ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











天誅 千乱(X360)


◆2006年度作品 ◆発売元 フロム・ソフトウェア
◆対応ハード Xbox360 ◆ジャンル アクション
◆CERO C

 囲みを破ってターゲットを暗殺せよ!
忍者となって災いを成す者どもを成敗するアクションゲーム。

tenchu-senran01.gif

警備中の敵の目をかいくぐって接近し
一撃必殺の忍殺を決めて仕留める忍者アクションが
好評を博した天誅シリーズの一品。

 今回、プレイヤーが操る忍者は本作オリジナルです。
それもそのはず、キャラクターメイキングからゲームはスタート。
性別を男か女のどちらかを選んだら
予めいくつか用意された容姿の中から気に入ったものを選択。
体力、力、素早さの3つのパラメータを割り振りしたり
技や衣装を変更するなどのカスタマイズも可能になっております。

 もちろん、管理人は皆様の大方の予想通りに
女忍者のキャラクターを作りましたぞ。
どうせやるなら「 くノ一 」ですよね〜ってことで
ナンバリングタイトルではありませんが
忍殺の爽快感はバッチリの忍者ゲームの紹介であります。

 忍びの里で初代天誅から主人公を勤めた「 力丸 」から
任務を請け負うことでゲームは進行。
決められたクリア条件を満たすと任務完了で報酬をゲット。
報酬で、忍具、能力、衣装を購入すれば
好み応じてカスタマイズできます。

ゲームの流れは
忍びの里での準備、任務の選択と遂行の繰り返しで
任務開始前のナレーションや時折挿入されるムービーシーンで
ストーリーも同時進行という形になります。

tenchu-senran02.gif

画像左、屋根の上からコンニチハ。
屋根に登れば高い位置から敵の配置を確認できます。
画像右、襖の裏からコンバンハ。
屋内も敵が巡回しているので発見されないよう慎重に。
屋内屋外を問わず、それぞれの敵の巡回ルートは
ある程度は把握するにこしたことはありませんぞ。

 本作は忍殺で敵を倒すのが基本になっており
忍殺は一撃で敵を倒せる、文字通りの必殺技。
刀を鞘から抜いて忍殺範囲まで接近してXボタンを押せば
その場でバッサリ斬り捨てて忍殺。
刀を鞘に収めて忍殺範囲まで接近してXボタンを押すと
後から羽交い絞めをして組み付き状態になります。
この時、再びXボタンを押すと忍殺
Bボタンで当て身で敵を気絶させます。

忍殺するためには気づかれずに接近する必要があるのですが
この忍殺が決まった瞬間の爽快感は、なかなかのものですよ。

ただし、町人は敵ではないため殺すとペナルティで減点されるから
無視するか、気絶させるかで対応するとよいでしょう。

tenchu-senran03.gif

画像左、組み付きからの忍殺で一撃必殺。
敵はドバッと出血した後、絶命します。
全ての敵を探し忍殺して報酬をたくさん稼ぎましょうかね。
画像右、敵に発見された状態での戦闘。
敵は、こちらの姿を見かけるだけでなく
物音、臭い、でも警戒心が働き危険度がアップし
こちらの姿を完全に確認すると襲い掛かってきます。
何度も斬りつけないと倒せないので戦闘が長くなるし
1人の敵が騒げば、近くの敵を呼び寄せるため
忍殺よりもヤバさは数倍跳ね上がりますぞ。

 この状態での忍殺は不可能なので逃げるが勝ち。
一旦距離を置いて、ほとぼりが冷めた頃合に
再び忍んで接近して忍殺を狙うのがセオリーであります。

なぜなら、忍殺した方が得られる報酬が多いのと
発見された回数、敵に発見された状態が長ければ長いほど減点されるから。
もちろんゲームオーバーの危険性も低い方がよいでしょうし
クリア時間も短くて済みますしね。

 さて、箱庭状のステージの隅々まで探索して敵を殲滅。
稼いだお金で、新しい技や技能を修得したり
衣装を買って着替えさせて自分流にキャラクターをカスタマイズ。
任務は全部で50もあるので長くタップリとプレイできる天誅千乱。

ただ、任務の数が多い分だけ同じマップの使い回しも増え
加えて暗殺するべきクリア目標(各ステージのボスに相当)の
キャラクターさえも再利用で使い回してるし
敵の配置は違えども同じ内容の任務があったりと
使い回し感もタップリ。

 どうにも、そのあたりが引っ掛かるんですけど
難易度が低めに設定されているため
アクションゲームが苦手な初心者でも取っ付きやすい敷居の低さ。
いかに敵に見つからずに接近して忍殺を決めるのか
じっと獲物を待つ狩人の心境と言いますか
本作の持つ独特の雰囲気は、合う人にはたまらないものがあります。

どこから侵入して、どの敵から倒すかとか
自由度が高く遊び方はプレイヤー次第。
敵に見つかっても逃げれば何度でもやり直しがききますし
登場する敵は2人の例外を除き忍殺可能。
この2人は正真正銘のボスであり他はザコです。
忍殺不可の通常の戦闘になるため
回復薬などの忍具は持てる限り持って行くべし。

また、豊富な忍殺パターンや衣装のコレクションも
本作の魅力の一つでしょう。

そう、衣装ですよ衣装。
ある条件を満たせば、ご褒美に隠し衣装を貰える天誅千乱。

tenchu-senran04.gif

画像左、南蛮渡来の衣装に身を包んだくノ一。
画像右、南蛮犬頭と南蛮犬足で可愛くドレスアップ!!
・・・なんか時代劇の雰囲気ぶち壊しですけどね。
このゲームを繰り返しプレイする意義ってのは
アイテムをコンプリートするためかも。

それはともかく
難易度はヌルイけど、忍殺が病み付きになったら
あなたも立派な忍者マスターになれますよ。







この記事へのコメント
聞いたことはあったのですが、このようなジャンルとは知りませんでした。
和のメタルギアのような感じですね。
雰囲気やBGMも和のテイストで、忍者の気分になりますね!
Posted by スターマン at 2012年11月28日 18:58
極力敵に見つからないようにするところはメタルギアと同様ですが
こちらは一撃必殺の忍殺で敵を倒していくアクションが爽快なゲームですよ。
Posted by 管理人 at 2012年11月28日 20:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/302321168
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。