ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











デイトナUSA(SS)


◆1995年度作品 ◆発売元 セガ
◆ハード セガサターン ◆ジャンル レース

 アーケードで好評を博した大ヒットレースゲームの移植。
制限時間の無いサターンモードや隠し要素を追加し
目玉商品として、満を持しての登場でした。

画面から漂ってくるアメリカンな空気と
歌うBGMが良い雰囲気を醸しだしてます。
また コーナーで暴れるハイパワーのじゃじゃ馬マシンを
手なずけるのに苦労しますが、その操縦性に
豪快さを感じさせてくれます。

同時に豪快なドリフトも持ち味です。
よく失敗してアンダーステアを出し壁に激突するのが
日常茶飯事なヘボドライバーでしたが
自分なりに努力をしてでもプレイする気を起こさせてくれた
思い出深いゲームの1つです。

daytona02.gif

 ただ、セガ サターン初期に発売されたこともあり
グラフィックが弱いのが、かなり惜しいですね。
処理速度の関係でコースの先まで見通せないのは辛い所でした。
コースが車の少し前方で書き込まれていく様を見ながらの
ドライビングは結果的にゲームの難易度を
少し上げてしまった気がします。

さらに プレイステーションの名作レースゲーム「リッジレーサー」と
何かにつけて比較されては 酷評されていたようですが
車の操縦性に関しては、個人的にはデイトナに軍配を上げます。

クイックに反応するデジタル的なリッジの操縦性よりは
多少ファジーでアナログ的な曖昧さのある
デイトナの操縦性の方が好きです。
リッジよりも僅かに小難しく感じるけど、そこが また良いんです。
また パッドでプレイするのは操作がキツイですね。
できれば、ハンドル型のレーシングコントローラーを使うのが
臨場感もあり一番良かったです。

それと 豪快に横滑りして壁に激突するのも
ナゼかお気に入りのシチュエーション!
言い換えると、車がクラッシュしてデコボコになるのがお気に入りです。

でも、グラフィックは
直前書き換えのせいで、コースの見通しが悪い場合が多く
また 動きがぎこちないなど ボロボロですが。

 もはや定番の隠しカーも、当然 標準装備されてます。
中にはこんな車?まで隠されてるんですよ。

daytona01.gif

デイトナUMA2

母馬の後ろには、ピッタリと子馬が走ってます。
しかし、スピードが上がると親に付いて行けずに離される子馬。
健気にも必死に後を追う姿で、プリティーさをアピールしてます。
でも、グラフィックは粗い・・・残念。

もう少しグラフィックが綺麗で、動きが滑らかだったら
もっと高い評価を受けていたに違いありません。
人は まず、見た目で判断する生き物ですからね。
あと一歩で名作になり損ねたサターンの佳作、めっちゃ惜しい!!




この記事へのコメント
裏技のほうにも書きましたが言いたいことがあったので。
なんせ当時5歳ですから、マニュアルとか知る由もなく、スタートからギア1のままでのろのろ進む車を見て、
「なんじゃこりゃあ!!糞ゲーか!!」
と勝手に切れてたのを覚えてます
楽しい時代でした…
Posted by 当時5歳の少年 at 2011年07月11日 13:08
5歳ではマニュアルも何も分からないのはムリもありません。
でもクソゲーの意味を理解していたのはスゴイですよ。
あの頃はゲームも活気があって、今とは違う楽しさがあったように思います。
Posted by 管理人 at 2011年07月11日 19:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29572521
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。