコン版ドラキュラ城を思わせる城内のグラフィックは
知っている人には、ものすご〜く懐かしいです。

このゲームはドラキュラ伯爵を倒すのが最終目的だけど
その前にやらねばならない事があります。
それは、城内のどこかに閉じ込められている女性達の救出で
無事救出すると、ビジュアルシーンになります。

dracula05.gif

当時のCD−ROMゲームの流行パターンを
抜け目無く ちゃっかり取り入れてますね。

救助対象は 全部で4人いて、その中には助けると
プレイヤーキャラとして使える女性もいます。
女性といっても年端のいかない少女で、名前は「 マリア・ラーネッド 」。
ベルモンド家の遠縁にあたり、ヴァンパイア・ハンターの素質十分!!

いや、前言撤回します。

素質が十分すぎて困るくらい強いですよ、この子は。
マリアだけの操作に、2段ジャンプ、スライディングがあり
アイテム攻撃も彼女専用の独特な技ばかり。

dracula02.gif

はっきり言ってリヒターよりも強い!!
なにしろリヒター自身、「この子にゃ負ける」と自信を失ってましたから。

そして マリアを使うと、ホラーアクションゲームのイメージが強い
悪魔城ドラキュラが、ほのぼのとしたお笑い系アクションゲームに
大変身してしまうのであります。

なので、マリアを使うのは
1度リヒターで全面クリアするまで辛抱した方が良いと思います。
まずは、前作譲りの正統派スタイルでプレイすべし。

 また、ステージ内で自分の進んだ進路により
別のステージへ分岐する場合もあり
一度プレイしただけでは、全てのステージへは行けないので
複数回のプレイが必要です。

この複数回のプレイも苦にならないどころか
何回でもプレイしたくなるPCエンジンの名作アクションゲームです。
難易度も初代ファミコン版よりも下がり
適度な難しさに調整されていて遊びやすくなっています。

ただ ドラキュラにギャルとビジュアルは蛇足かな?
時代の流れで、その時々の流行がありますから
どう受け止めるかは人それぞれですが
これが無くても面白いゲームであることは間違いありません。

 最後に一言

それにしても、弱冠 12歳かそこらの小娘に負けるとは
ドラキュラも落ちぶれたものよのぉ・・・。



この記事へのコメント
はじめて、お邪魔させていただきます。

私は、『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』のほうをはじめにやったのですが、あんまりおもしろかったので、その前作である『血の輪廻』もやってみたいと思い、ショップに行ってみたら、値段が普通に5桁もして、腰を抜かしましたw。
その後、運よく安く入手できたので、やってみたのですが、今度はマリアがあんまり違っていたので、腰を抜かしましたw。
あれ別人じゃないですよねぇ。

個人的には、鳩を飛ばすんじゃなくて、蹴りでモンスターをぶっ殺すほうが好きですねw。
Posted by げばらの髭 at 2007年01月20日 00:30
コメントありがとうございます。自分も5桁もするゲームは買う気が失せます。
本作のマリアはドラキュラの世界とは異質な者ですね。
リヒターとの差別化が激しすぎて、こんなのアリですか? と突っ込みたくなります。
例えば、亀の甲羅に隠れる姿が笑いを誘います。
まぁ、面白いからそれはそれで良いんですけどね。
Posted by 管理人 at 2007年01月20日 01:06
このゲームシステムカード2.1以下で起動すると「どたきゅらペケ」というミニゲームができますね。
Posted by あさかながもり at 2007年01月20日 19:17
そうです、X が ペケになるんです。
このミニゲームを遊びたいだけの理由で
旧システムカードを後生大事に持っているんです。 \(^ー^)
警告メッセージの前にミニゲームっていうのも遊び心があって面白いですね。
Posted by 管理人 at 2007年01月20日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31723910
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。