ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ザ・野球拳スペシャル 今夜は12回戦(SS)


◆1995年度作品 ◆発売元 ソシエッタ代官山
◆ハード セガ サターン ◆ジャンル バラエティ

 彗星のごとく登場した お子ちゃまお断りゲームの決定版。
あの「 野球拳 」を家庭用ゲーム機 セガサターンで完全再現!!
サブタイトルの「 今夜は12回戦 」が意味するものは・・・?

 まず 野球拳とは何か解説しよう。
野球拳は日本が誇る宴会芸の1つで
数人で編成されたチーム同士の対抗戦である。
お囃子に乗り、野球の振り付けで踊りながら
歌詞の最後「 ヨヨイのヨイ 」に合わせてジャンケンをする。
もちろん、勝ち数の多いチームの勝ち。
これが 本家 本元のオリジナルなのであります。

そして時は移り、やがて人間の煩悩が
野球拳に新たなルールを追加したのです。
いや 煩悩よりおぞましい人間の本能の一部(エロ)が
己の欲求を満たすべくアレンジ(脱衣)を加えた
罰ゲーム形式の野球拳が一般に認知されるようになったのでした。

 本作は後者のルールを採用しています。
その結果、説明書に以下のような記述があります。

seijinyou.gif

そのため、未成年の方の遊戯は ご遠慮ください。

 さて、サターンの電源をスイッチオン!
ブロックノイズが目立つ粗いムービーが流れた後
おもむろにスタートボタンを押してゲーム開始。

対戦相手は12人。
実写ムービーだから、動く動く!
でも 実写で動くけどムービーは粗いぞ 残念。
そして 解説によると、全員 脱がしがいのある女の子ばかりだそうだ。
ホンマかいな?

yakyuken.gif

選択画面で、各人のプロフィールを下手な演技と共に拝聴。
「 好みのタイプが少ないんですけど 」とか
「 この程度のレベルですか? 」などと贅沢を言う管理人。
そして、続く女性ナレーターの解説では、テレビでお馴染みの
放送禁止用語の時に「 ピー 」などの音で誤魔化す所もありました。

音で掻き消された言葉は、いったい何だったのか?
興味は尽きないけど、とりあえず この子でいいや。
さっさとゲームを始めます。

 いよいよ対戦が始まりました。

野球拳の音楽に合わせて、テレビ画面の女の子もダンシング!
12人それぞれに振り付けが違ってますが
「 撮影前に ちょこっと練習しましたぁ 」ぐらいの出来だね。
まぁ、こんなもんでしょう。

「むさくるしい男の声で 合いの手が入ってる音楽が気に食わない」とか
文句を言ってる内に、ほら 来ました! ジャンケンタイム。

yakyu.jpg

ヘ(^^ヘ) よよいの (ノ^^)ノ よい。

ジャンケンで5本先取した方の勝ち。
負けると服を一枚脱ぐ、これがルールです。
つまり 勝てば、脱衣ムービーが拝めます。
念のため 一言 付け加えておきますが
プレイヤーは負けても脱ぐ必要はありませんよ。

この単純作業を 延々繰り返しながらゲームは進みます。

 このゲーム 何度かプレイしたんですけど
自分の勝率が低くて なかなか先に進めません(脱がせません)。
コンピュータが強いのか? それとも自分が弱いのか?
腹が立つくらい負けが込んできました。
「 あと1枚、最後の一枚だったのに〜 」と悔しがり
ゲームオーバーの連続です。

そこで 試しにグーならグーばかり、連続で出したら
相手も連続でパーばかり出す始末、負け決定。

ところが、反対に同じのを連続で出したら
全勝したケースもありました。

「 どんな思考しとるんだろうねぇ 」、謎です。

ここで冷静に考えてみれば、脱衣麻雀に代表される
脱衣ゲームの思考ルーチンには
イカサマを仕込んであるのが当たり前。

ならば、このザ・野球拳もイカサマをやってる可能性大。
あくまでも、個人的な想像ですが、ジャンケンの後出しを
ランダムにやってても不思議ではないですね。

しかし、何だかんだと文句を言いながら
しっかりジャンケンに現を抜かし スケベ全開モード。
やっぱり本能には勝てないようです。
でも、飽きるのも早い、間違いなし。

なお、肝心のメイン画像は、アダルトな領域に入りますので
断腸の思いで掲載を見送らせていただきました。

そこは、ほれ、大人の事情があるんですよ、大人の事情が。
載せたらNGっす、マジで。



この記事へのコメント
これって元がアーケードなんですよね。
SSで出ていたんですね。小学生のころ旅館でこれを見つけてやりましたね。筐体の100円の認識が悪くお金が吸い取られたこともありましたが店員や親にも言えませんでした。
Posted by MOP at 2011年05月07日 00:39
なるほどアーケードが元ネタとは知りませんでした。
小学生には少々刺激が強かったのではないかな〜と思います。
お金を吸い取られた事も今となっては懐かしい想い出でしょう。
Posted by 管理人 at 2011年05月07日 18:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30777594
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。