ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











Xbox360(X360)


◆2005年発売 ◆マイクロソフト
◆スタンダード 39.795円 コアシステム 29.800円

 パソコンのOSでトップのシェアを誇る Windows で有名なマイクロソフトが
初代Xboxの後継機として世に送り出したゲーム機。

xbox360.jpg

 巨大な弁当箱と揶揄された先代とは似ても似つかぬ
スタイリッシュでスリムなデザインに生まれ変わった360は
20GBのハードディスクを搭載したスタンダードと
ハードディスク非搭載のコアシステムの2タイプで登場。
高精細なHD画質に対応しており
ハイビジョンの液晶テレビなどでゲームソフト本来の画質の良さを
存分に発揮できるゲーム機としてライバル他社より先んじて市場に投入されます。
2012年12月現在、PS3、Wii U と並んで
HD画質でゲームをプレイできる家庭用ゲーム機の一台であります。

 初期のモデルはHDMI端子を搭載していませんでしたが
2007年以降のモデルより採用。
同年、本体カラーをブラックにして 120GBハードディスクを搭載した
高級志向のエリート 47.800円を発売。

翌2008年、スタンダード60GB 29.800円
コアシステムは終了とし、代わりアーケードと名を変え19.800円で発売。
エリートは39.800円へ値下げされた後
段階的に値下がりが続き24.800円で打ち止めに。

どのゲーム機も徐々に価格が下がっていくのはセオリーなんですね〜。

 また、旧世代機Xboxのゲームソフトの一部を
エミュレーションにより360でプレイできる互換機能を追加可能です。
動作を完全に保証できない場合もあるようですが
対応したゲームと互換性があるのは嬉しいところ。
まぁ、その後は互換機能に対応したソフトは増えずにほったらかしですけどね。
金にならないことはしない・・・流石マイクロソフトであります。

 コントローラはワイヤレスが本体に付属してますが
USB接続の有線のコントローラ(価格控えめ)もあり。

xbox360 controller.jpg

コントローラ中央の椎茸・・・もとい
ガイドボタンを押すと、コントローラ及び360本体の電源ON。
ダッシュボード(メニュー画面)でゲームの起動や本体の設定など
いくつかの機能を使えるようになっております。

 ゲーム機としてのコンセプトが近く同じ方向を向いているため
何かとライバル視され比較されてきたPS3のコントローラと比べて
ボタンの種類と数は同じで振動機能もあり。
大きさは少し大柄になり、割と手応えを感じる重さがあります。
電源は単三乾電池2本、または別売の専用バッテリーパックを使用。
スタートボタンとバックボタン(PSではセレクトに該当)が
コントローラの大きさやスティックの配置に違いがあるのと
樹脂製になっているので押しやすくなってます。
反面、方向ボタンが やや斜めに入りやすいのでその点はマイナス。
ただし、方向ボタンに関しては斜め入力の感度を切り替えられる
コントローラも発売されているので、ゲームによってはそちらが使いやすいかも。

少々重く方向ボタンの操作性も少々気になりますが
全体的に見てかなり使いやすいコントローラなのは確かです。

 周辺機器は、メモリーユニット(旧型360専用のメモリーカード)
充電式のバッテリーパックや専用の充電器、ヘッドセット
コントローラを使わず体を動かしてゲームを操作するキネクトなど
独特のモノも発売されておりますぞ。
※ USBメモリーも使えるからセーブデータのバックアップとか
その他の用途に活用できます。

 そして何よりも
ハードディスクにゲームを取り込む(インストール)することにより
DVDドライブの騒音から逃れることが可能になるんですよ。

そうなんです〜、何を隠そう
360は爆音ドライブを搭載しておりますので
回転音が気になって気になってどうしようもありません。
少しでも快適にゲームをプレイするためには
DVD−ROMからデータを読ませずに
ハードディスクからデータを読ませるのが賢明な処置でしょう。
※ DVDドライブを納入しているメーカーは3社。
メーカー別に騒音の大きさに差があるらしい。

ただ一部にインストールできないゲームソフトもありますので
旧型360は、チョッと困りモノ。

 そこで新型Xbox360が、俄然引き立つ訳であります。

xbox360s.jpg

2010年にモデルチェンジした360Sは
250GBハードディスク搭載型29.800円と
4GBの内蔵メモリ搭載型19.800円の2タイプあります。
本体デザインの変更と共に、一回り小さくなって軽量化。
消費電力だけでなく騒音も抑えられ静かになりましたぞ。
DVDドライブの騒音が小さくなって万々歳
冷却ファンの風斬り音は聞き取れないくらい静かなのです。
ゲームをインストールしてしまえば
夜間、物音一つしない状況の中でも
ゲーム機本体から発生する音が全く気にならないレベルまで低下しました。
4GBモデルは論外として360Sの静かさは特筆に価しますぞ。

 とは言え
海外ではトップのシェアを持つXbox360も
日本では苦戦を強いられ最下位に甘んじているのが現状。
性能的には申し分のないゲーム機なのですが
一般のファミリー層への認知度が低いのか
はたまた、ゲームソフトの受けがよろしくないのか
普及台数は振るわないまま。

一度手にとってプレイしてみれば
PS3に勝るとも劣らない力を持っていると実感できるハズ。

しかし、360でしかプレイできないゲームもありますが
PS3と360にマルチで発売されるゲームが多い現状では
360本体を買ってまでプレイしたいゲームが複数ないと
相手にされないのも無理らしからぬことであります。
自宅でテレビを占有できるコアなゲームユーザーの支持は得られても
さらなる普及、発展は日本では望めないでしょうねぇ。

 ところで、新型の噂もチラホラでておりますが
ウチでは当分の間、360とPS3の2大政党制が続きますよ。
もちろん、ゲームソフトは中古で安くなってから買い漁る作戦でいきます。
旬は逃しても、取りあえずプレイできればOKなのでありました。




この記事へのコメント
多分、来年360を購入することになりそうです、、、、

シューティングが、、、アーケードSTGがPS3に移植されない、、、、、
Posted by そうてん at 2012年12月27日 17:15
どうあがいても360でしかプレイできないゲームがありますからね。
そういう事情なら音が静かになった黒いヤツを捕獲してSTGに励んでくださいませ。
Posted by 管理人 at 2012年12月27日 19:39
Xboxは一度しかプレイしたことがありません……。
地球防衛軍3のためにXboxの購入を考えたことはあるのですが、VITAで発売してしまったのでVITAの方を購入したので買わずじまいでした。
今後もご縁はなさそうです……。
Posted by スターマン at 2012年12月28日 10:50
私のように病的に買ってしまう輩はともかく、よほどプレイしたいゲームが発売されてないと本体は必要ないのが普通ですよ。
それはともかく地球防衛軍は次回作が楽しみであります。
Posted by 管理人 at 2012年12月28日 19:25
記事を拝読しました。xbox360(x360)が最初に登場してから、もう8年を経つのですか。早く感じます。
Posted by ハードディスク PS3 at 2013年06月03日 11:33
もうじき360の後継機が姿を現すようですし、時の流れは早いものです。
Posted by 管理人 at 2013年06月03日 19:38
こちらはMicrosoft本拠地アメリカ、PS2と対戦に敗れ
半壊した初代XBOXがいた、アメリカ、ヨーロッパで
任天堂ゲームキューブとの対戦でゲームキューブ中破させ
XBOXは判定勝ちしたものの、SCEプレステ2との戦いでは
性能で格下のプレステ2を小破させただけで逆にXBOX
が半壊、日本には上陸失敗など散々な結末だった、Microsoftは敗因を分析、対SCE、対任天堂戦略を練り
北米をプレステ2からシェアを奪いかつてアタリ2600他
アメリカ製ハードの栄光時代を取り戻すこと。
Posted by tik at 2013年08月11日 02:22
漬物石と揶揄されたこともある初代の箱も、今となっては懐かしいです。
四の五の言わずに買っておけばよかったかも。
Posted by 管理人 at 2013年08月12日 23:33
第七世代で大きく成長し、日本こそ失敗したものの
持ち前のPCノウハウとhelloで地元北米でPS3に勝ち
wiiには始め圧倒されるもkinectによる体感ゲームに
より2009年からSD機で性能限界によりサードが少なくなり
失速したwiiに逆転し再び任天堂ハードを子供層やライトに
追いやり、更にハイエンドAAAタイトルにより
ついにアタリショック以来再び欧米ゲームの繁栄に
貢献など一件調子良いように見えるXbox360だが
真の敵はSCEでも任天堂でもなく自分自身、Microsoft本社が獅子身中の虫だった。
Posted by t at 2014年01月01日 18:36
一般層へのウケはイマイチ…というかボロボロだけど、ゲーム好きには良いマシンなんですけどね。
Posted by 管理人 at 2014年01月05日 20:46
対PS3CELL封じマルチタイトルの罠に誘いこむ
そうPS3はCPUのCELL搭載、更にBlu-ray搭載や
久夛良木氏得意のハッタリを差し引いても総合性能は360を上回るのは確実。
しかしXBOX360はGPU性能ではPS3より上で更に高速DVD
更にedoramを補助に使えば性能補強、更に当初生産コストや値段は同じHDゲーム機のPS3より安く、ソフト開発も先代同様PC開発ノウハウ流用でき、CELLの性能引き出しに開発難しいPS3より有利、これは地元アメリカだけでなくヨーロッパでも有利な条件、しかし無理な先行がたたり。
レッドリングオブデスの致命的な故障、ディスクに傷がつく問題が。
Posted by t at 2014年03月23日 14:22
発売当初は故障が多かったらしく、マイクロソフトも人泣かせであります。
360に限らず初期型は人柱上等な覚悟がないと買ってはいけないのかも。
Posted by 管理人 at 2014年04月01日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/309498149
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。