ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











バイオハザード6(PS3)


◆2012年度作品 ◆発売元 カプコン
◆対応ハード プレイステーション3、Xbox360
◆ジャンル アクションアドベンチャー ◆CERO D

 続発するバイオテロと戦い続ける主人公たちの活躍を描いた
アクションアドベンチャーゲーム。

biohazard6-01.gif

7人の主人公と互いに交差するストーリーで
新装開店のバイオハザードシリーズ最新作。
ラクーン事件から生還を果たした
「 レオン 」、「 クリス 」、「 シェリー 」と
新キャラ「 ヘレナ 」、「 ピアーズ 」、「 ジェイク 」
そして、謎の女スパイ「 エイダ 」がプレイヤーキャラとして参戦。
新種のウイルスに感染し襲いかかる人々や
さらなる変化を遂げモンスター化した相手との戦いは激化の一途を辿り混沌へ・・・。
事件の背後にうごめく闇を葬り去るべく
用意された新たなる舞台での死闘が、今始まります。

 ・・・ってな理由で
先週はブログの更新をサボってバイオ6に掛かりっきりだった管理人であります。
7人のキャラクターでクリア後、現在は全てのエンブレム取得を目指し再戦中。
我が家のネット環境は激遅でオンラインプレイに適してないため
残念ながらオフラインでのみのプレイに限定しております。

ちなみに難易度ノーマルでレオン編を始めたら
弾薬余裕なし、回復アイテム使いきっちゃった〜な状態に陥り
酷い目に遭わされまして・・・次からは気を引き締めてまいりましょう。

 サバイバルホラーと銘打ったバイオハザードシリーズは
据え置き型のゲーム機だけでも
ラクーンシティから脱出するべく命懸けのサバイバルを繰り広げた
初代バイオハザード〜3ラストエスケープと番外編的なコードベロニカ。
T.P.S.仕様の戦闘にゲームシステムを変更した 4〜6 と続いており
派生品やリメイク、バージョンアップ版まで含めるとかなりの数が発売された
息の長〜いカプコンの看板タイトルの一つであります。

まぁ、後年の作品になるほどホラーが薄れてしまいましたが。

 本作はT.P.S.(サード・パーソン・シューティング)をメインにした
シューティングにアクションと少々の謎解きを加えたゲームで
初期の頃のバイオハザードと比べて
アドベンチャーゲームの要素が希薄になった感があります。

また、ムービーシーンの挿入やゲーム中もキャラクター間の会話により
ストーリーをドラマチックに演出する映画的な手法は
もはやゲーム制作における定番として馴染み深いものであり
本作でもイヤっちゅうくらい遺憾なく発揮されておりますぞ。

 それでは、シナリオモードでゲーム開始です。
レオン編、クリス編、ジェイク編の中からいずれかを選択します。
この3つは、それぞれにパートナーとなるキャラクターと協力しながら
ゲームを進めていくようになっており
プレイヤーが使うキャラクターもシナリオ選択時に選びます。
エイダ編は上記の3つのシナリオをクリアするとプレイ可能になり
本作では合計で7人のキャラクターでプレイできます。

また、プレイ中でもスティックやボタンの操作時の機能の変更
方向転換の速度、照準の変更などをカスタマイズできるので
自分好みの設定にして少しでも扱いやすくしておくとベストです。

 戦闘は銃を使ったシューティングと体術を使ったアクションに
本作で使用頻度がグッと上がったアクションボタンの3本柱で
敵クリーチャーと戦います。

biohazard6-02.gif

ハンドガン、ショットガン、アサルトライフルといった
武器をその場の状況や残りの弾薬数などを考慮しつつ切り替え
敵に照準を合わせて発砲。
もちろん銃は弾薬なしでは発砲不可。
こまめに弾薬を見つけて補充していっても
入手できる弾薬数は決して多くはないので節約も大事。

 そこで、装備している武器で殴ったり蹴りを入れたりする
体術を併用して弾薬の節約であります。
体術は P.C.ゲージを消費するため連続での使用は制限があるけど
時間経過かハーブタブレットでゲージは回復可能です。
もっとも、戦う必要のないザコは無視して進むのも
一つの節約術だったりしますが・・・。
弾薬貧乏でボス戦に突入しないようご利用は計画的に、ですね。

 さらに、画面上で指定されたスティックかボタンを
指示通りに操作するアクションボタン方式も前作に引き続き採用。
別名 QTEとも呼ばれているゲームシステムであります。

biohazard6-03.gif

敵に掴まれる、段差をジャンプするなどなど
ゲーム中に何らかの様々なアクションが発生する場面で
タイミングよくボタンを押す、連打する
スティックを回すといった指示に従わないといけません。
ミスすると最悪の場合、死亡するケースもあり。

 このようにシューティングをメインに体術のアクションと
瞬間的に発生するアクションボタンの指示をこなし
弾薬などのアイテムを補充しながらゲームは進行。
一つのシナリオをクリアしたら次のシナリオを選択。
レオン編だけでは不明だった事も
クリス編、ジェイク編、エイダ編とクリアしていくごとに
今回の事件の詳細が明らかになっていくのであります。

 さて、ハリウッドのアクション映画さながらの演出を随所に挿入して
ゲーム性以外のエンタテインメントと融合させる試みは
本作に限った話ではなく、広く一般的に使われるようになった手法であり
管理人はこれを否定するつもりは全くありません。
ただ、バイオハザード6においては
少々、力を入れすぎではないかと思うんですよ。

どういうことかと言うと
・見てるだけで何も出来ないムービーシーンの多用。
 ↑ はキャンセルできるのが救いですけど。
・一部の移動シーンでキャンセルできないのがある。
 ↑ 画面を見てるだけで、ほとんど何も出来ない。
・プレイヤーに演出を見せようとして
 カメラの視点を強制的に一方向に向ける場面がある。
 ↑ 自分で見たい方向に視点を変えられないので、その間移動しにくい。
これらはゲームを進めていく上での演出なのですが
プレイヤーの操作中に割り込んでくるため
回数が多いと、チョッとウザく感じてしまいます。

 それとですね
本作でアクションボタンの操作が増えたってことは
ボタン連打などの指定された操作を
強要されるプレイスタイルが増えたとも言い換えられ
初見で要領が分からないまま、死亡・・・なんてのが続くと
チョッとムカついてくるんですよね。

それ以外にもチラホラといくつか気になる箇所もあったりして・・・。

ところが、周回プレイをする頃にはだいぶ慣れてくるものでして
慣れって恐ろしいですね〜。

 でも、ただ単に銃で敵を倒していくだけではなく
カーチェイスとか、乗り物を運転する場面や
危機的状況から必死に逃げるといったプレイが可能。
映画では見慣れたシーンではありますが
いくつものシチュエーションがプレイヤーを待ち構えており
単調なプレイになりにくいのは好印象。
エンターテインメントとしては合格点でしょう。

全てが大満足のゲーム・・・なんて、この世には存在しない物。

許容できる範囲内に納まっているか、いないか。
各々のプレイヤー自身の感性、嗜好、これまでの経験などにより
自ずと評価が変わってくるものですから。

ということで、もう少し頑張ってプレイを続行する所存であります。







この記事へのコメント
今月発売したバイオハザードですね。
店頭動画を見ましたが、恐ろしく美しい画質のゾンビが映っていました。
バイオハザードシリーズはほぼやってこなかったのですが、体験版があるらしいので、暇があればダウンロードしてみようと思います。
Posted by スターマン at 2012年10月24日 21:00
おおっ、これは最新作のゲームじゃないですか!
やはり最新ゲームのレビューが入ると、いつもとはまた違ったフレッシュな感じがしてきますねw

バイオはつい最近4をやりましたが、思えばまともにやったのはこれぐらいですかな〜。
初期のは途中で投げ出しちゃいましたし。。。

QTEは6だとかなり入れているみたいですけど、そもそもQTEと言うのを知らなかったので4を初見でやった時はいきなりの事で油断して死んでしまったのを思いだしましたw
Posted by 二条ジョウ at 2012年10月25日 22:41
スターマンさん、4と5はゾンビじゃなかったので6でゾンビが復活してチョッピリ嬉しい管理人であります。
プレイするのなら常に周囲に気を配ってくださいよ〜。
ふと気が付くと背後にゾンビが・・・噛み付かれたらけっこうダメージありますから。

二条ジョウさん、バイオ4は最初の村で大勢の村人に追いかけられ、ボコボコにされた記憶が鮮明に残っております。
反射神経の鈍い私にQTEは相性がイマイチなんですけど、出る場所は決まっているので死んで覚えてました。
・・・・・6はマジで多いから初回プレイは半泣きでした。
Posted by 管理人 at 2012年10月26日 20:00
私も今回ゾンビが登場して古参プレイヤーとしては嬉しい限りです。
ただカメラに癖がありますね。
操作はモンハンっぽく感じますね。
アクション苦手な人には辛そうな感じでした。
Posted by MOP at 2012年10月27日 21:58
噛み付かれるとムカつきますが、なにはともあれ、祝 ゾンビ復活。
キャラクターまでのカメラの距離とか位置の取り方で、プレイしやすさや見た感じまで変わってきますし
けっこう壁や障害物が多いから調整は難航したでしょうね。

それが、あの結果と思えば納得できないことはないかな〜と自分に言い聞かせてます。
Posted by 管理人 at 2012年10月28日 19:30
最新ゲーム、凄いっす!!

そういえばバイオシリーズって初代とドリキャス版しかプレイしてない、、、、、

そんな自分にお勧めできそうなナンバリングタイトルはありますでしょうか?
Posted by そうてん at 2012年10月31日 23:56
TPSの戦闘が嫌いでなければ「4」はどうでしょうか。
GC、PS2、Wiiで発売されているので比較的入手しやすそうなのと(それぞれに違う部分がありますが)
ホラーっぽさもまだ残ってるし(5以降はホラー感に乏しい)
私の苦手なQTEが6よりも少ないのも良し。
怪しい武器商人に金を払って武器を強化をするのも楽しいですよ〜。
Posted by 管理人 at 2012年11月01日 19:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。