ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











メガドライブカセットも電池交換しますか?


 ゲームカセットの電池交換シリーズも これで見納め。
最後を飾る3部作完結篇は、ついに あの問題児が登場!!

数多くのマニアックなゲームソフトのラインナップでその名を馳せ
ゲームマニアを虜にしてやまない闇のカリスマ。
この 魅惑の暗黒ボディに金色16ビットの後光がさす
メガドラ教 の教祖 【 メガドライブ 】様は
至る所で「 メガドライバー 」と呼ばれる信者を獲得し
規模は小さいながらも 熱烈な支持を得たのである。
だが、時の流れは残酷で情け容赦はなく、現在では見る影も無い。

こんなメガドライブのバッテリーバックアップカセットも
この際だから電池交換をやってしまいました。

Wiiではネットから有償でダウンロードして
メガドライブや他のゲームを楽しめるサービスがありますが
あくまでも実物にこだわる人には、避けて通れない道があります。

それは カセット(セガはカートリッジと呼ぶ)に内蔵している
セーブデータ保存のための バックアップ用電池消耗による
データ消失 ならびに セーブ不能です。
消失は止むを得ないとしても、セーブできなきゃ
ゲームができないのと同じ事。

だから、意地でも電池交換をやるしかない。


 いつもの通り、まず初めにやるのはカセットの分解です。

カセットの裏に貼ってあるシールの両端を少し剥がすと

md02.jpg

ネジで固定されているのが見えます。
幸い 普通の+ネジなので一安心。

メガドラのネジも、ジェネシスのカートリッジのネジ位置と
同じではないかと予想してシールを剥がしたら
ドンピシャリ、ありましたね、ここに。
(ジェネシスのネジは丸見えで、しかも特殊ネジ)
それと カセットの表面に貼ってあるシールは
なんと! 裏面まで伸びているため、こちらも剥がしましたが
きれいに剥がせません、シワになって見苦しさ大爆発!!

それにもめげずに、ドライバーで裏側を外すと

md03.jpg

「どこのメーカーのカセットを分解しても似たようなもんだなぁ」と
思いつつ 気分を変えて別角度からの写真もUP。

md04.jpg

 使われているリチウム電池は、商売敵と同じ CR2032。

前回のファミコン系カセットの時と同じく
半田こてを使い、電池金具の半田を溶かして電池部分を取り去ります。
この時、半田吸い取り器があればなお良し。
まぁ 無くても、大して困らないけど。

ここで、取り外した電池の電気の残量を
バッテリーチェッカーで計ってみます。
メーターの針の位置が、緑ならOK、黄色なら少ない、赤ならダメ。
表示は実に判りやすいです。

結果は・・・・・緑と黄色の境目より微妙に黄色に近いかな。
電池を換えなくても数年は持ちそうです。
だけど、分解した以上交換します。

 ネットで検索したら CR2032用の
電池ケースを売っているサイトが見つかったけど
自作派なので、買わずに作っちゃいます。
買ったほうが無難な気がしますが・・・それでもやる!

 ※ 耳寄り情報

 最初から電池金具が溶接されている
 タブ付きコイン電池 CR2032を購入すれば
 電池ケースの必要もなく、ゲームカセットの基板に
 直接 取り付けられます。(工具は、半田と半田こてが必要)

md11.jpg

厚さ1ミリのプラバンを上の写真のように加工して
電池の厚さに合わせて何枚も作り、接着剤で張り合わせます。
最終的にはヤスリで削って、厚さを微調整します。
これに、元の電池に付いていた金具を外して
取り付ける面倒な作業の末、自作電池ケースが完成。

ネジ穴部分に合わせて自作電池ケースを削り
カセットに取り付けられるようにしたら
基板に電池ケースを半田付けします。

md07.jpg

 新しい電池を入れて、カセットをネジ止めすれば ほぼ完成。
シールの剥がした部分を貼り直し
メガドラに挿してテストプレイ開始。

ゲームをセーブしたら 一旦 電源を切り、再度電源をいれ
データをロードして確認します。
正常に動作してたので、これで作業は全て終了。
後は煮て食うなり焼いて食うなり、好きにします。

ところで、古い物なのでシールの粘着剤も硬く
粘着力も弱くなってるから 付きが弱いですね。
時間が経つと端が少し剥がれてきました。
また、剥がす時に 破れたり汚くなったり

md12.jpg

こんな風になってしまいましたがな〜。

この部分はシールのカセットの表と裏の合わせ目を
カッターナイフで切り離した方が良かったと思いました。

 最後に、今回のシリーズで使用した工具の一覧です。

・ 半田こて
・ ヤニ入り半田
・ 半田吸い取り器(無くてもかまわない)
・ プラスドライバー(メガドライブ用)
・ 小さいマイナスドライバー(ファミコンカセットこじ開け用)
・ 特殊ネジドライバー(スーパーファミコン用)

 自作電池ケース製作に使用
・ 円周カッター(コンパスカッター)
・ 平ヤスリ
・ 丸ヤスリ
・ カッターナイフ

 自作用に電池受け金具取り外しに使用
・ ミニルーター
・ ミニルーター用ドリルスタンド
・ ミニルーター用 ダイヤモンド砥石 直径3ミリ
・ ドリル刃 直径2.4ミリ 

以上であります。


 ※  関連記事

 ファミコンカセット電池交換はこちら

 スーパーファミコンカセット電池交換はこちら



この記事へのコメント
はじめまして
私ぬぴんというものです。
メガドラの電池交換と入れたら
こちらにたどりつきました。

いや、すごいですね!
こんなになっていたんですね。
僕も趣味で電池交換をしては
まだまだRPGはファミコンだ!
とかいうタイプなので
できればバックアップ電池の
ついているものは、
全て交換を攻略したいなと思っております。

私ディスクシステムが大好きで
ディスクカードを集めております。
よろしかったら僕のHPにも遊びに来てください、。
そりでは
またきます。
Posted by nupin at 2007年02月20日 21:43
こちらこそ、はじめまして。
ファミコンカセットの電池交換を全部するのですか? 頑張ってください。
何の足しにもならないとは思いますが、応援させていただきます。
ディスクカードにも、面白いゲームがありますよね
いっぱい集めて充実したゲームライフを楽しんでくださいませ。
Posted by 管理人 at 2007年02月20日 23:13
はじめまして。前にメガドライブ電池交換やってみたんですがうまくできなくてざせつしました。有償でやってもらえるお店探してもメガドライブはやってないみたいですね。電池交換頑張ってください。
Posted by タッケ at 2015年01月24日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。