ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 −地球編−(PD)


◆1994年度作品 ◆発売元 バンダイ
◆対応ハード プレイディア ◆ジャンル アドベンチャー

 あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
と言うことで、新年の挨拶もそこそこに
2013年、1発目にご紹介するゲームがこちら。

dragon-ball-z01.gif

 古くはファミコン時代から
それはもう、様々なゲーム機で腐るほど発売された
ドラゴンボールを題材にしたゲームソフトの一つです。
ファミコンソフト「 ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画 」が
アニメ化されており、このアニメ版を基に制作された物のようですが
プレイディアでのゲーム化にあたり改変が行われ
地球編と宇宙編の2作品が発売されています。

 ちなみに、94年にヒッソリと生を受けた
バンダイのゲーム機プレイディア。
かなり動画再生機に近い能力を持ったマシンなので
マルチメディア機の末席に名を連ねるイメージがピッタリはまります。
この聞き慣れない名前のゲーム機から
プンプン漂ってくるマイナーな香りも
思う存分嗅ぎ取っていただければ幸いであります。

 本作はコマンド選択型のアドベンチャーゲームで
選択肢を選んだら、その選択肢に沿った内容の動画が再生され
また次の選択肢へと続いていきます。
全編アニメーションでゲームをプレイできるのは
動画再生に特化したプレイディアならではの真骨頂
・・・と言うより、それしか取り得がないんですけどね。
※ 昔のLDゲームを彷彿とさせる作りです。

それでは、プレイディア版ドラゴンボールZの始まり始まり〜。

 悟飯がまだ子供の頃のお話。
ミスター・ポポから生物を死滅させるデストロンガスが
地球に広がっているとの情報を得た悟空と悟飯は
さっそく解決策を求めて、いざ出発。

dragon-ball-z02.gif

ご覧の通り三択になっておりまして
誰に聞きに行くか、選んで決定します。
ここでミニゲームもどきをクリアすると
カプセルコーポレーションのブルマの所に行けと教えられます。

dragon-ball-z03.gif

到着後、悟飯がパソコンでデストロンガスの発生場所を探すシーンになり
選択肢の中から怪しそうなのを選んでいって、3つの場所を特定。
場所が判明すれば、あとは行くだけであります。
ところが
地球の危機を嗅ぎ付けて加勢に現れたピッコロと悟空、悟飯の前に
謎のモンスターが立ちはだかり、襲いかかってくるではありませんか。

dragon-ball-z04.gif

右の画像はお決まりの三択コースですぞ。
選んだコマンドの動画を再生する・・・の繰り返しで戦闘が行われます。
ちなみに、選んだコマンドの動画は再生されますが
選ばなかったコマンドの動画は、当然の如く再生されないので
1回のプレイで本作全ての動画を見るは不可能。
全部見るのなら複数回のプレイは必須であります。

 さぁ、ザコを軽くひねったら今度こそ出発です。
3人で手分けしてデストロンガス発生装置の破壊に向かいますぞ。

dragon-ball-z05.gif

こちらも三択ですが
プレイする順番を選ぶ形になり最終的に3人全員使います。
そして目的地に着くと、今度は四択に。

dragon-ball-z06.gif

正解はこの中の一つですが、もちろん
他の場所に行くと場所ごとに別の動画が再生されますぞ。
寄り道するのもゲームのうちであります。

dragon-ball-z07.gif

ドラゴンボールの歴史を飾った名脇役たち。
敢えて名前は書きませんよ。
彼らの名前を思い出してあげよう。

dragon-ball-z08.gif

 そして、ついに発生装置を発見した悟空に
お約束の敵が待ち構えていましたが無問題。
難なくザコを撃破後、サイトバトルに突入です。(画像右)
時計回りに回転するサイト(照準)が
弱点に重なるタイミングでボタンを押すルーレット方式。

こんな感じで3台を破壊し一段落したのも束の間
ブルマから氷の大陸に新たな発生装置発見の知らせを受け急行。
次から次へと湧き出す大量のザコ敵相手に
3人共闘によるサイトバトルで応戦です。

で、軽〜く4台目を吹き飛ばしたら西の都でラストバトルを残すのみ。
ベジータとトランクス(未来から来た方)が合流したところで
見覚えのある敵が姿を現したのであります。

dragon-ball-z09.gif

そんなバカな、ビックリ仰天の悟空とベジータ。

dragon-ball-z10.gif

おそらく、ココからが本作の見所でしょう。
5対5のバトルが始まりますぞ。
例によって三択のコマンドを選ぶのですが
5回連続で成功させないとクリアできません。
不正解のコマンドを選ぶと1人目からやり直しであります。

ところが、ここで1度ゲームオーバーになったんですよ。
ゲームオーバーの動画を見るためには、負ける必要がありますからね。
・・・・・いや、本当言うと意図しないで負けちゃいましたがな。

 と言うことで、2回目のプレイでクリアいたしました。
選択肢により少々展開が異なるので
複数回のプレイに耐える仕様ではありますが
よほど寄り道しても1プレイが1時間もかかりませんし
寄り道なしにして、正解だけ選ぼうものなら・・・・・。
ちなみに、宇宙編を捕獲してないので続きはできませんでしたとさ。

 さて、動画再生マシンのプレイディアでありますが
1秒あたりの表示コマ数が少ないため
本作においては、まるで残像が出ているかのように
前後のコマがダブって見える箇所があったり
スクロールがカクカクするので、とても残念。
しかも、ボタンを入力してからの反応が鈍いのも
プレイディアの性能の成せる技。
同年に発売された
プレイステーションやセガサターンと競合しないように
小学生をターゲットにアニメなどのキャラクター物で
隙間狙いの勝負を仕掛けたのでしょうが、これではあきまへんなぁ。

はなっから勝負にすらならず非業の最期を遂げたプレイディアに合掌。
ご冥福をお祈り申し上げまして、本日はこれにて終了といたします。




この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
このゲームは、私も持っているのですが、いかんせんプレイディアが買った時から壊れているので、ずっと未プレイのまま放置しておりますw

当時、ターゲットにされた世代な私ですが、さすがにこのゲームの為だけにプレイディアは買えませんでした。。。
ただ、このゲームを基にしたビデオを当時見ることができたので、どっちにしろそれで充分だったんですけどねw

そんなわけで、今年もどうぞ宜しくお願いいたしますです。
Posted by 二条ジョウ at 2013年01月06日 23:41
あけましておめでとうございます。
このゲームはもっと早くに書くつもりだったのに他の積みゲーとの兼ね合いもあり延び延びになっておりました。
ところでアニメが先と思ってましたが、もしかしてゲームが先だったのでしょうか?
後で調べてみます・・・・・。
こんな管理人ですけど本年もよろしくお願いいたします。
Posted by 管理人 at 2013年01月07日 18:52
追伸 よ〜く調べてみたらFCのゲームが先でした。
新年早々のミステイクでありましたが記事の該当箇所を修正いたしました。
これで大丈夫でしょう・・・たぶん。
Posted by 管理人 at 2013年01月07日 20:40
明けましておめでとうございます。
まさか新年一発目がプレイディアとは。
プレイディアはあまり知らないのですが、このようなゲームが発売されていたのですね。
1プレイ一時間以内でクリアーできるというのは……これはゲームなのでしょうか?
しかしプレイディアのようなマイナーなゲーム機は嫌いじゃないですよ。
ピピンアットマークとか……あまりよく知らないのですが、ありましたね。

ということで、今年も楽しく拝見させて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します。
Posted by スターマン at 2013年01月08日 22:21
あけましておめでとうございます。
今年のスタートは大コケしたプレイディアちゃんのゲームで飾ってみました。
大して苦労しないでクリアできる1時間と
アクションやシューティングなどで、たゆまぬ努力の結果1時間でクリアできるようになったのとは濃度が違いすぎるわけですが
小学生くらいの低年齢層を狙っていたのと本体の性能の低さもあって
シンプルで超低難易度のゲームを出すのがプレイディアの戦略であると同時に限界だったのでしょう。
一応、これもゲームと言うことで今年もよろしくお願いします。
Posted by 管理人 at 2013年01月09日 19:12
小学生の頃に店頭で試遊できるものでプレイしたことがあります。
ゲーム大好き少年であった私が、生まれて初めて「ゲームって、ただの繰り返しで、本当はつまらないのかな…」と、何かを悟りかけた思い出のゲームとなっております。
ですが、今でもゲームは大好きであります。
Posted by ポール at 2014年08月07日 16:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。