ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ビクトリーラン 栄光の13,000キロ(PCE)


◆1987年度作品 ◆発売元 ハドソンソフト
◆ハード PCエンジン ◆ソフト HuCARD
◆ジャンル レース

 ラリーを題材にしたレースゲーム。

victory-run01.gif

PCエンジン初のレースゲームとして本体と同年に登場。
ゲームソフトの頭数が揃わないゲームハードの発売初期において
貴重な戦力になったであろう一品であります。
処理速度、グラフィック、音源、どれをとっても
ファミコンを凌駕する性能を武器に刺客として送り込まれたPCエンジンが
飛躍できるか否かを占う材料の一つに数えられたゲームなのではないかな〜
と、考えながら久方ぶりに電源スイッチをONであります。

 プレイヤーが運転する車を後方から見た擬似3Dを採用。
操作は、ハンドル、アクセル、ブレーキ、それと
トランスミッションは4速のマニュアルのみでオートマチック車はなし。
従いましてギアチェンジは全て手動で行いますぞ。

 使える車種が1つだけってのは寂しいけれど
ランボタンをポチッと押してゲームスタートです。
プレイヤーの名前を登録したら、次はパーツセレクト。
レースに持っていけるパーツは全部で20。
タイヤ、ギア、エンジン、サスペンション、ブレーキの5種類あり
それぞれに持っていくパーツの数を決めて割り振りします。

走り方によりパーツが消耗(破損)していくから
予備のパーツが必要不可欠になってくるんですよ。
画面に表示されているパーツのアイコンが
そのパーツを酷使するごとに
青 → 緑 → 黄 → 赤と変わって性能が落ちていきます。
どのパーツが消耗するかは
プレイヤーの走りに影響される仕組みになっております。

 コースはラリーらしく
舗装されたターマックコース、砂漠や草原のグラベルコースあり。
朝、昼、夕、夜の時間帯があり、刻々と変わっていきます。

victory-run02.gif

 もちろん、レースゲームなればこそのトラップも完全装備。
うっかりタイヤを乗せたら滑って
スピードダウン&コーナーでコースアウしたりとか
コース脇になにげの置いてある岩や木もクセモノ。

 目の前に立ちはだかるライバルも手強い存在です。
ライバルに衝突せずコースからも外れずに追い越すのは
なかなか難しいものでありますなぁ。
同時にマニュアルのミッションも使いこなせないと
タイムを縮めることは不可能。
その時の状態、スピードや路面にあったギアチェンジが必要であります。

 各ステージの走行後に表示される画面がこちら。

victory-run03.gif

左側がマップで右側に
・上からコースの規定タイム
・プレイヤーのクリアタイム
・タイムオーバーの許容時間
その下にランキングと続き一番下にパーツの残り数と状態を表示。
赤色のは完全にイカれてるので交換するしかありません。
パーツを交換するラリーのレースゲームってところが
本作の特徴でもありセールスポイントの一つですね。

 また、制限時間内にゴールするのはレースゲームのお約束として
タイムオーバーしても1分だけは予備と言いますか
余裕が与えられているのも特徴として挙げられるでしょう。
まぁ、それも使い切ったら元々の制限時間を厳守しないと
ゲームオーバーへ直行です。
序盤から良いタイムを出せると後半が楽になりますぞ。

 完走するためには、いかにしてライバルを追い越すか・・・・・。
いや〜マジでライバルが邪魔で邪魔でしょうがないんですよ。
コースをちょっとでも外れるとスピードダウンですし
ヘタをすればクラッシュ!!

victory-run04.gif

こんな事やってたら時間がいくらあっても足らないので
事故り厳禁であります。

コースを走る技術 + 敵車や障害物をかわす技術。
それに加えてマニュアルミッションを操る技術を総動員して臨まないと
全コース制覇はおぼつかないでしょう。
管理人は過去に1回だけクリアした記憶があるんですけど
20数年ぶりのプレイとは言え、今回はステージ4で脱落いたしました。

やっぱり歳には勝てないんでしょうかねぇ〜。







この記事へのコメント
ビクトリーラン……は聞いたことありませんね。
しかしこの手のレースゲームは難しいですよね。
ビクトリーランはやったことありませんが、ライバル車がかなり邪魔というのはなんとなくわかります。
パーツの破損にも目を配らないといけないのは大変そうですね。

なんか全体的にアウトランに似てますね?
アウトランが面白いので、このゲームも面白いと思います。
アウトランはBGMが素晴らしかった………
Posted by スターマン at 2012年11月07日 11:19
パーツが消耗するような運転は極力避けることにも注意しないといけませんからね。
ライバルの邪魔さ加減もありますが、そこを何とかするのが、このゲームの醍醐味なんでしょう。

アウトランはBGMの良さだけでなく選曲できたのも良かったと思います。
Posted by 管理人 at 2012年11月08日 19:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。