ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











やればできる! ファミコンカセット電池交換


 ゲームカセットにバッテリーバックアップを採用し
ゲームのデータをセーブできるようになって久しい。
古いものは軽く10年以上、時間が経過してるので
内蔵されてる電池の命も あとわずか、風前の灯であります。

今さら使うことは無いと思いながら
近頃 解体癖がついてしまった勢いで
バッテリーバックアップ付きのファミコンカセットを
思い切って分解して、自力で電池交換をしてみました。

これは、その時の解体記録です。

fami11.jpg

 今回 生贄に捧げられたカセットの背面にある 注意書きを読むと
「リチウム電池は有償で交換させていただきます」の文字があります。

現在でも電池交換してくれるのだろうか?
可能なら メーカーに頼んだ方が無難なのですが
それでは、工作好きな 自分の解体欲を満たせない。
そして 何より、ブログのネタにもなりませんので
意地でも自力での電池交換にチャレンジです。

カセットを開けないと仕事にならないので
まず ドライバーを使ってこじ開けます。
上面の端にある四角い穴に突っ込んで
グイグイ、グリグリと悪戦苦闘、なかなか外れません。

かなり手こずった末、カセットの表と裏、それぞれに分離成功。
ただ、その時 4箇所あるツメのうち
1つを折ってしまったのは ちょっと痛い。 どうしよう?

fami14.jpg

ツメを折ったのは仕方がないと諦め、電池の取り付け部分を見ると
やはり電池に金具が溶接されとりますがな〜。
以前解体したPCエンジンの天の声バンクの時と同じです。
ゲームカセットの電池は、製造コスト絡みで
電池受け金具と溶接が基本らしい。

さて 半田こてで 基板と電池受け金具の接点の半田を溶かし
電池ごと基板から取り外します。
金具は後で使うので、ラブラブ状態の電池と金具を引き離すのに
ミニルーターに、ダイヤモンド砥石とドリル刃を併用して
溶接されてるポイントのみを削りました。

小さなマイナスドライバーを、電池と金具の間に入れれば
無理矢理 取る事も可能でしょうが
後で使う事を考えれば、できるだけ金具を曲げたくない事情があります。

fami16.jpg

電池を取り外したゲームカセットの基板。

fami17.jpg

取り外すために、溶接部分に穴が開けられた金具。
大きく開けすぎた穴もあるけど、気にしない気にしない。

 ここまで来ると、電池ケースを基板に
半田付けする作業に入るのですが
その前に一仕事、電池ケースもハンドメイドで作っちゃいます。

ネットで検索して、リチウム電池 CR2032用の
電池ケースを販売しているサイトを探せば、そこから購入可能です。
買ったほうが安全で確実ではありますが
そんな事、自作マニア?には 無用の長物でしかありません。
早速、プラバンを切り取り加工開始です。

 ※ 耳寄り情報

 最初から電池金具が溶接されている
 タブ付きコイン電池 CR2032を購入すれば
 電池ケースの必要もなく、ゲームカセットの基板に
 直接 取り付けられます。(工具は、半田と半田こてが必要)

fami12.jpg

このように 厚さ1ミリのプラバンを電池の厚さに合わせて
何枚も同じように切り取り、接着剤で張り合わせます。

fami13.jpg

さらに一歩加工が進んだ状態の自作電池ケース。
カセットの大きさの関係で 収納スペースが小さいので
あちらこちらカットしないと入らないです。
そして、金具と電池も入れて厚さを調整したら
金具とプラバンを瞬間接着剤で接着します。

電池ケースの厚さは、約5ミリが上限ですね。
厚すぎるとカセットの表と裏を合わせ取り付けた時に
完全に閉じられず、隙間が開きます。

自作電池ケースを基板に半田付けすれば出来上がったも同然。

fami19.jpg

真新しいリチウム電池を入れれば ハイ、この通り。
カセットを組めば電池交換作業は終了です。

最後に 実際にゲームをプレイしてデータをセーブします。
ファミコン本体の電源を入れなおして
セーブデータが消えずに残っているかを確認。

無事にセーブデータが保存されていました。
めでたし、めでたし。


 ※  関連記事

 スーパーファミコンカセット電池交換はこちら

 メガドライブカセット電池交換はこちら



この記事へのコメント
以前、ファミコンのクリアできないまま電池切れになっていたMight and Magicを
同じようにこじ開けて(つめをひとつ折り)電池をビニールテープで固定したら
問題なく動作しましたが
やばかったでしょうか・・

その後クリアまで1年ぐらいかかりましたが、無事でした
Posted by toko at 2011年05月31日 07:22
カセットを強く振ったりするとヤバイかもしれないけど、普通に使う分にはビニールテープでも大丈夫でしょう。
Posted by 管理人 at 2011年05月31日 19:14
そうですか〜
ありがとうございます!
Posted by toko at 2011年06月01日 10:01
FF3がPSPでリメイクされるとのことでFF3がやりたくなったので電池を交換しました。
でも、データを消したくないのでバイパスを新しい電池とハーネスとビニールテープで作成し簡易固定みましたら無事データ保持できました。

あと、ロムの分解は割り箸を使うと傷が付きにくいですよ。
自分も最初はドライバーで傷をつけてしまいましたから。
Posted by MOP at 2012年07月01日 22:34
無事にセーブデータを残せてなによりです。
電池切れに怯えることなく思う存分プレイしてください。

ドライバーさえあればと、割り箸を使うのは考えもしませんでした。
傷が付きにくいのは朗報ですね。
Posted by 管理人 at 2012年07月02日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31256213
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ファミコン・スーパーファミコン・メガドライブの電池を替えたい!
Excerpt:  お店が冠水時に沈んでいた電池をふと見て思い出したのですが、ファミコンの電池って自分で交換している人もいたような・・・? 人間、あまりにも大変な状況に陥るとふと余計な事を考えてしまうものです(笑) ..
Weblog: ファミコンプラザゲーム最新情報
Tracked: 2008-08-30 21:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。